部品構造


  • 大部品: 車両工場(よんた藩国) RD:20 評価値:7
    • 部品: 色んな車を別々の工場で作ってます
    • 大部品: 量産システム RD:13 評価値:6
      • 大部品: 制限 RD:3 評価値:2
        • 部品: 法令遵守
        • 部品: 環境保護
        • 部品: 職工保護
      • 大部品: 職工 RD:3 評価値:2
        • 大部品: 制限 RD:2 評価値:1
          • 部品: 年齢
          • 部品: 経験
        • 大部品: 技能 RD:1 評価値:0
          • 部品: アイテム知識
      • 大部品: 技術 RD:7 評価値:4
        • 大部品: 生産 RD:3 評価値:2
          • 部品: 機械
          • 部品: 分業
          • 部品: 流れ作業
        • 大部品: 物流 RD:4 評価値:3
          • 部品: 調達
          • 部品: 梱包
          • 部品: 輸送
          • 部品: 保管
    • 大部品: 環境について RD:3 評価値:2
      • 部品: 場所は考えよう
      • 部品: 緑を大事に
      • 部品: 水をきれいに
    • 部品: 電力
    • 部品: 働けなくなったとき
    • 部品: 悪路踏破



部品定義


部品: 色んな車を別々の工場で作ってます

ひとつの工場に1つの生産ラインがあるものとし以下の品目がそれぞれ別の工場にて作られている。
ガソリンエンジン車(普通自動車、トラック、自動2輪)
ディーゼルエンジン車(バス、大型トラック)
農業車両(トラクターなど、農業用アタッチメントも含む)
建築車両(ブルドーザー、ショベルカーなど)
車両運転にはそれぞれ免許があり18歳以上での取得が許され国による運転試験(実技、ペーパー)に合格したものに交付される。免許は3年更新制。
また生産される車両は非武装のものに限定され、排気ガス、粉塵をフィルターで取り除ける範囲で浄化することは義務付けられる。


部品: 法令遵守

量産システムの構成員は、藩国の法令を遵守する。
その代わりに構成員が法令を遵守する量産システムは、制度化された公的な援助を藩国から受けられる。

部品: 環境保護

過度な量産システムの構築・稼働は環境破壊や資源枯渇をもたらして、アイテム生産力をかえって低下させてしまう。
このため自然や藩国民の生活など、周辺の環境や資源を破壊・乱採取して量産システムを構築・稼働することは、藩国の法令で禁止されている。
この制限によって、アイテム生産力の成長性を取得する。

部品: 職工保護

職工の酷使はその安全と安心を低下させて、アイテム供給の安定性を失ってしまう。
このため、職工の酷使は藩国の法令で禁止されている。
この制限によって、アイテム生産力の安定性を習得する。

部品: 年齢

職工は、青年以上が就労する。
これは藩国の法令により、未成年者の就労が禁止されているからである。
また、すでに就労している者も、老年以上になって体力が衰えると自主的に引退する。
この制限によって、職工は製品生産に必要な体力を習得する。
この制限を維持するために藩国は、経済的に困窮した未成年者や引退者に対して公的な生活保障を制度化している。

部品: 経験

職工は、他の職工からアイテム生産の実地訓練を2年間受けてから就労する。
この2年間の師事によって、職工はアイテム生産に必要な技能を習得する。
職工の子弟が自分の家族や親戚に師事することが一般的だが、藩国は職工学校も公営している。
この学校では職工の子弟以外でも、実地訓練を受けられる。
また職工の子弟も、より体系化された発展的なアイテム生産技能を習得できる。
藩国は国民に対して広く門戸を開くために、学費の補助や返済不要の奨学金を制度化している。

部品: アイテム知識

機械、化学、薬物など生産するアイテムや、その生産に使用する原材料・部品・工具・機械に関する知識や技術を習得する。
この技能は、アイテム・原材料・部品・工具・機械の整備や修理にも応用できる。

