部品構造


  • 大部品: 偵察兵(職業よんた版) RD:23 評価値:7
    • 大部品: 歩兵訓練課程 RD:4 評価値:3
      • 部品: 基礎課程1年
      • 部品: 体力を鍛えよう
      • 部品: 人助けも大事
      • 部品: 歩兵技能確認試験
    • 大部品: 偵察兵訓練課程 RD:3 評価値:2
      • 部品: 偵察を学ぼう
      • 部品: 山や海でさらに鍛える
      • 部品: 修了試験
    • 大部品: 偵察技術 RD:6 評価値:4
      • 部品: 情報整理
      • 部品: 不整地踏破術
      • 部品: 隠蔽技術
      • 部品: 軍用車両運転技術
      • 部品: 報告内容の徹底
      • 部品: いざというときの対応
    • 大部品: 災害がおきたとき RD:5 評価値:3
      • 部品: 国民の生命を守ろう
      • 部品: 生き残りを探そう
      • 部品: 道を作ろう
      • 部品: 助けを増やそう
      • 部品: 危なくなったら逃がそう
    • 大部品: 銃が使えないときは RD:5 評価値:3
      • 部品: 手足を使おう
      • 部品: 当身技
      • 部品: 投げ技
      • 部品: 関節技
      • 部品: 絞め技



部品定義


部品: 基礎課程1年

ここでは歩兵としての基礎となる部分について学ぶ期間である。集団生活にて整理整頓、時間厳守、気を付け敬礼整列行進などの基本動作を学ぶ。入隊可能年齢は18歳から27歳までとし、重装備に耐えうる足腰と持久力を鍛えるための体力訓練が行われる。武装の取り扱い等の軍事教育は基礎課程では行わないものとする。

部品: 体力を鍛えよう

基礎訓練課程にて素行不良、体力不足がなければこの課程へ。ここでは歩兵の用いる基本的な装備の取り扱いや戦術、体術を学ぶ。この中には戦場での監視の仕方とその伝達情報の整理とまとめ方もふくまれる。

部品: 人助けも大事

1年目の内容と合わせて近接格闘や捕虜の虐待禁止、戦場での略奪行為の禁止の徹底などの倫理面についても教育する。また災害派遣される場合の訓練もあわせて行うものとする(救助、瓦礫撤去、避難誘導など)

部品: 歩兵技能確認試験

4年の訓練内容の把握を行う。筆記、実技で行い落ちれば再訓練を半年の後に再試となる。2回まで挑戦できる。落ちた場合や辞退を申し出た場合には国にて就職の相談にのる(駅などの警備)。合格者のうち希望者は専門課程に進むこともできる。またそのまま帝國軍歩兵としての資格を得たとして任務につくこともできる。

部品: 偵察を学ぼう

偵察器具の取り扱いと戦術、水泳、ロッククライミング、長距離走、バイク、車両などの運転技能の訓練を行う。また車両ではないが馬術も含める。

部品: 山や海でさらに鍛える

1年目の内容の応用と帝國、共和国各国の言語や風習の学習、山岳サバイバル訓練、遠泳での身体能力の向上を図る

部品: 修了試験

専門課程を習得できたかを筆記、実技、口頭試問(担当試験官は定期的に変更される)にて試験し合格すれば偵察兵資格を得る。また落ちたとしても通常の歩兵としては任務につくことはできる。

部品: 情報整理

通常の人間の範囲で二つの目、ひとつの鼻、二つの耳の感覚から得られた情報をまとめ適切に整理して報告内容を作成する。

部品: 不整地踏破術

偵察を行う際に通るルートが整地されているわけではない。肉体を用いての通常の歩兵以上の移動能力と技術は必要なのものである。ただし、疲労はするし二本の足と腕では速度や移動範囲には限度はある。

