「藩王の宣言(国民かくたの場合)」



「いくさ、でございますか」
かくたは、敬愛するよんた藩王の宣言を聞き終わると、そう口にする。
「ええ。国民のみなさんには、ご迷惑をかけるとは思いますが」
「なんの、だごさんの仇を討ちたい、という思いは、我々もいっしょです。」
心からの同意を示すために、かくたは微笑みを浮かべる。
「藩王がおっしゃられなければ、お暇をいただいて私一人ででも、冬の京に向かうところでした」
「タキガワを守った、このあいだのように?」
かくたが動くのは、ただ義のためだけということを、よんた藩王はよく知っている。
受けた恩義に、報いる。
ただ、そのためだけに、先ごろ行われたアースでの戦いで、かくたはよんた藩国に飛び込んだ。
よんた藩王はかくたを快く迎え入れ、さらに先駆けまで任せた。
あのときのかくたは、すべからく戦場を疾く奔るべくメード姿だった。
だが今は、この藩国を再興することが、もっとも大事だ。
そのために、かつて身につけていたスーツを儀礼用に仕立て直し、吏族としてよんた藩王に仕えている。
だが合戦ともなれば、戦える者は一人でも多い方が良い。
また、あのメード服を身にまとって、戦場に立てる。
そう思うと、かくたは得も言われぬ昂揚を覚えた。
「違うんですか?」
どうやらよんた藩王は武者震いを見て、かくたが機嫌を損ねたとでも思ったのだろうか、少し心配そうな顔で尋ねてくる。
先ほどの演説では顔色一つ変えなかったというのに、やはり心の奥では不安がよぎるのだろう。
かくたは、慌てた気持ちを顔には出さず、努めて穏やかな声でよんた藩王を答える。
「いいえ、同じですよ」
そう聞くと、よんた藩王は安堵したらしい。
満面の笑みを浮かべながら、手近の椅子に腰掛けた。
「あんなに人前で緊張したのは、藩王になってから初めてですよ」
そう言いながら、机の上に用意されていたよんた饅を手に取る。
「緊張したら、お腹が空きました」
その言葉に、嘘はなかった。
顔と同じ大きさのよんた饅が、みるみるよんた藩王の口の中に消えていく。
犬猫合わせて藩王の数は多いけれども、その食と忠の大きさでよんた藩王にかなう者はいない。
巷間で人々の口に上る、その噂が本当であることは間違いない。
しかもよんた藩王の尊い心は、まず国民に向けられているのだ。
帝國への忠誠も、かのぽち王女がよんた藩国の名誉国民第一号だからである。
「しばらくは倹約だなあ。メシの量が減りそうだ」
堪えてるんのか、いないのか。
今ひとつ判らないが、よんた藩王の顔は晴れやかだ。
もちろんだごさんには、ひとかたならぬ恩があった。
だが、このいくさに出るのは、他ならぬよんた藩王のためだ。
そう言うのが少し照れくさくなって、かくたはもう一つ用意されていたよんた饅を手にとって、よんた藩王にすすめた。
「お代わりは、いかがですか?」



(文:かくた)