部品構造


  • 大部品: 漁民 RD:10 評価値:5
    • 部品: 魚の知識
    • 部品: 漁業の道具
    • 部品: 船乗りの知識
    • 部品: 漁場把握
    • 部品: 遠泳技術
    • 部品: すこし汚れたバンダナ
    • 部品: 漁業権
    • 部品: 生産者になるための6年
    • 大部品: 生産者として RD:2 評価値:1
      • 部品: 先祖代々の知恵
      • 部品: 消費者の笑顔



部品定義


部品: 魚の知識

漁をする上で重要になる知識。生態や生息地、釣り方や扱い方、食べたら危険な魚介類の知識、毒のある魚介類の取り扱いの知識、適した保存方法、美味しい食べ方などがある。それらの知識は一朝一夕に身につかない。また身につけたとしても新たな発見もあるので、日頃から学んでいく姿勢が大切だ。

部品: 漁業の道具

魚介類を取る為に必要な道具一式。餌や釣り竿、釣り針、錘、浮子、餌などの基本的な道具に加え網や鉤、銛、獲った獲物を保管する魚倉、双眼鏡など多岐にわたる。
道具は丁寧に扱い、手入れも欠かせない。

部品: 船乗りの知識

船を操縦するための知識。その日その日で変わる波を見極めたり、船に不具合がないかなどを発見したりなどより安全に漁に出るために必要になってくる。この知識を取得していないと遭難事故や船同士の衝突事故などが起きる可能性がある為、漁業をする人は師とするベテランの元につき学ばなければならない。また日頃のメンテナンスや漁業関係者との情報共有も必要とされる。

部品: 漁場把握

船を操るものは、目に見える陸上指標物と船との角度を図る三角測量により自分の今いる位置を知る技術を心得ている。安全に漁業を営むために必要な知識である。

部品: 遠泳技術

遠くまで泳ぐ為の技術。最初はそれこそ20m?から始め、徐々に距離を伸ばしていくと10km以上泳げるようになる。なお泳ぐ為の筋肉をつけないと身につかない為、2年以上の鍛錬とついた筋肉を落とさない為の遊泳時期の間の練習が必要になる。

部品: すこし汚れたバンダナ

漁をする上で髪の毛や汗が邪魔にならないように彼らはバンダナを巻く。主に白いバンダナが主流となっている。長く愛用している為に洗っても汚れが落ちなくなっているが、彼らにとってその落ちない汚れが働いた証となり誇りになっている。

部品: 漁業権

藩国で定められた漁業を行う権利にのっとって漁をすることが推奨される。原則、すべての国民が自由に漁業を行う権利を持っている。

部品: 生産者になるための6年

漁師としての技術を身につける為には最低でも6年間学校や師の元で学ぶことが必要となる。そして学んだ事を忘れずに日々の仕事をする事が何よりも重要となる。

部品: 先祖代々の知恵

師匠や家庭により代々受け継がれてきた職業への知識や技術。内容は各血筋に様々だが一貫して職業上に役に立つ事が伝えられている。これらは伝える者に信用された者だけが受け継ぐ事が出来、受け継いだ者も次の後継者へと伝えていく事により守られている。

部品: 消費者の笑顔

苦労して獲ったり作ったりした分だけ、美味しく食べてもらいたいと思うのは道理である。しかし、消費者は素直な事を忘れてはいけない。食べる者の事を考え、日々の生産に真摯に励む事で消費者の笑顔を見る事が出来るだろう。



提出書式


 大部品: 漁民 RD:10 評価値:5
 -部品: 魚の知識
 -部品: 漁業の道具
 -部品: 船乗りの知識
 -部品: 漁場把握
 -部品: 遠泳技術
 -部品: すこし汚れたバンダナ
 -部品: 漁業権
 -部品: 生産者になるための6年
 -大部品: 生産者として RD:2 評価値:1
 --部品: 先祖代々の知恵
 --部品: 消費者の笑顔
 
 
 部品: 魚の知識
 漁をする上で重要になる知識。生態や生息地、釣り方や扱い方、食べたら危険な魚介類の知識、毒のある魚介類の取り扱いの知識、適した保存方法、美味しい食べ方などがある。それらの知識は一朝一夕に身につかない。また身につけたとしても新たな発見もあるので、日頃から学んでいく姿勢が大切だ。
 
 部品: 漁業の道具
 魚介類を取る為に必要な道具一式。餌や釣り竿、釣り針、錘、浮子、餌などの基本的な道具に加え網や鉤、銛、獲った獲物を保管する魚倉、双眼鏡など多岐にわたる。
 道具は丁寧に扱い、手入れも欠かせない。
 
 部品: 船乗りの知識
 船を操縦するための知識。その日その日で変わる波を見極めたり、船に不具合がないかなどを発見したりなどより安全に漁に出るために必要になってくる。この知識を取得していないと遭難事故や船同士の衝突事故などが起きる可能性がある為、漁業をする人は師とするベテランの元につき学ばなければならない。また日頃のメンテナンスや漁業関係者との情報共有も必要とされる。
 
 部品: 漁場把握
 船を操るものは、目に見える陸上指標物と船との角度を図る三角測量により自分の今いる位置を知る技術を心得ている。安全に漁業を営むために必要な知識である。
 
