部品構造


  • 大部品: メード服(よんた版) RD:8 評価値:5
    • 大部品: 基本的な服装一式 RD:4 評価値:3
      • 部品: ワンピース
      • 部品: エプロン
      • 部品: ヘッドドレス
      • 部品: 靴
    • 大部品: 男たちのための変更点 RD:4 評価値:3
      • 部品: 仕立て
      • 部品: ドロワーズ
      • 部品: ウィッグ
      • 部品: 剃るも自由剃らぬも自由



部品定義


部品: ワンピース

メード服の基本部分。トップスとスカートが一体となった服。
黒や紺といった濃い目の色であるのが一般的。
背中にボタンやホックを外すことで着脱がしやすいようになっている。
スカートは踝が隠れるくらいから、太もも丈くらいまでの様々な長さがある。

部品: エプロン

メード服の一番目立つ部分。ワンピースの上に纏う汚れ除け。
清潔感のある白であることが多い。
綿のような洗いやすい素材を使うことで清潔感を保つことができる。
肩紐には邪魔にならない程度のフリルがついている。

部品: ヘッドドレス

髪をまとめ作業時の邪魔にならないようにするもの。
エプロンと同じ色を使うことで全体的なデザインのまとまりを見せることができる。
カチューシャのほか、紐を後頭部で結ぶようなものもある。
頭頂部にはフリルがついている。

部品: 靴

動きやすさを重視するために、ヒールが極端に高いものなどは避けることが望ましい。
足元にも手入れが行き届いていることを示すよく磨かれツヤのよい革靴は、見栄えが良い。

部品: 仕立て

本来は女給用のお仕着せであるが、様々な事情により男性が着ることもなくはない。
体の寸法が女性と男性では違うため、そのままでは動きにくいなど様々な不都合が起こりうる。
そのため基本的な構成はそのままだが、胸回りや腰回りを中心に男性向けにアレンジされたものが用意される。

部品: ドロワーズ

ワンピースの下に履く下着。ややゆったりした着心地によりいろいろと安心である。
下着なので、見えてはいけないものを隠す効果もある。
つつしみぶかい。

部品: ウィッグ

メードガイといえども筋肉系、普通の男性、少年など個性はあるものである。中には女子より女子らしくを目指す者もいるであろう。そのような場合もありウィッグを使用する者もいる。

部品: 剃るも自由剃らぬも自由

スットッキングも着用することもあるが、そのときにすね毛処理をどのようにするかは個人の裁量である。すね毛のないつるすべにするもよし、アピールするが如く剛毛のままでもよい



提出書式


 大部品: メード服(よんた版) RD:8 評価値:5
 -大部品: 基本的な服装一式 RD:4 評価値:3
 --部品: ワンピース
 --部品: エプロン
 --部品: ヘッドドレス
 --部品: 靴
 -大部品: 男たちのための変更点 RD:4 評価値:3
 --部品: 仕立て
 --部品: ドロワーズ
 --部品: ウィッグ
 --部品: 剃るも自由剃らぬも自由
 
 
 部品: ワンピース
 メード服の基本部分。トップスとスカートが一体となった服。
 黒や紺といった濃い目の色であるのが一般的。
 背中にボタンやホックを外すことで着脱がしやすいようになっている。
 スカートは踝が隠れるくらいから、太もも丈くらいまでの様々な長さがある。
 
 部品: エプロン
 メード服の一番目立つ部分。ワンピースの上に纏う汚れ除け。
 清潔感のある白であることが多い。
 綿のような洗いやすい素材を使うことで清潔感を保つことができる。
 肩紐には邪魔にならない程度のフリルがついている。
 
 部品: ヘッドドレス
 髪をまとめ作業時の邪魔にならないようにするもの。
 エプロンと同じ色を使うことで全体的なデザインのまとまりを見せることができる。
 カチューシャのほか、紐を後頭部で結ぶようなものもある。
 頭頂部にはフリルがついている。
 
 部品: 靴
 動きやすさを重視するために、ヒールが極端に高いものなどは避けることが望ましい。
 足元にも手入れが行き届いていることを示すよく磨かれツヤのよい革靴は、見栄えが良い。
 
 部品: 仕立て
 本来は女給用のお仕着せであるが、様々な事情により男性が着ることもなくはない。
 体の寸法が女性と男性では違うため、そのままでは動きにくいなど様々な不都合が起こりうる。
 そのため基本的な構成はそのままだが、胸回りや腰回りを中心に男性向けにアレンジされたものが用意される。
 
 部品: ドロワーズ
 ワンピースの下に履く下着。ややゆったりした着心地によりいろいろと安心である。
 下着なので、見えてはいけないものを隠す効果もある。
 つつしみぶかい。
 
