部品構造


  • 大部品: 長距離輸送システム RD:13 評価値:6
    • 大部品: 車体 RD:5 評価値:3
      • 部品: 機関車両
      • 部品: 客車両
      • 部品: 貨物車両
      • 部品: コンテナ車両
      • 部品: 整備
    • 大部品: 動力 RD:1 評価値:0
      • 部品: ディーゼルエンジン
    • 大部品: 軌道 RD:3 評価値:2
      • 部品: 敷設
      • 部品: 保守と管理
      • 部品: 鉄道網
    • 大部品: 運行 RD:2 評価値:1
      • 部品: 駅
      • 部品: ダイヤ
    • 大部品: 周辺施設 RD:2 評価値:1
      • 部品: 売店
      • 部品: 輸送基地



部品定義


部品: 機関車両

列車の動力源となる機関を組み込んだ車両。多くの場合は運転席もこの車両に組み込まれている。
燃料を積んだ車両と組み合わされている。

部品: 客車両

乗客を乗せるための車両。
座席だけを並べた車両のほか、個室のように区切られたコンパートメントタイプ、ベッドがついた寝台タイプもある。
乗車時間が長い場合に必要となるトイレも併設されている。

部品: 貨物車両

乗客以外の貨物を乗せるための車両。
食糧、衣服などの生活用品から建築資材や牛や馬といった動物を運ぶためのものもある。

部品: コンテナ車両

列車以外の貨物輸送手段との接続を簡単にするため、他の輸送手段と規格統一されたコンテナを載せるための車両。
なお、コンテナ内を目的別に改造することにより貨物用以外にも使うことができる。

部品: 整備

各車両はおおむね2日~6日ごとに、各種器機の動作確認と消耗品の交換のための点検と整備が行われる。
また数か月に一度、機関部分や車輪の状態なども見るために各所を分解する点検と整備も行われている。

部品: ディーゼルエンジン

圧縮加熱された空気に液体状の燃料を噴射することで小規模の爆発を起こし、ピストンを動かすという内燃機関。
精製度の低い燃料でも動かすことができ、エンジンの大型化が比較的容易であり、大きなものを動かすのに長けている。

部品: 敷設

一般的には砕岩や砂利を厚く敷き詰めた上に枕木を適度な間隔に並べ、その上にレールを敷いてゆく。
他に、砕岩などの代わりに弾性の強いゴムのような素材を敷いた上に枕木とレールを並べる方法もある。

部品: 保守と管理

砕岩などはクッション性が求められるため、詰まった状態よりある程度空間がある状態が望ましい。
そのため定期的に自然と削られてゆく砕岩を角を持ったものに入れ替えることが必要になる。
当然ながらレールに曲がりや幅の広がりなどがあっては大事故の元のため、最低でも2~3か月に一度はすべての軌道の点検が行われる。

部品: 鉄道網

鉄道は大量の貨客を運べるがその構造上、軌道を敷いた線の上でしか移動できない。
そのため別の輸送方法との乗り継ぎを考え、より効率の良い地点へ鉄道を伸ばしてゆくことになる。
必要な箇所にはいくつもの線が重なり、不要な箇所は消えていく。
その結果出来上がるのが、鉄道網である。

部品: 駅

軌道上にある列車が停止し、貨客を乗降させる場所。必然的に交通の拠点となり周囲が栄えやすくなる。
また、鉄道の運行を支える職員たちの拠点でもあり、運行に必要な器材が揃っている場所でもある。

部品: ダイヤ

鉄道運行計画。
元々は運行時間を視覚化したものをトレインダイヤグラムと呼んでいたが、それを略して運行計画そのものをダイヤと呼ぶようになった。
無理のない計画を立てることで運行に余裕を持たせることも大事である。

部品: 売店

駅には乗客や職員といった多くの人々が集まる。彼らの必要なものやほしいものを販売する場所が売店である。
その地域の特産品を売ることで特色を出す駅もあり、売店での買い物自体を目的にする人も多いという。

部品: 輸送基地

主に貨物の積み降ろしをすることに特化した駅。
コンテナごと移動させるための重機や、他の輸送手段であるトラック等の車や船舶と直接貨物のやり取りができる設備が整っている。
また、一時保管のための倉庫や安全及び犯罪の防止を目的とした検査も行われている。