 部品: 遠泳技術
 遠くまで泳ぐ為の技術。最初はそれこそ20m?から始め、徐々に距離を伸ばしていくと10km以上泳げるようになる。なお泳ぐ為の筋肉をつけないと身につかない為、2年以上の鍛錬とついた筋肉を落とさない為の遊泳時期の間の練習が必要になる。
 
 部品: すこし汚れたバンダナ
 漁をする上で髪の毛や汗が邪魔にならないように彼らはバンダナを巻く。主に白いバンダナが主流となっている。長く愛用している為に洗っても汚れが落ちなくなっているが、彼らにとってその落ちない汚れが働いた証となり誇りになっている。
 
 部品: 漁業権
 藩国で定められた漁業を行う権利にのっとって漁をすることが推奨される。原則、すべての国民が自由に漁業を行う権利を持っている。
 
 部品: 生産者になるための6年
 漁師としての技術を身につける為には最低でも6年間学校や師の元で学ぶことが必要となる。そして学んだ事を忘れずに日々の仕事をする事が何よりも重要となる。
 
 部品: 先祖代々の知恵
 師匠や家庭により代々受け継がれてきた職業への知識や技術。内容は各血筋に様々だが一貫して職業上に役に立つ事が伝えられている。これらは伝える者に信用された者だけが受け継ぐ事が出来、受け継いだ者も次の後継者へと伝えていく事により守られている。
 
 部品: 消費者の笑顔
 苦労して獲ったり作ったりした分だけ、美味しく食べてもらいたいと思うのは道理である。しかし、消費者は素直な事を忘れてはいけない。食べる者の事を考え、日々の生産に真摯に励む事で消費者の笑顔を見る事が出来るだろう。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "漁民",
     "description": "Default Root",
     "type": "group",
     "validation": {},
     "children": [
       {
         "title": "魚の知識",
         "description": "漁をする上で重要になる知識。生態や生息地、釣り方や扱い方、食べたら危険な魚介類の知識、毒のある魚介類の取り扱いの知識、適した保存方法、美味しい食べ方などがある。それらの知識は一朝一夕に身につかない。また身につけたとしても新たな発見もあるので、日頃から学んでいく姿勢が大切だ。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "漁業の道具",
         "description": "魚介類を取る為に必要な道具一式。餌や釣り竿、釣り針、錘、浮子、餌などの基本的な道具に加え網や鉤、銛、獲った獲物を保管する魚倉、双眼鏡など多岐にわたる。\n道具は丁寧に扱い、手入れも欠かせない。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "船乗りの知識",
         "description": "船を操縦するための知識。その日その日で変わる波を見極めたり、船に不具合がないかなどを発見したりなどより安全に漁に出るために必要になってくる。この知識を取得していないと遭難事故や船同士の衝突事故などが起きる可能性がある為、漁業をする人は師とするベテランの元につき学ばなければならない。また日頃のメンテナンスや漁業関係者との情報共有も必要とされる。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "漁場把握",
         "description": "船を操るものは、目に見える陸上指標物と船との角度を図る三角測量により自分の今いる位置を知る技術を心得ている。安全に漁業を営むために必要な知識である。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "遠泳技術",
         "descreption": "遠くまで泳ぐ為の技術。最初はそれこそ20m?から始め、徐々に距離を伸ばしていくと10km以上泳げるようになる。なお泳ぐ為の筋肉をつけないと身につかない為、2年以上の鍛錬とついた筋肉を落とさない為の遊泳時期の間の練習が必要になる。",
         "type": "parts",
         "description": "遠くまで泳ぐ為の技術。最初はそれこそ20m?から始め、徐々に距離を伸ばしていくと10km以上泳げるようになる。なお泳ぐ為の筋肉をつけないと身につかない為、2年以上の鍛錬とついた筋肉を落とさない為の遊泳時期の間の練習が必要になる。",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "すこし汚れたバンダナ",
         "description": "漁をする上で髪の毛や汗が邪魔にならないように彼らはバンダナを巻く。主に白いバンダナが主流となっている。長く愛用している為に洗っても汚れが落ちなくなっているが、彼らにとってその落ちない汚れが働いた証となり誇りになっている。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "漁業権",
         "description": "藩国で定められた漁業を行う権利にのっとって漁をすることが推奨される。原則、すべての国民が自由に漁業を行う権利を持っている。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "生産者になるための6年",
         "description": "漁師としての技術を身につける為には最低でも6年間学校や師の元で学ぶことが必要となる。そして学んだ事を忘れずに日々の仕事をする事が何よりも重要となる。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "生産者として",
         "description": "Default Root",
         "type": "group",
         "validation": {},
         "children": [
           {
             "title": "先祖代々の知恵",
             "description": "師匠や家庭により代々受け継がれてきた職業への知識や技術。内容は各血筋に様々だが一貫して職業上に役に立つ事が伝えられている。これらは伝える者に信用された者だけが受け継ぐ事が出来、受け継いだ者も次の後継者へと伝えていく事により守られている。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "消費者の笑顔",
             "description": "苦労して獲ったり作ったりした分だけ、美味しく食べてもらいたいと思うのは道理である。しかし、消費者は素直な事を忘れてはいけない。食べる者の事を考え、日々の生産に真摯に励む事で消費者の笑顔を見る事が出来るだろう。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]