部品構造


  • 大部品: 農民兵 RD:20 評価値:7
    • 部品: 道具
    • 部品: 知識
    • 部品: 知恵
    • 部品: 農作業をする
    • 部品: 果樹栽培
    • 部品: ヒツジ
    • 部品: 牧羊犬との絆
    • 部品: 生産者になるための6年
    • 大部品: 生産者のこころ RD:2 評価値:1
      • 部品: 代々受け継がれた知識
      • 部品: 美味しいの言葉
    • 大部品: 食料生産者 RD:10 評価値:5
      • 大部品: 就労制限 RD:2 評価値:1
        • 部品: 年齢
        • 部品: 経験
      • 大部品: 習得技能 RD:5 評価値:3
        • 部品: 体力
        • 部品: 動植物知識
        • 部品: 土木作業
        • 部品: 天候予測
        • 部品: 操縦
      • 大部品: 職業倫理 RD:3 評価値:2
        • 部品: 法令遵守
        • 部品: 産地証明
        • 部品: 持続可能姓



部品定義


部品: 道具

畑を耕すための鍬・鋤、刈り取るための鎌、土を起こすためのシャベルとフォークや、麻ひも、支柱、ハサミ、寒冷紗、黒マルチなどあると便利なものが一通りそろっている。耕耘機、草刈り機なども使用する。
道具は丁寧にあつかい、手入れも欠かせない。それでも使い減りしたものは新しいものに変える。

部品: 知識

畑の管理方法、作物に合わせたそれぞれの季節に行うべき基本的なことを一通り知っている。農具の扱い方、土づくり、肥料の種類、種の蒔き時、苗の植え時、育成方法、草引き、害虫駆除、病気への対処、収穫、加工、保存方法、市場への出荷など多岐にわたる。
また、既存の知識にうぬぼれることなく、近隣農家との交流や国の広報、本からの知識を学んでより良い方法を学ぶことも忘れない。

部品: 知恵

輪作、混作、混植をすることで、土地がやせることを防ぎ病虫害の発生をおさえられる。こうすることで農薬を使う機会を減らせ、収穫量も安定する。安心安全でおいしい野菜が食べたいよね。

部品: 農作業をする

朝早く起きて日が沈むまで太陽と共に仕事をする。時期や作っている作物に合わせて、土づくり~出荷までいろんな作業がある。

部品: 果樹栽培

野菜だけではなく果物も栽培している。リンゴやナシ、柿、葡萄などバラエティー豊か。それぞれ果樹園がある。常設のビニールハウスでのイチゴ栽培もおこなっている。

部品: ヒツジ

農家の各家庭に羊がおり、毛糸の材料として大切に飼育されている。素材は余すことなく肉、皮も利用する。主に国内で消費される。毛を刈る春に向けて、冬は毛の品質管理に集中する。

部品: 牧羊犬との絆

農家のヒツジの総数はさほど多くはないが、忙しい時期は犬がヒツジの見張り番をしてくれる。
牧草地で草をはむヒツジを迷子にならないように見守り、時に誘導してくれる犬はたいへん頼もしくかっこいい。
この犬の働きに報いるため、その日のおやつは2割増しになる。

部品: 生産者になるための6年

これらの道具の使い方、技術の習得には6年間かかり、学校や師の元で学ぶことによって生産者としての真価を発揮する。

部品: 代々受け継がれた知識

農家、漁師の家系で先祖代々受け継がれてきた職業上重要な知識。
各家に様々な形で伝え残されており、これを知っているとその地域での農業、漁業がやりやすくなる。
内容はまちまちで、季節によって変わる風の吹き方や性質、土地の性質、海流の向き、良い漁場、天気についての豆知識など。信用のおける者にしか伝えられない。

部品: 美味しいの言葉

丹精込めて作った農作物や、漁で獲った海産物を誰かに食べて貰った時に、美味しいねと自然と溢れる笑顔を見ると生産者として次も美味しいものを作ろうとより頑張れるのである。

部品: 年齢

食料生産者は、青年以上が就労する。
これは藩国の法令により、未成年者の就労が禁止されているからである。
また、すでに就労している者も、老年以上になって体力が衰えると自主的に引退する。
この制限によって、食料生産者は食料生産に必要な体力を習得する。
この制限を維持するために藩国は、経済的に困窮した未成年者や引退者に対して公的な生活保障を制度化している。

