部品構造


  • 大部品: Y4突撃銃特別仕様 RD:23 評価値:7
    • 部品: 開発経緯
    • 部品: 使用制限
    • 部品: 弾倉
    • 部品: 実包
    • 部品: 銃身
    • 部品: 有効射程
    • 部品: 照準器
    • 大部品: オプション RD:4 評価値:3
      • 部品: 装着限界について
      • 部品: バイポッド
      • 部品: スコープ
      • 部品: 暗視装置
    • 大部品: グレネードランチャー RD:5 評価値:3
      • 部品: 概要
      • 部品: 催涙弾
      • 部品: 発煙弾
      • 部品: 照明弾
      • 部品: 榴弾
    • 大部品: 取り扱い訓練 RD:3 評価値:2
      • 部品: 整備講習
      • 部品: 射撃訓練
      • 部品: オプションの取り扱い
    • 部品: 製造番号管理
    • 部品: 廃棄について
    • 大部品: 当たり銃 RD:2 評価値:1
      • 部品: 当たり部品の選別
      • 部品: 高い命中精度



部品定義


部品: 開発経緯

A世界の経験から歩兵が出撃する場面はテロ対策や治安維持など市街を想定した不正規戦が多いことから軽めで取り回しがよいことと常に同じ敵を想定しないことからオプションパーツによる拡張で状況に対応することを目指して開発された。

部品: 使用制限

この銃は一人の人間が両手持ちで装備するものであるので一丁なら十全に性能を発揮する。また腕を使用する他の道具を使用する際は持ち替えが必要になるので使用できない。

部品: 弾倉

帝國各国との協調作戦もあるため補給の簡易化を図る目的で形状は帝國共通規格のものを使用している。脱着式で一つにつき20発まで装填できる。

部品: 実包

火薬式、命中性能を上げる目的での弱装弾もあるが特別に必要なときでなければ使用しない。こちらも帝國各国との協調と補給の簡易化のため共通規格とする。

部品: 銃身

基本的には市街戦対応で短銃身の物を使用する。狙撃対応にオプションとして長銃身もあるにはあるが使用者の技量に左右されるためあまり使われない。

部品: 有効射程

基本的な有効射程距離は500m程度でありその距離以内であれば訓練をした歩兵であれば集団として一定の効果を発揮できる。

部品: 照準器

丸い穴から標的を狙う方式のピープサイトを採用。スコープなどが使用不能の場合にはこちらを使い狙いをつける。

部品: 装着限界について

各オプションはそれぞれ1つづつしか装着することが出来ない。また装着可能箇所は決まっているため同時に装着できない場合もある。

部品: バイポッド

二脚、地面に備え付けての長時間の射撃や狙撃に使う。銃の下部に取り付ける仕様上、グレネードランチャーとの併用は不可。

部品: スコープ

光学式。通常はこちらを使用して射撃する。電源不使用につきレンズが割れたりしない限り使用はできる。倍率は8倍まで補正可能。暗視装置との併用は不可。

部品: 暗視装置

スターライトスコープ。星や月光を増幅して視覚を拡張する。光学式のスコープとの併用は出来ない。また完全に光の届かない洞窟などの暗闇では使用できない。

部品: 概要

銃身下部に装着し使用する榴弾発射器。バイポットとの併用は出来ない。300mの射程距離は保障されている。

部品: 催涙弾

涙、くしゃみ、鼻水などを誘発させる催涙ガスを充填した弾。暴徒鎮圧、室内の敵の無力化などに用いられる。可能な限り人体に後遺症の残りにくいガスを使用する。

部品: 発煙弾

煙幕、空爆など航空部隊に位置を知らせるマーキングに用いられる弾。マーキング用のものは着色された煙を発する。赤、緑、オレンジ、無色が標準装備。

部品: 照明弾

夜間の観測、味方への信号のために打ち上げ、発光して周囲を照射する。歩兵が携行できるサイズの弾であるためごく短時間のみ発光する。

部品: 榴弾

建造物等の破壊、広範囲の殺傷を目的として使用される。撃ったのちの爆風、破片等から身を守るため、近距離での使用は基本的に禁止とする。

部品: 整備講習

銃の寿命を伸ばすことはもちろん暴発などの事故防止のため整備技術の習得は必須である。本銃を装備するには軍にて分解手順、各パーツの清掃手順と清掃に使用する道具(油、ブラシなど)の使用方法、組み立て、動作確認などを指導し習得できるまで使用を禁じている。