部品: 機械

エネルギーを利用して、生産に使用する機械を稼働させる技術を取得する。
この技術によって、量産システムそのものを効率化できる。

部品: 分業

生産工程を複数の職工に分担させる技術を取得する。
この技術によって作業そのものだけでなく、職工の習熟も効率化できる。

部品: 流れ作業

職工・工具・機械を工程順や作業速度に合わせて配置して、その間で原材料・部品を動かす技術を取得する。
この技術によって、量産システムそのものを効率化できる。

部品: 調達

他の資源採掘所や工場から原材料・部品を調達する技術を取得する。
この技術は国内だけでなく、他国からの調達にも応用できる。

部品: 梱包

調達した原材料・部品を資材・容器で梱包する技術を取得する。
この技術によって、輸送と保管を効率化できる。

部品: 輸送

梱包された原材料・部品を工場まで輸送する技術を取得する。
この技術は、旅客や貨物の輸送にも応用できる。

部品: 保管

輸送された原材料・部品を集積して、その在庫を管理する技術を取得する。
この技術によって、量産を安定化できる。

部品: 場所は考えよう

立地制限として農業用地の近辺、保育園等の児童福祉施設、学校等の学習施設、診療所、病院等の医療施設付近の建設は制限される。また環境と近隣住民の健康と生活のため騒音防塵廃水対策をしたもののみ許可するものとする。海岸線近くの地質の安定した場所を選び区画して工業商業用地として指定している。

部品: 緑を大事に

ある程度の大きさの工場(敷地面積1平方kmを超える場合または建築面積が3千平方mを超える場合)敷地の半分程度を緑地(苗木床、花壇など)、環境施設(噴水や池など、屋外運動場、広場など)にしその一部を工場を囲うように配置することで周辺の防音防塵、環境維持に使用される。工場を設置する際にこの措置は義務付けられている。またこの大きさ以下の工場でも推奨され、緑地等の設置と維持は税金の控除対象とされている。なお、工業用用地では条件は緩和される。

部品: 水をきれいに

工業稼動の際に出る廃水はそのまま流さないよう濾過、沈殿などで油、ゴミ、薬品を可能な限り取り除き浄化処理を行ってから排水している。廃水処理についても国より助成することとされている。

部品: 電力

工場の稼動は発電所から供給される電力をエネルギーとする。
燃料パイプラインにより供給される燃料の他、風力発電も行い、農業用の風車を利用した自家発電も発達している。

部品: 働けなくなったとき

工員に限らず国民が特段の事情(病気、事故、家族の介護など)で働けなくなった場合、事情調査の後に国の生活保護下に入り、住居確保、生活資金、介助支援、就職相談などの援助が行われる。国庫に限りはあるが特に未成年の子供がいる場合は優先的に厚く支援することとしている。なお、事情調査の不正、制度の悪用は犯罪である

部品: 悪路踏破

雪国であるよんた藩国の陸運では、雪上や泥濘など悪路を踏破したり、除雪作業をしたりできる車両が発達している。



提出書式


 大部品: 車両工場(よんた藩国) RD:20 評価値:7
 -部品: 色んな車を別々の工場で作ってます
 -大部品: 量産システム RD:13 評価値:6
 --大部品: 制限 RD:3 評価値:2
 ---部品: 法令遵守
 ---部品: 環境保護
 ---部品: 職工保護
 --大部品: 職工 RD:3 評価値:2
 ---大部品: 制限 RD:2 評価値:1
 ----部品: 年齢
 ----部品: 経験
 ---大部品: 技能 RD:1 評価値:0
 ----部品: アイテム知識
 --大部品: 技術 RD:7 評価値:4
 ---大部品: 生産 RD:3 評価値:2
 ----部品: 機械
 ----部品: 分業
 ----部品: 流れ作業
 ---大部品: 物流 RD:4 評価値:3
 ----部品: 調達
 ----部品: 梱包
 ----部品: 輸送
 ----部品: 保管
 -大部品: 環境について RD:3 評価値:2
 --部品: 場所は考えよう
 --部品: 緑を大事に
 --部品: 水をきれいに
 -部品: 電力
 -部品: 働けなくなったとき
 -部品: 悪路踏破
 
