部品構造


  • 大部品: 保育園(よんた藩国) RD:14 評価値:6
    • 大部品: 保母(保父)さん RD:5 評価値:3
      • 部品: 保育士として働くために必要な資格
      • 部品: 子供を見守る優しい目
      • 部品: 生活にある危険物の排除
      • 部品: おひるねタイム
      • 部品: 保護者との人間関係
    • 大部品: 保育施設概要 RD:9 評価値:5
      • 部品: 国の基準を満たす
      • 部品: 保育園の立地条件
      • 部品: 預かる子供達の年齢や優先的要件
      • 部品: 利用可能な時間
      • 部品: おむかえバス
      • 部品: 定期的な検診
      • 部品: お昼のごはん
      • 部品: 遊具
      • 部品: 絵本



部品定義


部品: 保育士として働くために必要な資格

保母を養成する学校を卒業する、または国の定める保育士試験に合格した者であること。
この二ついずれかの方法で保育士の資格を所得したのち、国の保育士証の交付をもって保育士としての資格を得る。保育士試験を受けるためには5年以上児童保護施設にて従事している必要がある。
過去に性犯罪歴のあるものは保育士になれない。

部品: 子供を見守る優しい目

子供たちにいつもと違うところがないか日頃から見守っており、ちょっとした様子の変化も見逃さないように努めている。とても優しい目をしているが子供達の体調不良などは見逃さない鋭さを持っている

部品: 生活にある危険物の排除

さりげなく危ないものを移動したり、角が尖っている棚などにコーナーガードを貼ったり、外へ走り出たりしないようさえぎったり。そんな身の回りの危険を減らすのも保母さんの仕事である。

部品: おひるねタイム

子供達には昼食を食べた後からおやつの時間までの3時間前後、おひるね(午睡)の時間が設けてある。それぞれの子供専用のブランケットが用意されている。
保育士たちはにとっては見守りつつ、事務仕事を片づける時間となる。
夜、眠れない子は早めに起こしてあげる。

部品: 保護者との人間関係

保育士が保護者とゆっくり話す機会は少ないが、保護者が迎えに来た時などにその日の子供の様子をちょっとでも伝える努力をする。子供が園内で怪我をしたときは保護者に連絡を取り、過程と対応内容を納得してもらえるように丁寧に伝える。
この積み重ねが信頼につながり、安心して子供を預けてもらうことができる。

部品: 国の基準を満たす

子供達を守るために国が施設に基準を設け、安全や健康面、栄養面と教養、また保護者への相談や指導などの支援を行なっている。

部品: 保育園の立地条件

大体が街中の静かな場所に建っており、①自然災害が起こると予測される場所②工場の近く③保育園までの道路が狭いところや近くに深い池、流れの速い川がある場所などを避けさらには危険な埋蔵物や汚染のない土地に建てることが望ましい。また利用者が通える距離であることも一つの条件である。

部品: 預かる子供達の年齢や優先的要件

0歳から6歳までの保育を必要とする乳幼児を預かっている。農林漁業などの居宅外就労をしている保護者の乳幼児は優先的に入所が可能となる。

部品: 利用可能な時間

農家や漁師が多いよんた藩国ではもっとも希望の多い朝から夕方にかけての間に預かる保育所が一般的になっている。20時くらいまで預かる保育所も少ないが存在している。預かる時間が過ぎても親が現れない場合はすぐ親に連絡がいく。

部品: おむかえバス

遠方から通う児童、親の就業の関係で送り迎えが困難な児童を送迎するサービス。格安で利用できる。
保育園の名前が書かれたバスで運行している。規則を守った安全運転をする。

部品: 定期的な検診

小児科医に協力してもらい、定期的に児童の検診をする。
入園時検診、前期検診(5~6月)、後期検診(9~10月)、臨時検診(感染症の流行時、災害・事件事故後、園からの要請時)がある。
保育園側では、一人一人の児童の健康台帳(出産から現在までの健康管理の記録、定期検診の結果を記録する紙、成長曲線(毎月の身長・体重))を用意しておく。

部品: お昼のごはん

国産の食べ物で作られたおいしいごはんを給食として提供している。
栄養管理士と調理師によって献立が決められる。お昼ごはんには保育士がつきそう。
子供に好き嫌いがあるのは当然のことなので、無理して食べさせない。アレルギーのある子には特に配慮する。


部品: 遊具

遊具で遊ぶことで身体能力の発達、仲間とのコミュニケーション能力を高めることができる。
子供たちが安全に楽しめるものを設置し、遊び方が危険な時は指導する。(ボール、積み木、滑り台、砂場、ブランコ、わたり棒など)劣化した遊具は危険なのですぐに使用を中止し、専門家に相談する。屋外では天候が悪い日は遊具で滑ると危ないので使わないようにする。

部品: 絵本

絵本を読むことで文字に親しんだり、情操を育てることができる。
特に長年愛されている絵本、色彩のきれいな絵本、ポップアップする仕掛けのある絵本はそろえておきたい。また、子供たちのそれぞれの年齢に合わせたものも用意しておく。公序良俗に反する内容のものは持ち込まない。



