※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 警備システム(よんた版) RD:19 評価値:7
    • 大部品: よんた版の特徴 RD:5 評価値:3
      • 大部品: よんた藩国民 RD:4 評価値:3
        • 部品: 法令遵守
        • 部品: 就労年齢
        • 部品: 初等教育
        • 部品: 職業訓練
      • 部品: 警察由来
    • 大部品: 警備システム RD:14 評価値:6
      • 大部品: 警備員 RD:10 評価値:5
        • 部品: 警備業務
        • 部品: 相貌認識
        • 部品: 荷物解析
        • 部品: 偽造感知
        • 部品: 監視
        • 部品: 整理整頓
        • 部品: 鍵管理
        • 部品: 連絡
        • 部品: 防犯
        • 部品: 構造把握
      • 部品: 警備員保護
      • 部品: 防災
      • 部品: 機械
      • 部品: 交代勤務



部品定義


部品: 法令遵守

よんた藩国民は、藩国の法令を遵守する。
その代わりに藩国民は、制度化された公的な援助を藩国から受けられる。

部品: 就労年齢

よんた藩国民は、青年以上が就労する。
これは藩国の法令により、未成年者の就労が禁止されているからである。
また、すでに就労している者も、老年以上になって体力が衰えると自主的に引退する。
この制限によって、よんた藩国民は就労に必要な体力を習得する。
この制限を維持するために藩国は、経済的に困窮した未成年者や引退者に対して公的な生活保障を制度化している。

部品: 初等教育

よんた藩国民は、初等学校で読み書きや算術など基礎的な教育を6年間受ける。
この6年間の教育によって、よんた藩国民は生活に必要な技能を習得する。
藩国では初等学校を公営している。
藩国は国民に対して広く門戸を開くために、学費の補助や返済不要の奨学金を制度化している。

部品: 職業訓練

よんた藩国民は自分が希望する職業に就労している家族や親戚から実地訓練を受けることが一般的だが、藩国は職業学校も公営している。
この学校ではその職業の子弟以外でも、実地訓練を受けられる。
またその職業の子弟も、より体系化された発展的な事務技能を習得できる。
藩国は国民に対して広く門戸を開くために、学費の補助や返済不要の奨学金を制度化している。

部品: 警察由来

よんた藩国では、警察の退職者が民間の警備会社を設立したり、憲兵や警備兵のトレーナーとして軍に採用されたりすることが多い。
この特徴によって、警察や軍とのコネクションを取得する。

部品: 警備業務

警備員は就労後、他の警備員から警備業務の実地訓練を2年間受ける。
この2年間の師事によって、警備員は警備業務に必要な技能を習得する。

部品: 相貌認識

顔と名前を覚える技術を習得する。
この技能は、指名手配犯を識別したり、ホテルマンが顧客を出迎えたりする場合にも応用できる。

部品: 荷物解析

手に持ったときの音・重さ・感触などから、荷物の中身を解析する技術を習得する。
この技能は、ホテルマンが顧客の荷物を預かったり運んだりする場合にも応用できる。

部品: 偽造感知

変装・身分証・サイン・貨幣など偽造を見破る技術を習得する。
この技能は、ホテルマンがフロントでチェックイン・チェックアウトする場合にも応用できる。

部品: 監視

周囲の状況を観察して、不審者・不審物を発見する技術を習得する。
この技能は、ホテルマンが迷子や落とし物を見つけたりする場合にも応用できる。

部品: 整理整頓

不要な物を処分したり、あるべき場所へ物を戻したりすることで、不審物を発見する技術を習得する。
この技能は、ホテルマンが部屋を清掃する場合にも応用できる。

部品: 鍵管理

どの鍵でどの錠を開けられるのかを理解したり、鍵の紛失を防いだりする技術を習得する。
この技能は、ホテルマンがフロントで部屋の鍵を渡す場合にも応用できる。

部品: 連絡

問題が発生したときに、電話・館内放送・無線などで関係各所へ連絡する技術を習得する。
この技能は、ホテルマンがモーニングコールをしたり、ロビーで呼び出しをしたりする場合にも応用できる。

部品: 防犯

周囲に安心感を与えながら、警備の存在をアピールする技術を習得する。
この技能は、ホテルマンが制服を着こなす場合にも応用できる。

部品: 構造把握

施設の構造や配置を把握する技術を習得する。
この技能は、ホテルマンがエレベーターやトイレを案内する場合にも応用できる。

部品: 警備員保護

警備員の酷使はその安全と安心を低下させて、警備業務の安定性を失ってしまう。
このため、警備員の酷使は藩国の法令で禁止されている。
この制限によって、警備業務の安定性を習得する。