 
 部品: 色んな車を別々の工場で作ってます
 ひとつの工場に1つの生産ラインがあるものとし以下の品目がそれぞれ別の工場にて作られている。
 ガソリンエンジン車(普通自動車、トラック、自動2輪)
 ディーゼルエンジン車(バス、大型トラック)
 農業車両(トラクターなど、農業用アタッチメントも含む)
 建築車両(ブルドーザー、ショベルカーなど)
 車両運転にはそれぞれ免許があり18歳以上での取得が許され国による運転試験(実技、ペーパー)に合格したものに交付される。免許は3年更新制。
 また生産される車両は非武装のものに限定され、排気ガス、粉塵をフィルターで取り除ける範囲で浄化することは義務付けられる。
 
 
 部品: 法令遵守
 量産システムの構成員は、藩国の法令を遵守する。 
 その代わりに構成員が法令を遵守する量産システムは、制度化された公的な援助を藩国から受けられる。
 
 部品: 環境保護
 過度な量産システムの構築・稼働は環境破壊や資源枯渇をもたらして、アイテム生産力をかえって低下させてしまう。 
 このため自然や藩国民の生活など、周辺の環境や資源を破壊・乱採取して量産システムを構築・稼働することは、藩国の法令で禁止されている。
 この制限によって、アイテム生産力の成長性を取得する。
 
 部品: 職工保護
 職工の酷使はその安全と安心を低下させて、アイテム供給の安定性を失ってしまう。 
 このため、職工の酷使は藩国の法令で禁止されている。 
 この制限によって、アイテム生産力の安定性を習得する。
 
 部品: 年齢
 職工は、青年以上が就労する。 
 これは藩国の法令により、未成年者の就労が禁止されているからである。 
 また、すでに就労している者も、老年以上になって体力が衰えると自主的に引退する。 
 この制限によって、職工は製品生産に必要な体力を習得する。 
 この制限を維持するために藩国は、経済的に困窮した未成年者や引退者に対して公的な生活保障を制度化している。
 
 部品: 経験
 職工は、他の職工からアイテム生産の実地訓練を2年間受けてから就労する。 
 この2年間の師事によって、職工はアイテム生産に必要な技能を習得する。 
 職工の子弟が自分の家族や親戚に師事することが一般的だが、藩国は職工学校も公営している。
 この学校では職工の子弟以外でも、実地訓練を受けられる。 
 また職工の子弟も、より体系化された発展的なアイテム生産技能を習得できる。 
 藩国は国民に対して広く門戸を開くために、学費の補助や返済不要の奨学金を制度化している。
 
 部品: アイテム知識
 機械、化学、薬物など生産するアイテムや、その生産に使用する原材料・部品・工具・機械に関する知識や技術を習得する。 
 この技能は、アイテム・原材料・部品・工具・機械の整備や修理にも応用できる。
 
 部品: 機械
 エネルギーを利用して、生産に使用する機械を稼働させる技術を取得する。
 この技術によって、量産システムそのものを効率化できる。
 
 部品: 分業
 生産工程を複数の職工に分担させる技術を取得する。
 この技術によって作業そのものだけでなく、職工の習熟も効率化できる。
 
 部品: 流れ作業
 職工・工具・機械を工程順や作業速度に合わせて配置して、その間で原材料・部品を動かす技術を取得する。
 この技術によって、量産システムそのものを効率化できる。
 
 部品: 調達
 他の資源採掘所や工場から原材料・部品を調達する技術を取得する。
 この技術は国内だけでなく、他国からの調達にも応用できる。
 
 部品: 梱包
 調達した原材料・部品を資材・容器で梱包する技術を取得する。
 この技術によって、輸送と保管を効率化できる。
 
 部品: 輸送
 梱包された原材料・部品を工場まで輸送する技術を取得する。
 この技術は、旅客や貨物の輸送にも応用できる。
 
 部品: 保管
 輸送された原材料・部品を集積して、その在庫を管理する技術を取得する。
 この技術によって、量産を安定化できる。
 
 部品: 場所は考えよう
 立地制限として農業用地の近辺、保育園等の児童福祉施設、学校等の学習施設、診療所、病院等の医療施設付近の建設は制限される。また環境と近隣住民の健康と生活のため騒音防塵廃水対策をしたもののみ許可するものとする。海岸線近くの地質の安定した場所を選び区画して工業商業用地として指定している。
 
