部品構造


  • 大部品: 豊穣を目指す大地 RD:12 評価値:6
    • 大部品: 豊穣へ至る環境 RD:5 評価値:3
      • 部品: 豊かな大河
      • 部品: 大河上流を覆う森林
      • 部品: 肥沃な土壌
      • 部品: 海洋性気候
      • 部品: 春を告げる雷
    • 大部品: 豊穣へ向かう努力 RD:7 評価値:4
      • 部品: 農業
      • 部品: 放牧
      • 部品: 治水
      • 部品: 水路脇のアジサイ
      • 部品: ダイズとシロツメクサ
      • 部品: 情報の集積
      • 部品: 研究



部品定義


部品: 豊かな大河

海よりおおよそ100km程内陸の山麓に広がる森林の中に湧水地がある。
山地に降った雨水が地中を抜けて湧き出たものであり、ミネラルを適度に含んでいる。

部品: 大河上流を覆う森林

水源より湧き出した水は森林に降った雨水と合流し水量が増え、大きな流れになる。
森林の雨水は腐葉土層を通っており、大河はさらに養分の種類が増えていく。

部品: 肥沃な土壌

大河を通して豊富な養分を含む土と水が運ばれることにより、中流から下流域には肥沃な土壌が広がっている。
植物の生育に非常に適している。

部品: 海洋性気候

北国であるため基本的には寒冷になるのだが、暖かい海流が近くまで流れてきているため、ある程度温暖湿潤な気候に安定しやすい。
海と陸の温度差により風通しも悪くない。

部品: 春を告げる雷

よんた藩国では雪が解ける頃、強い雷が発生する日があり、雷が鳴ればその年は豊作になりやすいという。
「稲妻」ともいわれる雷により植物の成長を助ける窒素が土に溶けやすい状態となるためだとされている。

部品: 農業

土地の力を使いすぎないようにする、という基本方針で行われている。
輪作や有機肥料の投入、休耕も視野に入れた管理が行われている。
なお、逆に養分過多とならないようにも注意がされている。

部品: 放牧

ウシやヒツジをはじめとした酪農・畜産では放牧を行う時期がある。
その放牧先として休耕中の農地を使うことで、家畜の排泄物も肥料として土地を守る力となる。
アヒルやカモのような小さめの家畜を使用中の農地にて放牧することで、害虫を駆除する効果もある。

部品: 治水

大河と呼んでいいほど水量のある川からいくつかの水路を農地まで引き込んでいる。
水量のおかげで問題なく使える水車のほか、海の影響で安定している風力を使った風車も用いて水路網は整備されている。

部品: 水路脇のアジサイ

土壌の変化に気づきやすくするために土壌の酸性度により色が変わるアジサイが水路脇にある程度の間隔で植えられている。
例年と違う色で咲いた場合は肥料の種類を変更するなどの対策が行われる。

部品: ダイズとシロツメクサ

マメ科の植物の一部には根粒菌と呼ばれる細菌と共生しているものがある。
根粒菌は大気中の窒素を植物に使いやすいように変化させることができるため、痩せた土地を休ませるときに育てることで回復しやすくなる。
ダイズは作物としても有用であり、シロツメクサは土手や休耕地に植えられている。

部品: 情報の集積

毎年の収穫量はもちろんのこと、施肥の時期や量、その年の気候など様々なデータが藩国主導で観測、保存されている。
これらの情報は変化の兆しを見つけたり、より良い農法の研究のために使用されている。

部品: 研究

集められた情報をもとに、新たな農法や治水対策の研究が行われている。
この研究は環境や資源を保護したうえで、いかに生産性を上げるか品質を向上させるか、という視点で行われる。



提出書式


 大部品: 豊穣を目指す大地 RD:12 評価値:6
 -大部品: 豊穣へ至る環境 RD:5 評価値:3
 --部品: 豊かな大河
 --部品: 大河上流を覆う森林
 --部品: 肥沃な土壌
 --部品: 海洋性気候
 --部品: 春を告げる雷
 -大部品: 豊穣へ向かう努力 RD:7 評価値:4
 --部品: 農業
 --部品: 放牧
 --部品: 治水
 --部品: 水路脇のアジサイ
 --部品: ダイズとシロツメクサ
 --部品: 情報の集積
 --部品: 研究
 
 
 部品: 豊かな大河
 海よりおおよそ100km程内陸の山麓に広がる森林の中に湧水地がある。
 山地に降った雨水が地中を抜けて湧き出たものであり、ミネラルを適度に含んでいる。
 
 部品: 大河上流を覆う森林
 水源より湧き出した水は森林に降った雨水と合流し水量が増え、大きな流れになる。
 森林の雨水は腐葉土層を通っており、大河はさらに養分の種類が増えていく。
 
 部品: 肥沃な土壌
 大河を通して豊富な養分を含む土と水が運ばれることにより、中流から下流域には肥沃な土壌が広がっている。
 植物の生育に非常に適している。
 
 部品: 海洋性気候
 北国であるため基本的には寒冷になるのだが、暖かい海流が近くまで流れてきているため、ある程度温暖湿潤な気候に安定しやすい。
 海と陸の温度差により風通しも悪くない。
 