部品: 経験

食料生産者は、他の食料生産者から食料生産の実地訓練を2年間受けてから就労する。
この2年間の師事によって、食料生産者は食料生産に必要な技能を習得する。
食料生産者の子弟が自分の家族や親戚に師事することが一般的だが、藩国は食料生産者学校も公営している。
この学校では食料生産者の子弟以外でも、実地訓練を受けられる。
また食料生産者の子弟も、より体系化された発展的な食料生産技能を習得できる。
藩国は国民に対して広く門戸を開くために、学費の補助や返済不要の奨学金を制度化している。

部品: 体力

土壌の掘り起こし・種苗の播植・雑草の防除・収穫、家畜の餌やり・糞尿の処理、漁船の操業・漁網の巻き取りなど、食料生産に必要な筋力や耐久力を習得する。
この技能は、重装備の運搬や人命救助など軍事や防災などにも応用できる。

部品: 動植物知識

栽培作物の性質や加工方法、家畜の習性や騎乗方法、魚介類の生態など、動植物に関する知識やそれを取り扱う技術を習得する。
この技能は、生薬の製造や労働力としての動物利用などにも応用できる。

部品: 土木作業

農地の開墾や灌漑、畜舎や牧柵の建設、漁港の整備など、土木作業に関する技術や知識も習得する。
この技能は、掩体構築や護岸工事など軍事や防災にも応用できる。

部品: 天候予測

作物栽培は言うに及ばず、牧草や飼料の生育、漁船の操業など、食料生産には天候が重要である。
食料生産者は食料生産のリスク回避のために、気象に関する知識やその予測技能を習得する。
この技能は、作戦の立案や災害の警戒など軍事や防災などにも応用できる。

部品: 操縦

農業用トラクターやコンバイン、漁船など、操縦に関する知識や技能を習得する。
この技能は、機械操作や修理にも応用できる。

部品: 法令遵守

食料生産者は、藩国の法令を遵守する。
その代わりに、法令を遵守する食料生産者は、制度化された公的な援助を藩国から受けられる。

部品: 産地証明

産地の偽装は食の安全性や消費者の信頼を低下させて、食料供給の安定性が失われる。
このため、産地の偽装は藩国の法令で禁止されている。
この職業倫理によって、食料生産者は食料生産力の安定性を習得する。

部品: 持続可能姓

過度な食料生産は環境破壊や資源枯渇をもたらして、かえって食料生産力を低下させる。
このため、環境破壊や資源枯渇をもたらす過度な食料生産は藩国の法令で禁止されている。
この職業倫理によって、食料生産者は食料生産力の成長性を習得する。



提出書式


 大部品: 農民兵 RD:20 評価値:7
 -部品: 道具
 -部品: 知識
 -部品: 知恵
 -部品: 農作業をする
 -部品: 果樹栽培
 -部品: ヒツジ
 -部品: 牧羊犬との絆
 -部品: 生産者になるための6年
 -大部品: 生産者のこころ RD:2 評価値:1
 --部品: 代々受け継がれた知識
 --部品: 美味しいの言葉
 -大部品: 食料生産者 RD:10 評価値:5
 --大部品: 就労制限 RD:2 評価値:1
 ---部品: 年齢
 ---部品: 経験
 --大部品: 習得技能 RD:5 評価値:3
 ---部品: 体力
 ---部品: 動植物知識
 ---部品: 土木作業
 ---部品: 天候予測
 ---部品: 操縦
 --大部品: 職業倫理 RD:3 評価値:2
 ---部品: 法令遵守
 ---部品: 産地証明
 ---部品: 持続可能姓
 
 
 部品: 道具
 畑を耕すための鍬・鋤、刈り取るための鎌、土を起こすためのシャベルとフォークや、麻ひも、支柱、ハサミ、寒冷紗、黒マルチなどあると便利なものが一通りそろっている。耕耘機、草刈り機なども使用する。
 道具は丁寧にあつかい、手入れも欠かせない。それでも使い減りしたものは新しいものに変える。
 
