部品構造


  • 大部品: 量産システム RD:13 評価値:6
    • 大部品: 制限 RD:3 評価値:2
      • 部品: 法令遵守
      • 部品: 環境保護
      • 部品: 職工保護
    • 大部品: 職工 RD:3 評価値:2
      • 大部品: 制限 RD:2 評価値:1
        • 部品: 年齢
        • 部品: 経験
      • 大部品: 技能 RD:1 評価値:0
        • 部品: アイテム知識
    • 大部品: 技術 RD:7 評価値:4
      • 大部品: 生産 RD:3 評価値:2
        • 部品: 機械
        • 部品: 分業
        • 部品: 流れ作業
      • 大部品: 物流 RD:4 評価値:3
        • 部品: 調達
        • 部品: 梱包
        • 部品: 輸送
        • 部品: 保管



部品定義


部品: 法令遵守

量産システムの構成員は、藩国の法令を遵守する。
その代わりに構成員が法令を遵守する量産システムは、制度化された公的な援助を藩国から受けられる。

部品: 環境保護

過度な量産システムの構築・稼働は環境破壊や資源枯渇をもたらして、アイテム生産力をかえって低下させてしまう。
このため自然や藩国民の生活など、周辺の環境や資源を破壊・乱採取して量産システムを構築・稼働することは、藩国の法令で禁止されている。
この制限によって、アイテム生産力の成長性を取得する。

部品: 職工保護

職工の酷使はその安全と安心を低下させて、アイテム供給の安定性を失ってしまう。
このため、職工の酷使は藩国の法令で禁止されている。
この制限によって、アイテム生産力の安定性を習得する。

部品: 年齢

職工は、青年以上が就労する。
これは藩国の法令により、未成年者の就労が禁止されているからである。
また、すでに就労している者も、老年以上になって体力が衰えると自主的に引退する。
この制限によって、職工は製品生産に必要な体力を習得する。
この制限を維持するために藩国は、経済的に困窮した未成年者や引退者に対して公的な生活保障を制度化している。

部品: 経験

職工は、他の職工からアイテム生産の実地訓練を2年間受けてから就労する。
この2年間の師事によって、職工はアイテム生産に必要な技能を習得する。
職工の子弟が自分の家族や親戚に師事することが一般的だが、藩国は職工学校も公営している。
この学校では職工の子弟以外でも、実地訓練を受けられる。
また職工の子弟も、より体系化された発展的なアイテム生産技能を習得できる。
藩国は国民に対して広く門戸を開くために、学費の補助や返済不要の奨学金を制度化している。

部品: アイテム知識

機械、化学、薬物など生産するアイテムや、その生産に使用する原材料・部品・工具・機械に関する知識や技術を習得する。
この技能は、アイテム・原材料・部品・工具・機械の整備や修理にも応用できる。