部品: 射撃訓練

軍の演習場にて行われる。周辺に被害が及ばぬよう演習所への民間人の立ち入りは禁止され、市街より離れた場所にで行われる。ここで実際の取り扱いについて学ぶ。

部品: オプションの取り扱い

各種オプション取り付けと取り外し、スコープや暗視装置の取り扱いについて学ぶ。グレネードランチャーの扱いについてもここで習得する。

部品: 製造番号管理

一丁ごとに製造番号を割り振り刻印。製造工場と関連付けし納品先との数の照合を行い、納品漏れなどのミスがないかを管理する。

部品: 廃棄について

寿命、故障などで使用不能になったものに廃棄用の管理番号を割り振り、廃棄した銃と使用不能になった銃の数があっているかを管理する。

部品: 当たり部品の選別

工場生産とはいえ微小単位でパーツごとに大きさ形状に誤差が生じる。その中でごく稀に誤差がほぼないパーツが製造されることがある。その部品のみで組まれているためこの銃の製造数は少ない。

部品: 高い命中精度

まれにしか生まれない銃ではあるが部品精度の高さゆえ本来狙撃銃で行うべき狙撃にも耐えうる命中精度となる。ただし口径の関係上、貫徹力や射程距離は狙撃銃には劣る。



提出書式


 大部品: Y4突撃銃特別仕様 RD:23 評価値:7
 -部品: 開発経緯
 -部品: 使用制限
 -部品: 弾倉
 -部品: 実包
 -部品: 銃身
 -部品: 有効射程
 -部品: 照準器
 -大部品: オプション RD:4 評価値:3
 --部品: 装着限界について
 --部品: バイポッド
 --部品: スコープ
 --部品: 暗視装置
 -大部品: グレネードランチャー RD:5 評価値:3
 --部品: 概要
 --部品: 催涙弾
 --部品: 発煙弾
 --部品: 照明弾
 --部品: 榴弾
 -大部品: 取り扱い訓練 RD:3 評価値:2
 --部品: 整備講習
 --部品: 射撃訓練
 --部品: オプションの取り扱い
 -部品: 製造番号管理
 -部品: 廃棄について
 -大部品: 当たり銃 RD:2 評価値:1
 --部品: 当たり部品の選別
 --部品: 高い命中精度
 
 
 部品: 開発経緯
 A世界の経験から歩兵が出撃する場面はテロ対策や治安維持など市街を想定した不正規戦が多いことから軽めで取り回しがよいことと常に同じ敵を想定しないことからオプションパーツによる拡張で状況に対応することを目指して開発された。
 
 部品: 使用制限
 この銃は一人の人間が両手持ちで装備するものであるので一丁なら十全に性能を発揮する。また腕を使用する他の道具を使用する際は持ち替えが必要になるので使用できない。
 
 部品: 弾倉
 帝國各国との協調作戦もあるため補給の簡易化を図る目的で形状は帝國共通規格のものを使用している。脱着式で一つにつき20発まで装填できる。
 
 部品: 実包
 火薬式、命中性能を上げる目的での弱装弾もあるが特別に必要なときでなければ使用しない。こちらも帝國各国との協調と補給の簡易化のため共通規格とする。
 
 部品: 銃身
 基本的には市街戦対応で短銃身の物を使用する。狙撃対応にオプションとして長銃身もあるにはあるが使用者の技量に左右されるためあまり使われない。
 
 部品: 有効射程
 基本的な有効射程距離は500m程度でありその距離以内であれば訓練をした歩兵であれば集団として一定の効果を発揮できる。
 
 部品: 照準器
 丸い穴から標的を狙う方式のピープサイトを採用。スコープなどが使用不能の場合にはこちらを使い狙いをつける。
 
 部品: 装着限界について
 各オプションはそれぞれ1つづつしか装着することが出来ない。また装着可能箇所は決まっているため同時に装着できない場合もある。
 
 部品: バイポッド
 二脚、地面に備え付けての長時間の射撃や狙撃に使う。銃の下部に取り付ける仕様上、グレネードランチャーとの併用は不可。
 
 部品: スコープ
 光学式。通常はこちらを使用して射撃する。電源不使用につきレンズが割れたりしない限り使用はできる。倍率は8倍まで補正可能。暗視装置との併用は不可。
 