提出書式


 大部品: 長距離輸送システム RD:13 評価値:6
 -大部品: 車体 RD:5 評価値:3
 --部品: 機関車両
 --部品: 客車両
 --部品: 貨物車両
 --部品: コンテナ車両
 --部品: 整備
 -大部品: 動力 RD:1 評価値:0
 --部品: ディーゼルエンジン
 -大部品: 軌道 RD:3 評価値:2
 --部品: 敷設
 --部品: 保守と管理
 --部品: 鉄道網
 -大部品: 運行 RD:2 評価値:1
 --部品: 駅
 --部品: ダイヤ
 -大部品: 周辺施設 RD:2 評価値:1
 --部品: 売店
 --部品: 輸送基地
 
 
 部品: 機関車両
 列車の動力源となる機関を組み込んだ車両。多くの場合は運転席もこの車両に組み込まれている。
 燃料を積んだ車両と組み合わされている。
 
 部品: 客車両
 乗客を乗せるための車両。
 座席だけを並べた車両のほか、個室のように区切られたコンパートメントタイプ、ベッドがついた寝台タイプもある。
 乗車時間が長い場合に必要となるトイレも併設されている。
 
 部品: 貨物車両
 乗客以外の貨物を乗せるための車両。
 食糧、衣服などの生活用品から建築資材や牛や馬といった動物を運ぶためのものもある。
 
 部品: コンテナ車両
 列車以外の貨物輸送手段との接続を簡単にするため、他の輸送手段と規格統一されたコンテナを載せるための車両。
 なお、コンテナ内を目的別に改造することにより貨物用以外にも使うことができる。
 
 部品: 整備
 各車両はおおむね2日~6日ごとに、各種器機の動作確認と消耗品の交換のための点検と整備が行われる。
 また数か月に一度、機関部分や車輪の状態なども見るために各所を分解する点検と整備も行われている。
 
 部品: ディーゼルエンジン
 圧縮加熱された空気に液体状の燃料を噴射することで小規模の爆発を起こし、ピストンを動かすという内燃機関。
 精製度の低い燃料でも動かすことができ、エンジンの大型化が比較的容易であり、大きなものを動かすのに長けている。
 
 部品: 敷設
 一般的には砕岩や砂利を厚く敷き詰めた上に枕木を適度な間隔に並べ、その上にレールを敷いてゆく。
 他に、砕岩などの代わりに弾性の強いゴムのような素材を敷いた上に枕木とレールを並べる方法もある。
 
 部品: 保守と管理
 砕岩などはクッション性が求められるため、詰まった状態よりある程度空間がある状態が望ましい。
 そのため定期的に自然と削られてゆく砕岩を角を持ったものに入れ替えることが必要になる。
 当然ながらレールに曲がりや幅の広がりなどがあっては大事故の元のため、最低でも2~3か月に一度はすべての軌道の点検が行われる。
 
 部品: 鉄道網
 鉄道は大量の貨客を運べるがその構造上、軌道を敷いた線の上でしか移動できない。
 そのため別の輸送方法との乗り継ぎを考え、より効率の良い地点へ鉄道を伸ばしてゆくことになる。
 必要な箇所にはいくつもの線が重なり、不要な箇所は消えていく。
 その結果出来上がるのが、鉄道網である。
 
 部品: 駅
 軌道上にある列車が停止し、貨客を乗降させる場所。必然的に交通の拠点となり周囲が栄えやすくなる。
 また、鉄道の運行を支える職員たちの拠点でもあり、運行に必要な器材が揃っている場所でもある。
 
 部品: ダイヤ
 鉄道運行計画。
 元々は運行時間を視覚化したものをトレインダイヤグラムと呼んでいたが、それを略して運行計画そのものをダイヤと呼ぶようになった。
 無理のない計画を立てることで運行に余裕を持たせることも大事である。
 
 部品: 売店
 駅には乗客や職員といった多くの人々が集まる。彼らの必要なものやほしいものを販売する場所が売店である。
 その地域の特産品を売ることで特色を出す駅もあり、売店での買い物自体を目的にする人も多いという。
 