部品: 機械

エネルギーを利用して、生産に使用する機械を稼働させる技術を取得する。
この技術によって、量産システムそのものを効率化できる。

部品: 分業

生産工程を複数の職工に分担させる技術を取得する。
この技術によって作業そのものだけでなく、職工の習熟も効率化できる。

部品: 流れ作業

職工・工具・機械を工程順や作業速度に合わせて配置して、その間で原材料・部品を動かす技術を取得する。
この技術によって、量産システムそのものを効率化できる。

部品: 調達

他の資源採掘所や工場から原材料・部品を調達する技術を取得する。
この技術は国内だけでなく、他国からの調達にも応用できる。

部品: 梱包

調達した原材料・部品を資材・容器で梱包する技術を取得する。
この技術によって、輸送と保管を効率化できる。

部品: 輸送

梱包された原材料・部品を工場まで輸送する技術を取得する。
この技術は、旅客や貨物の輸送にも応用できる。

部品: 保管

輸送された原材料・部品を集積して、その在庫を管理する技術を取得する。
この技術によって、量産を安定化できる。



提出書式


 大部品: 量産システム RD:13 評価値:6
 -大部品: 制限 RD:3 評価値:2
 --部品: 法令遵守
 --部品: 環境保護
 --部品: 職工保護
 -大部品: 職工 RD:3 評価値:2
 --大部品: 制限 RD:2 評価値:1
 ---部品: 年齢
 ---部品: 経験
 --大部品: 技能 RD:1 評価値:0
 ---部品: アイテム知識
 -大部品: 技術 RD:7 評価値:4
 --大部品: 生産 RD:3 評価値:2
 ---部品: 機械
 ---部品: 分業
 ---部品: 流れ作業
 --大部品: 物流 RD:4 評価値:3
 ---部品: 調達
 ---部品: 梱包
 ---部品: 輸送
 ---部品: 保管
 
 
 部品: 法令遵守
 量産システムの構成員は、藩国の法令を遵守する。 
 その代わりに構成員が法令を遵守する量産システムは、制度化された公的な援助を藩国から受けられる。
 
 部品: 環境保護
 過度な量産システムの構築・稼働は環境破壊や資源枯渇をもたらして、アイテム生産力をかえって低下させてしまう。 
 このため自然や藩国民の生活など、周辺の環境や資源を破壊・乱採取して量産システムを構築・稼働することは、藩国の法令で禁止されている。
 この制限によって、アイテム生産力の成長性を取得する。
 
 部品: 職工保護
 職工の酷使はその安全と安心を低下させて、アイテム供給の安定性を失ってしまう。 
 このため、職工の酷使は藩国の法令で禁止されている。 
 この制限によって、アイテム生産力の安定性を習得する。
 
 部品: 年齢
 職工は、青年以上が就労する。 
 これは藩国の法令により、未成年者の就労が禁止されているからである。 
 また、すでに就労している者も、老年以上になって体力が衰えると自主的に引退する。 
 この制限によって、職工は製品生産に必要な体力を習得する。 
 この制限を維持するために藩国は、経済的に困窮した未成年者や引退者に対して公的な生活保障を制度化している。
 
 部品: 経験
 職工は、他の職工からアイテム生産の実地訓練を2年間受けてから就労する。 
 この2年間の師事によって、職工はアイテム生産に必要な技能を習得する。 
 職工の子弟が自分の家族や親戚に師事することが一般的だが、藩国は職工学校も公営している。
 この学校では職工の子弟以外でも、実地訓練を受けられる。 
 また職工の子弟も、より体系化された発展的なアイテム生産技能を習得できる。 
 藩国は国民に対して広く門戸を開くために、学費の補助や返済不要の奨学金を制度化している。
 
 部品: アイテム知識
 機械、化学、薬物など生産するアイテムや、その生産に使用する原材料・部品・工具・機械に関する知識や技術を習得する。 
 この技能は、アイテム・原材料・部品・工具・機械の整備や修理にも応用できる。
 
 部品: 機械
 エネルギーを利用して、生産に使用する機械を稼働させる技術を取得する。
 この技術によって、量産システムそのものを効率化できる。
 
 部品: 分業
 生産工程を複数の職工に分担させる技術を取得する。
 この技術によって作業そのものだけでなく、職工の習熟も効率化できる。
 
 部品: 流れ作業
 職工・工具・機械を工程順や作業速度に合わせて配置して、その間で原材料・部品を動かす技術を取得する。
 この技術によって、量産システムそのものを効率化できる。
 