 部品: 暗視装置
 スターライトスコープ。星や月光を増幅して視覚を拡張する。光学式のスコープとの併用は出来ない。また完全に光の届かない洞窟などの暗闇では使用できない。
 
 部品: 概要
 銃身下部に装着し使用する榴弾発射器。バイポットとの併用は出来ない。300mの射程距離は保障されている。
 
 部品: 催涙弾
 涙、くしゃみ、鼻水などを誘発させる催涙ガスを充填した弾。暴徒鎮圧、室内の敵の無力化などに用いられる。可能な限り人体に後遺症の残りにくいガスを使用する。
 
 部品: 発煙弾
 煙幕、空爆など航空部隊に位置を知らせるマーキングに用いられる弾。マーキング用のものは着色された煙を発する。赤、緑、オレンジ、無色が標準装備。
 
 部品: 照明弾
 夜間の観測、味方への信号のために打ち上げ、発光して周囲を照射する。歩兵が携行できるサイズの弾であるためごく短時間のみ発光する。
 
 部品: 榴弾
 建造物等の破壊、広範囲の殺傷を目的として使用される。撃ったのちの爆風、破片等から身を守るため、近距離での使用は基本的に禁止とする。
 
 部品: 整備講習
 銃の寿命を伸ばすことはもちろん暴発などの事故防止のため整備技術の習得は必須である。本銃を装備するには軍にて分解手順、各パーツの清掃手順と清掃に使用する道具(油、ブラシなど)の使用方法、組み立て、動作確認などを指導し習得できるまで使用を禁じている。
 
 部品: 射撃訓練
 軍の演習場にて行われる。周辺に被害が及ばぬよう演習所への民間人の立ち入りは禁止され、市街より離れた場所にで行われる。ここで実際の取り扱いについて学ぶ。
 
 部品: オプションの取り扱い
 各種オプション取り付けと取り外し、スコープや暗視装置の取り扱いについて学ぶ。グレネードランチャーの扱いについてもここで習得する。
 
 部品: 製造番号管理
 一丁ごとに製造番号を割り振り刻印。製造工場と関連付けし納品先との数の照合を行い、納品漏れなどのミスがないかを管理する。
 
 部品: 廃棄について
 寿命、故障などで使用不能になったものに廃棄用の管理番号を割り振り、廃棄した銃と使用不能になった銃の数があっているかを管理する。
 
 部品: 当たり部品の選別
 工場生産とはいえ微小単位でパーツごとに大きさ形状に誤差が生じる。その中でごく稀に誤差がほぼないパーツが製造されることがある。その部品のみで組まれているためこの銃の製造数は少ない。
 