 部品: 緑を大事に
 ある程度の大きさの工場(敷地面積1平方kmを超える場合または建築面積が3千平方mを超える場合)敷地の半分程度を緑地(苗木床、花壇など)、環境施設(噴水や池など、屋外運動場、広場など)にしその一部を工場を囲うように配置することで周辺の防音防塵、環境維持に使用される。工場を設置する際にこの措置は義務付けられている。またこの大きさ以下の工場でも推奨され、緑地等の設置と維持は税金の控除対象とされている。なお、工業用用地では条件は緩和される。
 
 部品: 水をきれいに
 工業稼動の際に出る廃水はそのまま流さないよう濾過、沈殿などで油、ゴミ、薬品を可能な限り取り除き浄化処理を行ってから排水している。廃水処理についても国より助成することとされている。
 
 部品: 電力
 工場の稼動は発電所から供給される電力をエネルギーとする。
 燃料パイプラインにより供給される燃料の他、風力発電も行い、農業用の風車を利用した自家発電も発達している。
 
 部品: 働けなくなったとき
 工員に限らず国民が特段の事情(病気、事故、家族の介護など)で働けなくなった場合、事情調査の後に国の生活保護下に入り、住居確保、生活資金、介助支援、就職相談などの援助が行われる。国庫に限りはあるが特に未成年の子供がいる場合は優先的に厚く支援することとしている。なお、事情調査の不正、制度の悪用は犯罪である
 