部品: 隠蔽技術

迷彩、体術、土地ごとの風習知識などで民衆や自然に紛れ隠密行動によって敵情報を得る。ただし人間のやることであるので限度はある。

部品: 軍用車両運転技術

不整地を進む手段は足だけではない。機動力や速度が必要な事もある。そのために現行で運用されている車両(バイク含む)の運用技術を習得している。

部品: 報告内容の徹底

把握された情報から敵の規模と編成と装備、行動、位置、発見時間を把握できた範囲で簡潔にまとめて報告するものとする。ただし伝達手段により簡略化されることはある。

部品: いざというときの対応

他に手段がないなどの場合に備え狼煙の上げ方(色、時間、などで伝達)を取り決めている。またこのような場合は人の脚力やあれば馬に頼ることとなる。ただし狼煙の場合細かい内容は伝えられないなどの欠点はある。

部品: 国民の生命を守ろう

大地震、洪水、大型台風などの自然災害の際に国民保護の観点から災害救助、復興支援の目的で藩王の許可の下出動することができる

部品: 生き残りを探そう

災害後、現場到着後即生存者捜索を行う。発見した生存者は医療関係者と連携して保護する。これには偵察兵としての五感が特に生かされることである。

部品: 道を作ろう

速やかな復興と災害支援のため道路の復旧は必須である。瓦礫を人力、重機などを用いて撤去し道路の応急補修を行う

部品: 助けを増やそう

移動経路の確保の後、民間支援の受け入れや他国支援の受け入れを行う。この際物資などをが集積されるであろうことから盗難防止、治安維持のため警察と連携して周辺警備も実施する

部品: 危なくなったら逃がそう

二次災害、別の災害など不測の事態の際は国民を避難誘導し可能な限り安全圏へと向かわせる(津波ならばより高い場所へなど)。また逃げ遅れがいないかの捜索も行う

部品: 手足を使おう

大きな音を出しては敵に気づかれる、狭くて兆弾の危険が大きいなど火器を使用できない場合には徒手による格闘にて敵を制圧する。暴徒鎮圧など不殺を求められる場合も想定する

部品: 当身技

手足を用いて殴り蹴り打撃にて敵を攻撃する。手足分のリーチを生かした攻撃法。主に敵を弱らせるために使われる

部品: 投げ技

敵を掴めた場合などに使われる。地面、コンクリートなど硬い床に叩きつける事でより高い破壊力が期待できる。ただし相手も抵抗するので技量は必要

部品: 関節技

人間相手ならば間接が曲がる方向には限度がある。敵の腕や脚を極めることで機動力、対応力をそぐ。ただし相手も簡単には技にかかってはくれないので打撃などを用いて機をうかがうことが重要である

部品: 絞め技

首を絞め呼吸を奪い敵を倒す。背後よりのサイレントキル、意識昏倒による無力化などはまれば有効である。関節技、投げ技より移行したりもする



提出書式


 大部品: 偵察兵(職業よんた版) RD:23 評価値:7
 -大部品: 歩兵訓練課程 RD:4 評価値:3
 --部品: 基礎課程1年
 --部品: 体力を鍛えよう
 --部品: 人助けも大事
 --部品: 歩兵技能確認試験
 -大部品: 偵察兵訓練課程 RD:3 評価値:2
 --部品: 偵察を学ぼう
 --部品: 山や海でさらに鍛える
 --部品: 修了試験
 -大部品: 偵察技術 RD:6 評価値:4
 --部品: 情報整理
 --部品: 不整地踏破術
 --部品: 隠蔽技術
 --部品: 軍用車両運転技術
 --部品: 報告内容の徹底
 --部品: いざというときの対応
 -大部品: 災害がおきたとき RD:5 評価値:3
 --部品: 国民の生命を守ろう
 --部品: 生き残りを探そう
 --部品: 道を作ろう
 --部品: 助けを増やそう
 --部品: 危なくなったら逃がそう
 -大部品: 銃が使えないときは RD:5 評価値:3
 --部品: 手足を使おう
 --部品: 当身技
 --部品: 投げ技
 --部品: 関節技
 --部品: 絞め技
 