提出書式


 大部品: 保育園(よんた藩国) RD:14 評価値:6
 -大部品: 保母(保父)さん RD:5 評価値:3
 --部品: 保育士として働くために必要な資格
 --部品: 子供を見守る優しい目
 --部品: 生活にある危険物の排除
 --部品: おひるねタイム
 --部品: 保護者との人間関係
 -大部品: 保育施設概要 RD:9 評価値:5
 --部品: 国の基準を満たす
 --部品: 保育園の立地条件
 --部品: 預かる子供達の年齢や優先的要件
 --部品: 利用可能な時間
 --部品: おむかえバス
 --部品: 定期的な検診
 --部品: お昼のごはん
 --部品: 遊具
 --部品: 絵本
 
 
 部品: 保育士として働くために必要な資格
 保母を養成する学校を卒業する、または国の定める保育士試験に合格した者であること。
 この二ついずれかの方法で保育士の資格を所得したのち、国の保育士証の交付をもって保育士としての資格を得る。保育士試験を受けるためには5年以上児童保護施設にて従事している必要がある。
 過去に性犯罪歴のあるものは保育士になれない。
 
 部品: 子供を見守る優しい目
 子供たちにいつもと違うところがないか日頃から見守っており、ちょっとした様子の変化も見逃さないように努めている。とても優しい目をしているが子供達の体調不良などは見逃さない鋭さを持っている
 
 部品: 生活にある危険物の排除
 さりげなく危ないものを移動したり、角が尖っている棚などにコーナーガードを貼ったり、外へ走り出たりしないようさえぎったり。そんな身の回りの危険を減らすのも保母さんの仕事である。
 
 部品: おひるねタイム
 子供達には昼食を食べた後からおやつの時間までの3時間前後、おひるね(午睡)の時間が設けてある。それぞれの子供専用のブランケットが用意されている。
 保育士たちはにとっては見守りつつ、事務仕事を片づける時間となる。
 夜、眠れない子は早めに起こしてあげる。
 
 部品: 保護者との人間関係
 保育士が保護者とゆっくり話す機会は少ないが、保護者が迎えに来た時などにその日の子供の様子をちょっとでも伝える努力をする。子供が園内で怪我をしたときは保護者に連絡を取り、過程と対応内容を納得してもらえるように丁寧に伝える。
 この積み重ねが信頼につながり、安心して子供を預けてもらうことができる。
 
 部品: 国の基準を満たす
 子供達を守るために国が施設に基準を設け、安全や健康面、栄養面と教養、また保護者への相談や指導などの支援を行なっている。
 
 部品: 保育園の立地条件
 大体が街中の静かな場所に建っており、①自然災害が起こると予測される場所②工場の近く③保育園までの道路が狭いところや近くに深い池、流れの速い川がある場所などを避けさらには危険な埋蔵物や汚染のない土地に建てることが望ましい。また利用者が通える距離であることも一つの条件である。
 
 部品: 預かる子供達の年齢や優先的要件
 0歳から6歳までの保育を必要とする乳幼児を預かっている。農林漁業などの居宅外就労をしている保護者の乳幼児は優先的に入所が可能となる。
 
 部品: 利用可能な時間
 農家や漁師が多いよんた藩国ではもっとも希望の多い朝から夕方にかけての間に預かる保育所が一般的になっている。20時くらいまで預かる保育所も少ないが存在している。預かる時間が過ぎても親が現れない場合はすぐ親に連絡がいく。
 
 部品: おむかえバス
 遠方から通う児童、親の就業の関係で送り迎えが困難な児童を送迎するサービス。格安で利用できる。
 保育園の名前が書かれたバスで運行している。規則を守った安全運転をする。
 
 部品: 定期的な検診
 小児科医に協力してもらい、定期的に児童の検診をする。
 入園時検診、前期検診(5~6月)、後期検診(9~10月)、臨時検診(感染症の流行時、災害・事件事故後、園からの要請時)がある。
 保育園側では、一人一人の児童の健康台帳(出産から現在までの健康管理の記録、定期検診の結果を記録する紙、成長曲線(毎月の身長・体重))を用意しておく。
 
 部品: お昼のごはん
 国産の食べ物で作られたおいしいごはんを給食として提供している。
 栄養管理士と調理師によって献立が決められる。お昼ごはんには保育士がつきそう。
 子供に好き嫌いがあるのは当然のことなので、無理して食べさせない。アレルギーのある子には特に配慮する。
 
 
 部品: 遊具
 遊具で遊ぶことで身体能力の発達、仲間とのコミュニケーション能力を高めることができる。
 子供たちが安全に楽しめるものを設置し、遊び方が危険な時は指導する。(ボール、積み木、滑り台、砂場、ブランコ、わたり棒など)劣化した遊具は危険なのですぐに使用を中止し、専門家に相談する。屋外では天候が悪い日は遊具で滑ると危ないので使わないようにする。
 