 部品: 調達
 他の資源採掘所や工場から原材料・部品を調達する技術を取得する。
 この技術は国内だけでなく、他国からの調達にも応用できる。
 
 部品: 梱包
 調達した原材料・部品を資材・容器で梱包する技術を取得する。
 この技術によって、輸送と保管を効率化できる。
 
 部品: 輸送
 梱包された原材料・部品を工場まで輸送する技術を取得する。
 この技術は、旅客や貨物の輸送にも応用できる。
 
 部品: 保管
 輸送された原材料・部品を集積して、その在庫を管理する技術を取得する。
 この技術によって、量産を安定化できる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "量産システム",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "制限",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "法令遵守",
             "description": "量産システムの構成員は、藩国の法令を遵守する。 \nその代わりに構成員が法令を遵守する量産システムは、制度化された公的な援助を藩国から受けられる。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "環境保護",
             "description": "過度な量産システムの構築・稼働は環境破壊や資源枯渇をもたらして、アイテム生産力をかえって低下させてしまう。 \nこのため自然や藩国民の生活など、周辺の環境や資源を破壊・乱採取して量産システムを構築・稼働することは、藩国の法令で禁止されている。\nこの制限によって、アイテム生産力の成長性を取得する。",
             "type": "parts"
           },
           {
             "title": "職工保護",
             "description": "職工の酷使はその安全と安心を低下させて、アイテム供給の安定性を失ってしまう。 \nこのため、職工の酷使は藩国の法令で禁止されている。 \nこの制限によって、アイテム生産力の安定性を習得する。",
             "type": "parts"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "職工",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "制限",
             "type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "年齢",
                 "description": "職工は、青年以上が就労する。 \nこれは藩国の法令により、未成年者の就労が禁止されているからである。 \nまた、すでに就労している者も、老年以上になって体力が衰えると自主的に引退する。 \nこの制限によって、職工は製品生産に必要な体力を習得する。 \nこの制限を維持するために藩国は、経済的に困窮した未成年者や引退者に対して公的な生活保障を制度化している。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "経験",
                 "description": "職工は、他の職工からアイテム生産の実地訓練を2年間受けてから就労する。 \nこの2年間の師事によって、職工はアイテム生産に必要な技能を習得する。 \n職工の子弟が自分の家族や親戚に師事することが一般的だが、藩国は職工学校も公営している。\nこの学校では職工の子弟以外でも、実地訓練を受けられる。 \nまた職工の子弟も、より体系化された発展的なアイテム生産技能を習得できる。 \n藩国は国民に対して広く門戸を開くために、学費の補助や返済不要の奨学金を制度化している。",
                 "type": "parts"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "技能",
             "type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "アイテム知識",
                 "description": "機械、化学、薬物など生産するアイテムや、その生産に使用する原材料・部品・工具・機械に関する知識や技術を習得する。 \nこの技能は、アイテム・原材料・部品・工具・機械の整備や修理にも応用できる。",
                 "type": "parts"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "技術",
         "type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "生産",
             "type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "機械",
                 "description": "エネルギーを利用して、生産に使用する機械を稼働させる技術を取得する。\nこの技術によって、量産システムそのものを効率化できる。",
                 "type": "parts",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "分業",
                 "description": "生産工程を複数の職工に分担させる技術を取得する。\nこの技術によって作業そのものだけでなく、職工の習熟も効率化できる。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "流れ作業",
                 "description": "職工・工具・機械を工程順や作業速度に合わせて配置して、その間で原材料・部品を動かす技術を取得する。\nこの技術によって、量産システムそのものを効率化できる。",
                 "type": "parts"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "物流",
             "type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "調達",
                 "description": "他の資源採掘所や工場から原材料・部品を調達する技術を取得する。\nこの技術は国内だけでなく、他国からの調達にも応用できる。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "梱包",
                 "description": "調達した原材料・部品を資材・容器で梱包する技術を取得する。\nこの技術によって、輸送と保管を効率化できる。",
                 "type": "parts"
               },
               {
                 "title": "輸送",
                 "description": "梱包された原材料・部品を工場まで輸送する技術を取得する。\nこの技術は、旅客や貨物の輸送にも応用できる。",
                 "type": "parts",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "保管",
                 "description": "輸送された原材料・部品を集積して、その在庫を管理する技術を取得する。\nこの技術によって、量産を安定化できる。",
                 "type": "parts"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]