 
 部品: 基礎課程1年
 ここでは歩兵としての基礎となる部分について学ぶ期間である。集団生活にて整理整頓、時間厳守、気を付け敬礼整列行進などの基本動作を学ぶ。入隊可能年齢は18歳から27歳までとし、重装備に耐えうる足腰と持久力を鍛えるための体力訓練が行われる。武装の取り扱い等の軍事教育は基礎課程では行わないものとする。
 
 部品: 体力を鍛えよう
 基礎訓練課程にて素行不良、体力不足がなければこの課程へ。ここでは歩兵の用いる基本的な装備の取り扱いや戦術、体術を学ぶ。この中には戦場での監視の仕方とその伝達情報の整理とまとめ方もふくまれる。
 
 部品: 人助けも大事
 1年目の内容と合わせて近接格闘や捕虜の虐待禁止、戦場での略奪行為の禁止の徹底などの倫理面についても教育する。また災害派遣される場合の訓練もあわせて行うものとする(救助、瓦礫撤去、避難誘導など)
 
 部品: 歩兵技能確認試験
 4年の訓練内容の把握を行う。筆記、実技で行い落ちれば再訓練を半年の後に再試となる。2回まで挑戦できる。落ちた場合や辞退を申し出た場合には国にて就職の相談にのる(駅などの警備)。合格者のうち希望者は専門課程に進むこともできる。またそのまま帝國軍歩兵としての資格を得たとして任務につくこともできる。
 
 部品: 偵察を学ぼう
 偵察器具の取り扱いと戦術、水泳、ロッククライミング、長距離走、バイク、車両などの運転技能の訓練を行う。また車両ではないが馬術も含める。
 
 部品: 山や海でさらに鍛える
 1年目の内容の応用と帝國、共和国各国の言語や風習の学習、山岳サバイバル訓練、遠泳での身体能力の向上を図る
 
 部品: 修了試験
 専門課程を習得できたかを筆記、実技、口頭試問(担当試験官は定期的に変更される)にて試験し合格すれば偵察兵資格を得る。また落ちたとしても通常の歩兵としては任務につくことはできる。
 
 部品: 情報整理
 通常の人間の範囲で二つの目、ひとつの鼻、二つの耳の感覚から得られた情報をまとめ適切に整理して報告内容を作成する。
 
 部品: 不整地踏破術
 偵察を行う際に通るルートが整地されているわけではない。肉体を用いての通常の歩兵以上の移動能力と技術は必要なのものである。ただし、疲労はするし二本の足と腕では速度や移動範囲には限度はある。
 
 部品: 隠蔽技術
 迷彩、体術、土地ごとの風習知識などで民衆や自然に紛れ隠密行動によって敵情報を得る。ただし人間のやることであるので限度はある。
 
 部品: 軍用車両運転技術
 不整地を進む手段は足だけではない。機動力や速度が必要な事もある。そのために現行で運用されている車両(バイク含む)の運用技術を習得している。
 
 部品: 報告内容の徹底
 把握された情報から敵の規模と編成と装備、行動、位置、発見時間を把握できた範囲で簡潔にまとめて報告するものとする。ただし伝達手段により簡略化されることはある。
 
 部品: いざというときの対応
 他に手段がないなどの場合に備え狼煙の上げ方(色、時間、などで伝達)を取り決めている。またこのような場合は人の脚力やあれば馬に頼ることとなる。ただし狼煙の場合細かい内容は伝えられないなどの欠点はある。
 
 部品: 国民の生命を守ろう
 大地震、洪水、大型台風などの自然災害の際に国民保護の観点から災害救助、復興支援の目的で藩王の許可の下出動することができる
 
 部品: 生き残りを探そう
 災害後、現場到着後即生存者捜索を行う。発見した生存者は医療関係者と連携して保護する。これには偵察兵としての五感が特に生かされることである。
 