 部品: 絵本
 絵本を読むことで文字に親しんだり、情操を育てることができる。
 特に長年愛されている絵本、色彩のきれいな絵本、ポップアップする仕掛けのある絵本はそろえておきたい。また、子供たちのそれぞれの年齢に合わせたものも用意しておく。公序良俗に反する内容のものは持ち込まない。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "保育園(よんた藩国)",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "保母(保父)さん",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "保育士として働くために必要な資格",
             "description": "保母を養成する学校を卒業する、または国の定める保育士試験に合格した者であること。\nこの二ついずれかの方法で保育士の資格を所得したのち、国の保育士証の交付をもって保育士としての資格を得る。保育士試験を受けるためには5年以上児童保護施設にて従事している必要がある。\n過去に性犯罪歴のあるものは保育士になれない。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "子供を見守る優しい目",
             "description": "子供たちにいつもと違うところがないか日頃から見守っており、ちょっとした様子の変化も見逃さないように努めている。とても優しい目をしているが子供達の体調不良などは見逃さない鋭さを持っている",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "生活にある危険物の排除",
             "description": "さりげなく危ないものを移動したり、角が尖っている棚などにコーナーガードを貼ったり、外へ走り出たりしないようさえぎったり。そんな身の回りの危険を減らすのも保母さんの仕事である。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "おひるねタイム",
             "description": "子供達には昼食を食べた後からおやつの時間までの3時間前後、おひるね(午睡)の時間が設けてある。それぞれの子供専用のブランケットが用意されている。\n保育士たちはにとっては見守りつつ、事務仕事を片づける時間となる。\n夜、眠れない子は早めに起こしてあげる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "保護者との人間関係",
             "description": "保育士が保護者とゆっくり話す機会は少ないが、保護者が迎えに来た時などにその日の子供の様子をちょっとでも伝える努力をする。子供が園内で怪我をしたときは保護者に連絡を取り、過程と対応内容を納得してもらえるように丁寧に伝える。\nこの積み重ねが信頼につながり、安心して子供を預けてもらうことができる。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "保育施設概要",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "国の基準を満たす",
             "description": "子供達を守るために国が施設に基準を設け、安全や健康面、栄養面と教養、また保護者への相談や指導などの支援を行なっている。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "保育園の立地条件",
             "description": "大体が街中の静かな場所に建っており、①自然災害が起こると予測される場所②工場の近く③保育園までの道路が狭いところや近くに深い池、流れの速い川がある場所などを避けさらには危険な埋蔵物や汚染のない土地に建てることが望ましい。また利用者が通える距離であることも一つの条件である。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "預かる子供達の年齢や優先的要件",
             "description": "0歳から6歳までの保育を必要とする乳幼児を預かっている。農林漁業などの居宅外就労をしている保護者の乳幼児は優先的に入所が可能となる。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "利用可能な時間",
             "description": "農家や漁師が多いよんた藩国ではもっとも希望の多い朝から夕方にかけての間に預かる保育所が一般的になっている。20時くらいまで預かる保育所も少ないが存在している。預かる時間が過ぎても親が現れない場合はすぐ親に連絡がいく。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "おむかえバス",
             "description": "遠方から通う児童、親の就業の関係で送り迎えが困難な児童を送迎するサービス。格安で利用できる。\n保育園の名前が書かれたバスで運行している。規則を守った安全運転をする。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "定期的な検診",
             "description": "小児科医に協力してもらい、定期的に児童の検診をする。\n入園時検診、前期検診(5~6月)、後期検診(9~10月)、臨時検診(感染症の流行時、災害・事件事故後、園からの要請時)がある。\n保育園側では、一人一人の児童の健康台帳(出産から現在までの健康管理の記録、定期検診の結果を記録する紙、成長曲線(毎月の身長・体重))を用意しておく。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "お昼のごはん",
             "description": "国産の食べ物で作られたおいしいごはんを給食として提供している。\n栄養管理士と調理師によって献立が決められる。お昼ごはんには保育士がつきそう。\n子供に好き嫌いがあるのは当然のことなので、無理して食べさせない。アレルギーのある子には特に配慮する。\n",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "遊具",
             "description": "遊具で遊ぶことで身体能力の発達、仲間とのコミュニケーション能力を高めることができる。\n子供たちが安全に楽しめるものを設置し、遊び方が危険な時は指導する。(ボール、積み木、滑り台、砂場、ブランコ、わたり棒など)劣化した遊具は危険なのですぐに使用を中止し、専門家に相談する。屋外では天候が悪い日は遊具で滑ると危ないので使わないようにする。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "絵本",
             "description": "絵本を読むことで文字に親しんだり、情操を育てることができる。\n特に長年愛されている絵本、色彩のきれいな絵本、ポップアップする仕掛けのある絵本はそろえておきたい。また、子供たちのそれぞれの年齢に合わせたものも用意しておく。公序良俗に反する内容のものは持ち込まない。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]