教育施設に対する援助政策

よんた藩国では現在、文房具産業を推進しています。

文房具は学用品として教育の場では欠かせないもので、より安価にいきわたらせることが出来れば、教育にかかる負担を軽減することになります。
そこでよんた藩国では、教育施設への援助として減税政策を行います。

対象となる施設

ニューワールドに存在する全ての小学校等の教育施設、孤児院等の児童福祉施設。


援助内容

  • 対象となる施設がよんた藩国の文房具を購入する場合、購入物に対して消費税を課しません。
  • よんた藩国内の文房具販売業者が対象となる施設に文房具を販売する場合、その売買で生じた収益の50%を所得税(法人税)より控除します。
  • よんた藩国外へ輸出する場合、関税を課しません。



よんた藩国藩王よんた(印)