 部品: 道を作ろう
 速やかな復興と災害支援のため道路の復旧は必須である。瓦礫を人力、重機などを用いて撤去し道路の応急補修を行う
 
 部品: 助けを増やそう
 移動経路の確保の後、民間支援の受け入れや他国支援の受け入れを行う。この際物資などをが集積されるであろうことから盗難防止、治安維持のため警察と連携して周辺警備も実施する
 
 部品: 危なくなったら逃がそう
 二次災害、別の災害など不測の事態の際は国民を避難誘導し可能な限り安全圏へと向かわせる(津波ならばより高い場所へなど)。また逃げ遅れがいないかの捜索も行う
 
 部品: 手足を使おう
 大きな音を出しては敵に気づかれる、狭くて兆弾の危険が大きいなど火器を使用できない場合には徒手による格闘にて敵を制圧する。暴徒鎮圧など不殺を求められる場合も想定する
 
 部品: 当身技
 手足を用いて殴り蹴り打撃にて敵を攻撃する。手足分のリーチを生かした攻撃法。主に敵を弱らせるために使われる
 
 部品: 投げ技
 敵を掴めた場合などに使われる。地面、コンクリートなど硬い床に叩きつける事でより高い破壊力が期待できる。ただし相手も抵抗するので技量は必要
 
 部品: 関節技
 人間相手ならば間接が曲がる方向には限度がある。敵の腕や脚を極めることで機動力、対応力をそぐ。ただし相手も簡単には技にかかってはくれないので打撃などを用いて機をうかがうことが重要である
 