 部品: 悪路踏破
 雪国であるよんた藩国の陸運では、雪上や泥濘など悪路を踏破したり、除雪作業をしたりできる車両が発達している。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "車両工場(よんた藩国)",
     "children": [
       {
         "title": "色んな車を別々の工場で作ってます",
         "description": "ひとつの工場に1つの生産ラインがあるものとし以下の品目がそれぞれ別の工場にて作られている。\nガソリンエンジン車(普通自動車、トラック、自動2輪)\nディーゼルエンジン車(バス、大型トラック)\n農業車両(トラクターなど、農業用アタッチメントも含む)\n建築車両(ブルドーザー、ショベルカーなど)\n車両運転にはそれぞれ免許があり18歳以上での取得が許され国による運転試験(実技、ペーパー)に合格したものに交付される。免許は3年更新制。\nまた生産される車両は非武装のものに限定され、排気ガス、粉塵をフィルターで取り除ける範囲で浄化することは義務付けられる。\n",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "量産システム",
         "children": [
           {
             "title": "制限",
             "children": [
               {
                 "title": "法令遵守",
                 "description": "量産システムの構成員は、藩国の法令を遵守する。 \nその代わりに構成員が法令を遵守する量産システムは、制度化された公的な援助を藩国から受けられる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "環境保護",
                 "description": "過度な量産システムの構築・稼働は環境破壊や資源枯渇をもたらして、アイテム生産力をかえって低下させてしまう。 \nこのため自然や藩国民の生活など、周辺の環境や資源を破壊・乱採取して量産システムを構築・稼働することは、藩国の法令で禁止されている。\nこの制限によって、アイテム生産力の成長性を取得する。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "職工保護",
                 "description": "職工の酷使はその安全と安心を低下させて、アイテム供給の安定性を失ってしまう。 \nこのため、職工の酷使は藩国の法令で禁止されている。 \nこの制限によって、アイテム生産力の安定性を習得する。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "職工",
             "children": [
               {
                 "title": "制限",
                 "children": [
                   {
                     "title": "年齢",
                     "description": "職工は、青年以上が就労する。 \nこれは藩国の法令により、未成年者の就労が禁止されているからである。 \nまた、すでに就労している者も、老年以上になって体力が衰えると自主的に引退する。 \nこの制限によって、職工は製品生産に必要な体力を習得する。 \nこの制限を維持するために藩国は、経済的に困窮した未成年者や引退者に対して公的な生活保障を制度化している。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "経験",
                     "description": "職工は、他の職工からアイテム生産の実地訓練を2年間受けてから就労する。 \nこの2年間の師事によって、職工はアイテム生産に必要な技能を習得する。 \n職工の子弟が自分の家族や親戚に師事することが一般的だが、藩国は職工学校も公営している。\nこの学校では職工の子弟以外でも、実地訓練を受けられる。 \nまた職工の子弟も、より体系化された発展的なアイテム生産技能を習得できる。 \n藩国は国民に対して広く門戸を開くために、学費の補助や返済不要の奨学金を制度化している。",
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               },
               {
                 "title": "技能",
                 "children": [
                   {
                     "title": "アイテム知識",
                     "description": "機械、化学、薬物など生産するアイテムや、その生産に使用する原材料・部品・工具・機械に関する知識や技術を習得する。 \nこの技能は、アイテム・原材料・部品・工具・機械の整備や修理にも応用できる。",
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "技術",
             "children": [
               {
                 "title": "生産",
                 "children": [
                   {
                     "title": "機械",
                     "description": "エネルギーを利用して、生産に使用する機械を稼働させる技術を取得する。\nこの技術によって、量産システムそのものを効率化できる。",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "分業",
                     "description": "生産工程を複数の職工に分担させる技術を取得する。\nこの技術によって作業そのものだけでなく、職工の習熟も効率化できる。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "流れ作業",
                     "description": "職工・工具・機械を工程順や作業速度に合わせて配置して、その間で原材料・部品を動かす技術を取得する。\nこの技術によって、量産システムそのものを効率化できる。",
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               },
               {
                 "title": "物流",
                 "children": [
                   {
                     "title": "調達",
                     "description": "他の資源採掘所や工場から原材料・部品を調達する技術を取得する。\nこの技術は国内だけでなく、他国からの調達にも応用できる。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "梱包",
                     "description": "調達した原材料・部品を資材・容器で梱包する技術を取得する。\nこの技術によって、輸送と保管を効率化できる。",
                     "part_type": "part",
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "輸送",
                     "description": "梱包された原材料・部品を工場まで輸送する技術を取得する。\nこの技術は、旅客や貨物の輸送にも応用できる。",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "保管",
                     "description": "輸送された原材料・部品を集積して、その在庫を管理する技術を取得する。\nこの技術によって、量産を安定化できる。",
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "環境について",
         "children": [
           {
             "title": "場所は考えよう",
             "description": "立地制限として農業用地の近辺、保育園等の児童福祉施設、学校等の学習施設、診療所、病院等の医療施設付近の建設は制限される。また環境と近隣住民の健康と生活のため騒音防塵廃水対策をしたもののみ許可するものとする。海岸線近くの地質の安定した場所を選び区画して工業商業用地として指定している。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "緑を大事に",
             "description": "ある程度の大きさの工場(敷地面積1平方kmを超える場合または建築面積が3千平方mを超える場合)敷地の半分程度を緑地(苗木床、花壇など)、環境施設(噴水や池など、屋外運動場、広場など)にしその一部を工場を囲うように配置することで周辺の防音防塵、環境維持に使用される。工場を設置する際にこの措置は義務付けられている。またこの大きさ以下の工場でも推奨され、緑地等の設置と維持は税金の控除対象とされている。なお、工業用用地では条件は緩和される。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "水をきれいに",
             "description": "工業稼動の際に出る廃水はそのまま流さないよう濾過、沈殿などで油、ゴミ、薬品を可能な限り取り除き浄化処理を行ってから排水している。廃水処理についても国より助成することとされている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "電力",
         "description": "工場の稼動は発電所から供給される電力をエネルギーとする。\n燃料パイプラインにより供給される燃料の他、風力発電も行い、農業用の風車を利用した自家発電も発達している。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "働けなくなったとき",
         "description": "工員に限らず国民が特段の事情(病気、事故、家族の介護など)で働けなくなった場合、事情調査の後に国の生活保護下に入り、住居確保、生活資金、介助支援、就職相談などの援助が行われる。国庫に限りはあるが特に未成年の子供がいる場合は優先的に厚く支援することとしている。なお、事情調査の不正、制度の悪用は犯罪である",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "悪路踏破",
         "description": "雪国であるよんた藩国の陸運では、雪上や泥濘など悪路を踏破したり、除雪作業をしたりできる車両が発達している。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]