 部品: ウィッグ
 メードガイといえども筋肉系、普通の男性、少年など個性はあるものである。中には女子より女子らしくを目指す者もいるであろう。そのような場合もありウィッグを使用する者もいる。
 
 部品: 剃るも自由剃らぬも自由
 スットッキングも着用することもあるが、そのときにすね毛処理をどのようにするかは個人の裁量である。すね毛のないつるすべにするもよし、アピールするが如く剛毛のままでもよい
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 47923,
     "title": "メード服(よんた版)",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-08-23 13:27:48.264278",
     "updated_at": "2017-08-23 13:27:48.264278",
     "character_id": 488,
     "children": [
       {
         "id": 47924,
         "title": "基本的な服装一式",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 13:27:48.331568",
         "updated_at": "2017-08-23 13:27:48.331568",
         "character_id": 488,
         "children": [
           {
             "id": 47925,
             "title": "ワンピース",
             "description": "メード服の基本部分。トップスとスカートが一体となった服。\n黒や紺といった濃い目の色であるのが一般的。\n背中にボタンやホックを外すことで着脱がしやすいようになっている。\nスカートは踝が隠れるくらいから、太もも丈くらいまでの様々な長さがある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:27:48.343324",
             "updated_at": "2017-08-23 13:27:48.343324",
             "character_id": 488,
             "children": []
           },
           {
             "id": 47926,
             "title": "エプロン",
             "description": "メード服の一番目立つ部分。ワンピースの上に纏う汚れ除け。\n清潔感のある白であることが多い。\n綿のような洗いやすい素材を使うことで清潔感を保つことができる。\n肩紐には邪魔にならない程度のフリルがついている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:27:48.609748",
             "updated_at": "2017-08-23 13:27:48.609748",
             "character_id": 488,
             "children": []
           },
           {
             "id": 47927,
             "title": "ヘッドドレス",
             "description": "髪をまとめ作業時の邪魔にならないようにするもの。\nエプロンと同じ色を使うことで全体的なデザインのまとまりを見せることができる。\nカチューシャのほか、紐を後頭部で結ぶようなものもある。\n頭頂部にはフリルがついている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:27:48.6949",
             "updated_at": "2017-08-23 13:27:48.6949",
             "character_id": 488,
             "children": []
           },
           {
             "id": 47928,
             "title": "靴",
             "description": "動きやすさを重視するために、ヒールが極端に高いものなどは避けることが望ましい。\n足元にも手入れが行き届いていることを示すよく磨かれツヤのよい革靴は、見栄えが良い。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:27:48.775113",
             "updated_at": "2017-08-23 13:27:48.775113",
             "character_id": 488,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 47929,
         "title": "男たちのための変更点",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 13:27:48.919927",
         "updated_at": "2017-08-23 13:27:48.919927",
         "character_id": 488,
         "children": [
           {
             "id": 47930,
             "title": "仕立て",
             "description": "本来は女給用のお仕着せであるが、様々な事情により男性が着ることもなくはない。\n体の寸法が女性と男性では違うため、そのままでは動きにくいなど様々な不都合が起こりうる。\nそのため基本的な構成はそのままだが、胸回りや腰回りを中心に男性向けにアレンジされたものが用意される。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:27:48.929068",
             "updated_at": "2017-08-23 13:27:48.929068",
             "character_id": 488,
             "children": []
           },
           {
             "id": 47931,
             "title": "ドロワーズ",
             "description": "ワンピースの下に履く下着。ややゆったりした着心地によりいろいろと安心である。\n下着なので、見えてはいけないものを隠す効果もある。\nつつしみぶかい。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:27:48.991884",
             "updated_at": "2017-08-23 13:27:48.991884",
             "character_id": 488,
             "children": []
           },
           {
             "id": 47932,
             "title": "ウィッグ",
             "description": "メードガイといえども筋肉系、普通の男性、少年など個性はあるものである。中には女子より女子らしくを目指す者もいるであろう。そのような場合もありウィッグを使用する者もいる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:27:49.089362",
             "updated_at": "2017-08-23 13:27:49.089362",
             "character_id": 488,
             "children": []
           },
           {
             "id": 47933,
             "title": "剃るも自由剃らぬも自由",
             "description": "スットッキングも着用することもあるが、そのときにすね毛処理をどのようにするかは個人の裁量である。すね毛のないつるすべにするもよし、アピールするが如く剛毛のままでもよい",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:27:51.891814",
             "updated_at": "2017-08-23 13:27:51.891814",
             "character_id": 488,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]