 部品: 絞め技
 首を絞め呼吸を奪い敵を倒す。背後よりのサイレントキル、意識昏倒による無力化などはまれば有効である。関節技、投げ技より移行したりもする
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "偵察兵(職業よんた版)",
     "children": [
       {
         "title": "歩兵訓練課程",
         "children": [
           {
             "title": "基礎課程1年",
             "description": "ここでは歩兵としての基礎となる部分について学ぶ期間である。集団生活にて整理整頓、時間厳守、気を付け敬礼整列行進などの基本動作を学ぶ。入隊可能年齢は18歳から27歳までとし、重装備に耐えうる足腰と持久力を鍛えるための体力訓練が行われる。武装の取り扱い等の軍事教育は基礎課程では行わないものとする。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "体力を鍛えよう",
             "description": "基礎訓練課程にて素行不良、体力不足がなければこの課程へ。ここでは歩兵の用いる基本的な装備の取り扱いや戦術、体術を学ぶ。この中には戦場での監視の仕方とその伝達情報の整理とまとめ方もふくまれる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "人助けも大事",
             "description": "1年目の内容と合わせて近接格闘や捕虜の虐待禁止、戦場での略奪行為の禁止の徹底などの倫理面についても教育する。また災害派遣される場合の訓練もあわせて行うものとする(救助、瓦礫撤去、避難誘導など)",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "歩兵技能確認試験",
             "description": "4年の訓練内容の把握を行う。筆記、実技で行い落ちれば再訓練を半年の後に再試となる。2回まで挑戦できる。落ちた場合や辞退を申し出た場合には国にて就職の相談にのる(駅などの警備)。合格者のうち希望者は専門課程に進むこともできる。またそのまま帝國軍歩兵としての資格を得たとして任務につくこともできる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "偵察兵訓練課程",
         "children": [
           {
             "title": "偵察を学ぼう",
             "description": "偵察器具の取り扱いと戦術、水泳、ロッククライミング、長距離走、バイク、車両などの運転技能の訓練を行う。また車両ではないが馬術も含める。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "山や海でさらに鍛える",
             "description": "1年目の内容の応用と帝國、共和国各国の言語や風習の学習、山岳サバイバル訓練、遠泳での身体能力の向上を図る",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "修了試験",
             "description": "専門課程を習得できたかを筆記、実技、口頭試問(担当試験官は定期的に変更される)にて試験し合格すれば偵察兵資格を得る。また落ちたとしても通常の歩兵としては任務につくことはできる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "偵察技術",
         "children": [
           {
             "title": "情報整理",
             "description": "通常の人間の範囲で二つの目、ひとつの鼻、二つの耳の感覚から得られた情報をまとめ適切に整理して報告内容を作成する。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "不整地踏破術",
             "description": "偵察を行う際に通るルートが整地されているわけではない。肉体を用いての通常の歩兵以上の移動能力と技術は必要なのものである。ただし、疲労はするし二本の足と腕では速度や移動範囲には限度はある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "隠蔽技術",
             "description": "迷彩、体術、土地ごとの風習知識などで民衆や自然に紛れ隠密行動によって敵情報を得る。ただし人間のやることであるので限度はある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "軍用車両運転技術",
             "description": "不整地を進む手段は足だけではない。機動力や速度が必要な事もある。そのために現行で運用されている車両(バイク含む)の運用技術を習得している。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "報告内容の徹底",
             "description": "把握された情報から敵の規模と編成と装備、行動、位置、発見時間を把握できた範囲で簡潔にまとめて報告するものとする。ただし伝達手段により簡略化されることはある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "いざというときの対応",
             "description": "他に手段がないなどの場合に備え狼煙の上げ方(色、時間、などで伝達)を取り決めている。またこのような場合は人の脚力やあれば馬に頼ることとなる。ただし狼煙の場合細かい内容は伝えられないなどの欠点はある。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "災害がおきたとき",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "国民の生命を守ろう",
             "description": "大地震、洪水、大型台風などの自然災害の際に国民保護の観点から災害救助、復興支援の目的で藩王の許可の下出動することができる",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "生き残りを探そう",
             "description": "災害後、現場到着後即生存者捜索を行う。発見した生存者は医療関係者と連携して保護する。これには偵察兵としての五感が特に生かされることである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "道を作ろう",
             "description": "速やかな復興と災害支援のため道路の復旧は必須である。瓦礫を人力、重機などを用いて撤去し道路の応急補修を行う",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "助けを増やそう",
             "description": "移動経路の確保の後、民間支援の受け入れや他国支援の受け入れを行う。この際物資などをが集積されるであろうことから盗難防止、治安維持のため警察と連携して周辺警備も実施する",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "危なくなったら逃がそう",
             "description": "二次災害、別の災害など不測の事態の際は国民を避難誘導し可能な限り安全圏へと向かわせる(津波ならばより高い場所へなど)。また逃げ遅れがいないかの捜索も行う",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "銃が使えないときは",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "手足を使おう",
             "description": "大きな音を出しては敵に気づかれる、狭くて兆弾の危険が大きいなど火器を使用できない場合には徒手による格闘にて敵を制圧する。暴徒鎮圧など不殺を求められる場合も想定する",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "当身技",
             "description": "手足を用いて殴り蹴り打撃にて敵を攻撃する。手足分のリーチを生かした攻撃法。主に敵を弱らせるために使われる",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "投げ技",
             "description": "敵を掴めた場合などに使われる。地面、コンクリートなど硬い床に叩きつける事でより高い破壊力が期待できる。ただし相手も抵抗するので技量は必要",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "関節技",
             "description": "人間相手ならば間接が曲がる方向には限度がある。敵の腕や脚を極めることで機動力、対応力をそぐ。ただし相手も簡単には技にかかってはくれないので打撃などを用いて機をうかがうことが重要である",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "絞め技",
             "description": "首を絞め呼吸を奪い敵を倒す。背後よりのサイレントキル、意識昏倒による無力化などはまれば有効である。関節技、投げ技より移行したりもする",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]