 部品: 高い命中精度
 まれにしか生まれない銃ではあるが部品精度の高さゆえ本来狙撃銃で行うべき狙撃にも耐えうる命中精度となる。ただし口径の関係上、貫徹力や射程距離は狙撃銃には劣る。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "Y4突撃銃特別仕様",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "開発経緯",
         "description": "A世界の経験から歩兵が出撃する場面はテロ対策や治安維持など市街を想定した不正規戦が多いことから軽めで取り回しがよいことと常に同じ敵を想定しないことからオプションパーツによる拡張で状況に対応することを目指して開発された。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "使用制限",
         "description": "この銃は一人の人間が両手持ちで装備するものであるので一丁なら十全に性能を発揮する。また腕を使用する他の道具を使用する際は持ち替えが必要になるので使用できない。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "弾倉",
         "description": "帝國各国との協調作戦もあるため補給の簡易化を図る目的で形状は帝國共通規格のものを使用している。脱着式で一つにつき20発まで装填できる。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "実包",
         "description": "火薬式、命中性能を上げる目的での弱装弾もあるが特別に必要なときでなければ使用しない。こちらも帝國各国との協調と補給の簡易化のため共通規格とする。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "銃身",
         "description": "基本的には市街戦対応で短銃身の物を使用する。狙撃対応にオプションとして長銃身もあるにはあるが使用者の技量に左右されるためあまり使われない。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "有効射程",
         "description": "基本的な有効射程距離は500m程度でありその距離以内であれば訓練をした歩兵であれば集団として一定の効果を発揮できる。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "照準器",
         "description": "丸い穴から標的を狙う方式のピープサイトを採用。スコープなどが使用不能の場合にはこちらを使い狙いをつける。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "オプション",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "装着限界について",
             "description": "各オプションはそれぞれ1つづつしか装着することが出来ない。また装着可能箇所は決まっているため同時に装着できない場合もある。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "バイポッド",
             "description": "二脚、地面に備え付けての長時間の射撃や狙撃に使う。銃の下部に取り付ける仕様上、グレネードランチャーとの併用は不可。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "スコープ",
             "description": "光学式。通常はこちらを使用して射撃する。電源不使用につきレンズが割れたりしない限り使用はできる。倍率は8倍まで補正可能。暗視装置との併用は不可。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "暗視装置",
             "description": "スターライトスコープ。星や月光を増幅して視覚を拡張する。光学式のスコープとの併用は出来ない。また完全に光の届かない洞窟などの暗闇では使用できない。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "グレネードランチャー",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "概要",
             "description": "銃身下部に装着し使用する榴弾発射器。バイポットとの併用は出来ない。300mの射程距離は保障されている。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "催涙弾",
             "description": "涙、くしゃみ、鼻水などを誘発させる催涙ガスを充填した弾。暴徒鎮圧、室内の敵の無力化などに用いられる。可能な限り人体に後遺症の残りにくいガスを使用する。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "発煙弾",
             "description": "煙幕、空爆など航空部隊に位置を知らせるマーキングに用いられる弾。マーキング用のものは着色された煙を発する。赤、緑、オレンジ、無色が標準装備。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "照明弾",
             "description": "夜間の観測、味方への信号のために打ち上げ、発光して周囲を照射する。歩兵が携行できるサイズの弾であるためごく短時間のみ発光する。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "榴弾",
             "description": "建造物等の破壊、広範囲の殺傷を目的として使用される。撃ったのちの爆風、破片等から身を守るため、近距離での使用は基本的に禁止とする。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "取り扱い訓練",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "整備講習",
             "description": "銃の寿命を伸ばすことはもちろん暴発などの事故防止のため整備技術の習得は必須である。本銃を装備するには軍にて分解手順、各パーツの清掃手順と清掃に使用する道具(油、ブラシなど)の使用方法、組み立て、動作確認などを指導し習得できるまで使用を禁じている。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "射撃訓練",
             "description": "軍の演習場にて行われる。周辺に被害が及ばぬよう演習所への民間人の立ち入りは禁止され、市街より離れた場所にで行われる。ここで実際の取り扱いについて学ぶ。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "オプションの取り扱い",
             "description": "各種オプション取り付けと取り外し、スコープや暗視装置の取り扱いについて学ぶ。グレネードランチャーの扱いについてもここで習得する。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "製造番号管理",
         "description": "一丁ごとに製造番号を割り振り刻印。製造工場と関連付けし納品先との数の照合を行い、納品漏れなどのミスがないかを管理する。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "廃棄について",
         "description": "寿命、故障などで使用不能になったものに廃棄用の管理番号を割り振り、廃棄した銃と使用不能になった銃の数があっているかを管理する。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "当たり銃",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "当たり部品の選別",
             "description": "工場生産とはいえ微小単位でパーツごとに大きさ形状に誤差が生じる。その中でごく稀に誤差がほぼないパーツが製造されることがある。その部品のみで組まれているためこの銃の製造数は少ない。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "高い命中精度",
             "description": "まれにしか生まれない銃ではあるが部品精度の高さゆえ本来狙撃銃で行うべき狙撃にも耐えうる命中精度となる。ただし口径の関係上、貫徹力や射程距離は狙撃銃には劣る。",
             "type": "parts",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]