 部品: 知識
 畑の管理方法、作物に合わせたそれぞれの季節に行うべき基本的なことを一通り知っている。農具の扱い方、土づくり、肥料の種類、種の蒔き時、苗の植え時、育成方法、草引き、害虫駆除、病気への対処、収穫、加工、保存方法、市場への出荷など多岐にわたる。
 また、既存の知識にうぬぼれることなく、近隣農家との交流や国の広報、本からの知識を学んでより良い方法を学ぶことも忘れない。
 
 部品: 知恵
 輪作、混作、混植をすることで、土地がやせることを防ぎ病虫害の発生をおさえられる。こうすることで農薬を使う機会を減らせ、収穫量も安定する。安心安全でおいしい野菜が食べたいよね。
 
 部品: 農作業をする
 朝早く起きて日が沈むまで太陽と共に仕事をする。時期や作っている作物に合わせて、土づくり~出荷までいろんな作業がある。
 
 部品: 果樹栽培
 野菜だけではなく果物も栽培している。リンゴやナシ、柿、葡萄などバラエティー豊か。それぞれ果樹園がある。常設のビニールハウスでのイチゴ栽培もおこなっている。
 
 部品: ヒツジ
 農家の各家庭に羊がおり、毛糸の材料として大切に飼育されている。素材は余すことなく肉、皮も利用する。主に国内で消費される。毛を刈る春に向けて、冬は毛の品質管理に集中する。
 
 部品: 牧羊犬との絆
 農家のヒツジの総数はさほど多くはないが、忙しい時期は犬がヒツジの見張り番をしてくれる。
 牧草地で草をはむヒツジを迷子にならないように見守り、時に誘導してくれる犬はたいへん頼もしくかっこいい。
 この犬の働きに報いるため、その日のおやつは2割増しになる。
 
 部品: 生産者になるための6年
 これらの道具の使い方、技術の習得には6年間かかり、学校や師の元で学ぶことによって生産者としての真価を発揮する。
 
 部品: 代々受け継がれた知識
 農家、漁師の家系で先祖代々受け継がれてきた職業上重要な知識。
 各家に様々な形で伝え残されており、これを知っているとその地域での農業、漁業がやりやすくなる。
 内容はまちまちで、季節によって変わる風の吹き方や性質、土地の性質、海流の向き、良い漁場、天気についての豆知識など。信用のおける者にしか伝えられない。
 
 部品: 美味しいの言葉
 丹精込めて作った農作物や、漁で獲った海産物を誰かに食べて貰った時に、美味しいねと自然と溢れる笑顔を見ると生産者として次も美味しいものを作ろうとより頑張れるのである。
 
 部品: 年齢
 食料生産者は、青年以上が就労する。
 これは藩国の法令により、未成年者の就労が禁止されているからである。
 また、すでに就労している者も、老年以上になって体力が衰えると自主的に引退する。
 この制限によって、食料生産者は食料生産に必要な体力を習得する。
 この制限を維持するために藩国は、経済的に困窮した未成年者や引退者に対して公的な生活保障を制度化している。
 
 部品: 経験
 食料生産者は、他の食料生産者から食料生産の実地訓練を2年間受けてから就労する。
 この2年間の師事によって、食料生産者は食料生産に必要な技能を習得する。
 食料生産者の子弟が自分の家族や親戚に師事することが一般的だが、藩国は食料生産者学校も公営している。
 この学校では食料生産者の子弟以外でも、実地訓練を受けられる。
 また食料生産者の子弟も、より体系化された発展的な食料生産技能を習得できる。
 藩国は国民に対して広く門戸を開くために、学費の補助や返済不要の奨学金を制度化している。
 
 部品: 体力
 土壌の掘り起こし・種苗の播植・雑草の防除・収穫、家畜の餌やり・糞尿の処理、漁船の操業・漁網の巻き取りなど、食料生産に必要な筋力や耐久力を習得する。
 この技能は、重装備の運搬や人命救助など軍事や防災などにも応用できる。
 
 部品: 動植物知識
 栽培作物の性質や加工方法、家畜の習性や騎乗方法、魚介類の生態など、動植物に関する知識やそれを取り扱う技術を習得する。
 この技能は、生薬の製造や労働力としての動物利用などにも応用できる。
 