 部品: 輸送基地
 主に貨物の積み降ろしをすることに特化した駅。
 コンテナごと移動させるための重機や、他の輸送手段であるトラック等の車や船舶と直接貨物のやり取りができる設備が整っている。
 また、一時保管のための倉庫や安全及び犯罪の防止を目的とした検査も行われている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "長距離輸送システム",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "車体",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "機関車両",
             "description": "列車の動力源となる機関を組み込んだ車両。多くの場合は運転席もこの車両に組み込まれている。\n燃料を積んだ車両と組み合わされている。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "客車両",
             "description": "乗客を乗せるための車両。\n座席だけを並べた車両のほか、個室のように区切られたコンパートメントタイプ、ベッドがついた寝台タイプもある。\n乗車時間が長い場合に必要となるトイレも併設されている。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "貨物車両",
             "description": "乗客以外の貨物を乗せるための車両。\n食糧、衣服などの生活用品から建築資材や牛や馬といった動物を運ぶためのものもある。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "コンテナ車両",
             "description": "列車以外の貨物輸送手段との接続を簡単にするため、他の輸送手段と規格統一されたコンテナを載せるための車両。\nなお、コンテナ内を目的別に改造することにより貨物用以外にも使うことができる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "整備",
             "description": "各車両はおおむね2日~6日ごとに、各種器機の動作確認と消耗品の交換のための点検と整備が行われる。\nまた数か月に一度、機関部分や車輪の状態なども見るために各所を分解する点検と整備も行われている。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "動力",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "ディーゼルエンジン",
             "description": "圧縮加熱された空気に液体状の燃料を噴射することで小規模の爆発を起こし、ピストンを動かすという内燃機関。\n精製度の低い燃料でも動かすことができ、エンジンの大型化が比較的容易であり、大きなものを動かすのに長けている。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "軌道",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "敷設",
             "description": "一般的には砕岩や砂利を厚く敷き詰めた上に枕木を適度な間隔に並べ、その上にレールを敷いてゆく。\n他に、砕岩などの代わりに弾性の強いゴムのような素材を敷いた上に枕木とレールを並べる方法もある。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "保守と管理",
             "description": "砕岩などはクッション性が求められるため、詰まった状態よりある程度空間がある状態が望ましい。\nそのため定期的に自然と削られてゆく砕岩を角を持ったものに入れ替えることが必要になる。\n当然ながらレールに曲がりや幅の広がりなどがあっては大事故の元のため、最低でも2~3か月に一度はすべての軌道の点検が行われる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "鉄道網",
             "description": "鉄道は大量の貨客を運べるがその構造上、軌道を敷いた線の上でしか移動できない。\nそのため別の輸送方法との乗り継ぎを考え、より効率の良い地点へ鉄道を伸ばしてゆくことになる。\n必要な箇所にはいくつもの線が重なり、不要な箇所は消えていく。\nその結果出来上がるのが、鉄道網である。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "運行",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "駅",
             "description": "軌道上にある列車が停止し、貨客を乗降させる場所。必然的に交通の拠点となり周囲が栄えやすくなる。\nまた、鉄道の運行を支える職員たちの拠点でもあり、運行に必要な器材が揃っている場所でもある。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "ダイヤ",
             "description": "鉄道運行計画。\n元々は運行時間を視覚化したものをトレインダイヤグラムと呼んでいたが、それを略して運行計画そのものをダイヤと呼ぶようになった。\n無理のない計画を立てることで運行に余裕を持たせることも大事である。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "周辺施設",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "売店",
             "description": "駅には乗客や職員といった多くの人々が集まる。彼らの必要なものやほしいものを販売する場所が売店である。\nその地域の特産品を売ることで特色を出す駅もあり、売店での買い物自体を目的にする人も多いという。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "輸送基地",
             "description": "主に貨物の積み降ろしをすることに特化した駅。\nコンテナごと移動させるための重機や、他の輸送手段であるトラック等の車や船舶と直接貨物のやり取りができる設備が整っている。\nまた、一時保管のための倉庫や安全及び犯罪の防止を目的とした検査も行われている。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]