 部品: 春を告げる雷
 よんた藩国では雪が解ける頃、強い雷が発生する日があり、雷が鳴ればその年は豊作になりやすいという。
 「稲妻」ともいわれる雷により植物の成長を助ける窒素が土に溶けやすい状態となるためだとされている。
 
 部品: 農業
 土地の力を使いすぎないようにする、という基本方針で行われている。
 輪作や有機肥料の投入、休耕も視野に入れた管理が行われている。
 なお、逆に養分過多とならないようにも注意がされている。
 
 部品: 放牧
 ウシやヒツジをはじめとした酪農・畜産では放牧を行う時期がある。
 その放牧先として休耕中の農地を使うことで、家畜の排泄物も肥料として土地を守る力となる。
 アヒルやカモのような小さめの家畜を使用中の農地にて放牧することで、害虫を駆除する効果もある。
 
 部品: 治水
 大河と呼んでいいほど水量のある川からいくつかの水路を農地まで引き込んでいる。
 水量のおかげで問題なく使える水車のほか、海の影響で安定している風力を使った風車も用いて水路網は整備されている。
 
 部品: 水路脇のアジサイ
 土壌の変化に気づきやすくするために土壌の酸性度により色が変わるアジサイが水路脇にある程度の間隔で植えられている。
 例年と違う色で咲いた場合は肥料の種類を変更するなどの対策が行われる。
 
 部品: ダイズとシロツメクサ
 マメ科の植物の一部には根粒菌と呼ばれる細菌と共生しているものがある。
 根粒菌は大気中の窒素を植物に使いやすいように変化させることができるため、痩せた土地を休ませるときに育てることで回復しやすくなる。
 ダイズは作物としても有用であり、シロツメクサは土手や休耕地に植えられている。
 
 部品: 情報の集積
 毎年の収穫量はもちろんのこと、施肥の時期や量、その年の気候など様々なデータが藩国主導で観測、保存されている。
 これらの情報は変化の兆しを見つけたり、より良い農法の研究のために使用されている。
 
 部品: 研究
 集められた情報をもとに、新たな農法や治水対策の研究が行われている。
 この研究は環境や資源を保護したうえで、いかに生産性を上げるか品質を向上させるか、という視点で行われる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "豊穣を目指す大地",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "豊穣へ至る環境",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "豊かな大河",
             "description": "海よりおおよそ100km程内陸の山麓に広がる森林の中に湧水地がある。\n山地に降った雨水が地中を抜けて湧き出たものであり、ミネラルを適度に含んでいる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "大河上流を覆う森林",
             "description": "水源より湧き出した水は森林に降った雨水と合流し水量が増え、大きな流れになる。\n森林の雨水は腐葉土層を通っており、大河はさらに養分の種類が増えていく。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "肥沃な土壌",
             "description": "大河を通して豊富な養分を含む土と水が運ばれることにより、中流から下流域には肥沃な土壌が広がっている。\n植物の生育に非常に適している。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "海洋性気候",
             "description": "北国であるため基本的には寒冷になるのだが、暖かい海流が近くまで流れてきているため、ある程度温暖湿潤な気候に安定しやすい。\n海と陸の温度差により風通しも悪くない。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "春を告げる雷",
             "description": "よんた藩国では雪が解ける頃、強い雷が発生する日があり、雷が鳴ればその年は豊作になりやすいという。\n「稲妻」ともいわれる雷により植物の成長を助ける窒素が土に溶けやすい状態となるためだとされている。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "豊穣へ向かう努力",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "農業",
             "description": "土地の力を使いすぎないようにする、という基本方針で行われている。\n輪作や有機肥料の投入、休耕も視野に入れた管理が行われている。\nなお、逆に養分過多とならないようにも注意がされている。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "放牧",
             "description": "ウシやヒツジをはじめとした酪農・畜産では放牧を行う時期がある。\nその放牧先として休耕中の農地を使うことで、家畜の排泄物も肥料として土地を守る力となる。\nアヒルやカモのような小さめの家畜を使用中の農地にて放牧することで、害虫を駆除する効果もある。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "治水",
             "description": "大河と呼んでいいほど水量のある川からいくつかの水路を農地まで引き込んでいる。\n水量のおかげで問題なく使える水車のほか、海の影響で安定している風力を使った風車も用いて水路網は整備されている。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "水路脇のアジサイ",
             "description": "土壌の変化に気づきやすくするために土壌の酸性度により色が変わるアジサイが水路脇にある程度の間隔で植えられている。\n例年と違う色で咲いた場合は肥料の種類を変更するなどの対策が行われる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "ダイズとシロツメクサ",
             "description": "マメ科の植物の一部には根粒菌と呼ばれる細菌と共生しているものがある。\n根粒菌は大気中の窒素を植物に使いやすいように変化させることができるため、痩せた土地を休ませるときに育てることで回復しやすくなる。\nダイズは作物としても有用であり、シロツメクサは土手や休耕地に植えられている。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "情報の集積",
             "description": "毎年の収穫量はもちろんのこと、施肥の時期や量、その年の気候など様々なデータが藩国主導で観測、保存されている。\nこれらの情報は変化の兆しを見つけたり、より良い農法の研究のために使用されている。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "研究",
             "description": "集められた情報をもとに、新たな農法や治水対策の研究が行われている。\nこの研究は環境や資源を保護したうえで、いかに生産性を上げるか品質を向上させるか、という視点で行われる。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]