 部品: 土木作業
 農地の開墾や灌漑、畜舎や牧柵の建設、漁港の整備など、土木作業に関する技術や知識も習得する。
 この技能は、掩体構築や護岸工事など軍事や防災にも応用できる。
 
 部品: 天候予測
 作物栽培は言うに及ばず、牧草や飼料の生育、漁船の操業など、食料生産には天候が重要である。
 食料生産者は食料生産のリスク回避のために、気象に関する知識やその予測技能を習得する。
 この技能は、作戦の立案や災害の警戒など軍事や防災などにも応用できる。
 
 部品: 操縦
 農業用トラクターやコンバイン、漁船など、操縦に関する知識や技能を習得する。
 この技能は、機械操作や修理にも応用できる。
 
 部品: 法令遵守
 食料生産者は、藩国の法令を遵守する。
 その代わりに、法令を遵守する食料生産者は、制度化された公的な援助を藩国から受けられる。
 
 部品: 産地証明
 産地の偽装は食の安全性や消費者の信頼を低下させて、食料供給の安定性が失われる。
 このため、産地の偽装は藩国の法令で禁止されている。
 この職業倫理によって、食料生産者は食料生産力の安定性を習得する。
 
 部品: 持続可能姓
 過度な食料生産は環境破壊や資源枯渇をもたらして、かえって食料生産力を低下させる。
 このため、環境破壊や資源枯渇をもたらす過度な食料生産は藩国の法令で禁止されている。
 この職業倫理によって、食料生産者は食料生産力の成長性を習得する。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "農民兵",
     "description": "Default Root",
     "type": "group",
     "validation": {},
     "children": [
       {
         "title": "道具",
         "description": "畑を耕すための鍬・鋤、刈り取るための鎌、土を起こすためのシャベルとフォークや、麻ひも、支柱、ハサミ、寒冷紗、黒マルチなどあると便利なものが一通りそろっている。耕耘機、草刈り機なども使用する。\n道具は丁寧にあつかい、手入れも欠かせない。それでも使い減りしたものは新しいものに変える。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "知識",
         "description": "畑の管理方法、作物に合わせたそれぞれの季節に行うべき基本的なことを一通り知っている。農具の扱い方、土づくり、肥料の種類、種の蒔き時、苗の植え時、育成方法、草引き、害虫駆除、病気への対処、収穫、加工、保存方法、市場への出荷など多岐にわたる。\nまた、既存の知識にうぬぼれることなく、近隣農家との交流や国の広報、本からの知識を学んでより良い方法を学ぶことも忘れない。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "知恵",
         "description": "輪作、混作、混植をすることで、土地がやせることを防ぎ病虫害の発生をおさえられる。こうすることで農薬を使う機会を減らせ、収穫量も安定する。安心安全でおいしい野菜が食べたいよね。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "農作業をする",
         "description": "朝早く起きて日が沈むまで太陽と共に仕事をする。時期や作っている作物に合わせて、土づくり~出荷までいろんな作業がある。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "果樹栽培",
         "description": "野菜だけではなく果物も栽培している。リンゴやナシ、柿、葡萄などバラエティー豊か。それぞれ果樹園がある。常設のビニールハウスでのイチゴ栽培もおこなっている。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "ヒツジ",
         "description": "農家の各家庭に羊がおり、毛糸の材料として大切に飼育されている。素材は余すことなく肉、皮も利用する。主に国内で消費される。毛を刈る春に向けて、冬は毛の品質管理に集中する。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "牧羊犬との絆",
         "description": "農家のヒツジの総数はさほど多くはないが、忙しい時期は犬がヒツジの見張り番をしてくれる。\n牧草地で草をはむヒツジを迷子にならないように見守り、時に誘導してくれる犬はたいへん頼もしくかっこいい。\nこの犬の働きに報いるため、その日のおやつは2割増しになる。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "生産者になるための6年",
         "description": "これらの道具の使い方、技術の習得には6年間かかり、学校や師の元で学ぶことによって生産者としての真価を発揮する。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "生産者のこころ",
         "description": "Default Root",
         "type": "group",
         "validation": {},
         "children": [
           {
             "title": "代々受け継がれた知識",
             "description": "農家、漁師の家系で先祖代々受け継がれてきた職業上重要な知識。\n各家に様々な形で伝え残されており、これを知っているとその地域での農業、漁業がやりやすくなる。\n内容はまちまちで、季節によって変わる風の吹き方や性質、土地の性質、海流の向き、良い漁場、天気についての豆知識など。信用のおける者にしか伝えられない。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "美味しいの言葉",
             "description": "丹精込めて作った農作物や、漁で獲った海産物を誰かに食べて貰った時に、美味しいねと自然と溢れる笑顔を見ると生産者として次も美味しいものを作ろうとより頑張れるのである。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "食料生産者",
         "description": "Default Root",
         "type": "group",
         "validation": {},
         "children": [
           {
             "title": "就労制限",
             "type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "年齢",
                 "description": "食料生産者は、青年以上が就労する。\nこれは藩国の法令により、未成年者の就労が禁止されているからである。\nまた、すでに就労している者も、老年以上になって体力が衰えると自主的に引退する。\nこの制限によって、食料生産者は食料生産に必要な体力を習得する。\nこの制限を維持するために藩国は、経済的に困窮した未成年者や引退者に対して公的な生活保障を制度化している。",
                 "type": "parts",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "経験",
                 "description": "食料生産者は、他の食料生産者から食料生産の実地訓練を2年間受けてから就労する。\nこの2年間の師事によって、食料生産者は食料生産に必要な技能を習得する。\n食料生産者の子弟が自分の家族や親戚に師事することが一般的だが、藩国は食料生産者学校も公営している。\nこの学校では食料生産者の子弟以外でも、実地訓練を受けられる。\nまた食料生産者の子弟も、より体系化された発展的な食料生産技能を習得できる。\n藩国は国民に対して広く門戸を開くために、学費の補助や返済不要の奨学金を制度化している。",
                 "type": "parts",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "習得技能",
             "type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "体力",
                 "description": "土壌の掘り起こし・種苗の播植・雑草の防除・収穫、家畜の餌やり・糞尿の処理、漁船の操業・漁網の巻き取りなど、食料生産に必要な筋力や耐久力を習得する。\nこの技能は、重装備の運搬や人命救助など軍事や防災などにも応用できる。",
                 "type": "parts",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "動植物知識",
                 "description": "栽培作物の性質や加工方法、家畜の習性や騎乗方法、魚介類の生態など、動植物に関する知識やそれを取り扱う技術を習得する。\nこの技能は、生薬の製造や労働力としての動物利用などにも応用できる。",
                 "type": "parts",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "土木作業",
                 "description": "農地の開墾や灌漑、畜舎や牧柵の建設、漁港の整備など、土木作業に関する技術や知識も習得する。\nこの技能は、掩体構築や護岸工事など軍事や防災にも応用できる。",
                 "type": "parts",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "天候予測",
                 "description": "作物栽培は言うに及ばず、牧草や飼料の生育、漁船の操業など、食料生産には天候が重要である。\n食料生産者は食料生産のリスク回避のために、気象に関する知識やその予測技能を習得する。\nこの技能は、作戦の立案や災害の警戒など軍事や防災などにも応用できる。",
                 "type": "parts",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "操縦",
                 "description": "農業用トラクターやコンバイン、漁船など、操縦に関する知識や技能を習得する。\nこの技能は、機械操作や修理にも応用できる。",
                 "type": "parts",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "職業倫理",
             "type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "法令遵守",
                 "description": "食料生産者は、藩国の法令を遵守する。\nその代わりに、法令を遵守する食料生産者は、制度化された公的な援助を藩国から受けられる。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "産地証明",
                 "description": "産地の偽装は食の安全性や消費者の信頼を低下させて、食料供給の安定性が失われる。\nこのため、産地の偽装は藩国の法令で禁止されている。\nこの職業倫理によって、食料生産者は食料生産力の安定性を習得する。",
                 "type": "parts",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "持続可能姓",
                 "description": "過度な食料生産は環境破壊や資源枯渇をもたらして、かえって食料生産力を低下させる。\nこのため、環境破壊や資源枯渇をもたらす過度な食料生産は藩国の法令で禁止されている。\nこの職業倫理によって、食料生産者は食料生産力の成長性を習得する。",
                 "type": "parts",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]