部品: 防災

災害時の被害を減らす技術を習得する。
この技術は、ホテルのガラスを強化したり、非常口を確保したりする場合にも応用できる。

部品: 機械

エネルギーを利用して、警備業務に使用する機械を稼働させる技術を取得する。
この技術によって、警備システムそのものを効率化できる。

部品: 交代勤務

複数のスタッフがシフトを組んで、警備業務を分担する技術を取得する。
この技能によって、常駐警備体制を実現できる。
この技能は、ホテルを24時間営業する場合にも応用できる。



提出書式


 大部品: 警備システム(よんた版) RD:19 評価値:7
 -大部品: よんた版の特徴 RD:5 評価値:3
 --大部品: よんた藩国民 RD:4 評価値:3
 ---部品: 法令遵守
 ---部品: 就労年齢
 ---部品: 初等教育
 ---部品: 職業訓練
 --部品: 警察由来
 -大部品: 警備システム RD:14 評価値:6
 --大部品: 警備員 RD:10 評価値:5
 ---部品: 警備業務
 ---部品: 相貌認識
 ---部品: 荷物解析
 ---部品: 偽造感知
 ---部品: 監視
 ---部品: 整理整頓
 ---部品: 鍵管理
 ---部品: 連絡
 ---部品: 防犯
 ---部品: 構造把握
 --部品: 警備員保護
 --部品: 防災
 --部品: 機械
 --部品: 交代勤務
 
 
 部品: 法令遵守
 よんた藩国民は、藩国の法令を遵守する。 
 その代わりに藩国民は、制度化された公的な援助を藩国から受けられる。
 
 部品: 就労年齢
 よんた藩国民は、青年以上が就労する。 
 これは藩国の法令により、未成年者の就労が禁止されているからである。 
 また、すでに就労している者も、老年以上になって体力が衰えると自主的に引退する。 
 この制限によって、よんた藩国民は就労に必要な体力を習得する。 
 この制限を維持するために藩国は、経済的に困窮した未成年者や引退者に対して公的な生活保障を制度化している。
 
 部品: 初等教育
 よんた藩国民は、初等学校で読み書きや算術など基礎的な教育を6年間受ける。 
 この6年間の教育によって、よんた藩国民は生活に必要な技能を習得する。 
 藩国では初等学校を公営している。 
 藩国は国民に対して広く門戸を開くために、学費の補助や返済不要の奨学金を制度化している。
 
 部品: 職業訓練
 よんた藩国民は自分が希望する職業に就労している家族や親戚から実地訓練を受けることが一般的だが、藩国は職業学校も公営している。 
 この学校ではその職業の子弟以外でも、実地訓練を受けられる。 
 またその職業の子弟も、より体系化された発展的な事務技能を習得できる。 
 藩国は国民に対して広く門戸を開くために、学費の補助や返済不要の奨学金を制度化している。
 
 部品: 警察由来
 よんた藩国では、警察の退職者が民間の警備会社を設立したり、憲兵や警備兵のトレーナーとして軍に採用されたりすることが多い。
 この特徴によって、警察や軍とのコネクションを取得する。
 
 部品: 警備業務
 警備員は就労後、他の警備員から警備業務の実地訓練を2年間受ける。
 この2年間の師事によって、警備員は警備業務に必要な技能を習得する。
 
 部品: 相貌認識
 顔と名前を覚える技術を習得する。
 この技能は、指名手配犯を識別したり、ホテルマンが顧客を出迎えたりする場合にも応用できる。
 
 部品: 荷物解析
 手に持ったときの音・重さ・感触などから、荷物の中身を解析する技術を習得する。
 この技能は、ホテルマンが顧客の荷物を預かったり運んだりする場合にも応用できる。
 
 部品: 偽造感知
 変装・身分証・サイン・貨幣など偽造を見破る技術を習得する。
 この技能は、ホテルマンがフロントでチェックイン・チェックアウトする場合にも応用できる。
 
 部品: 監視
 周囲の状況を観察して、不審者・不審物を発見する技術を習得する。
 この技能は、ホテルマンが迷子や落とし物を見つけたりする場合にも応用できる。
 
 部品: 整理整頓
 不要な物を処分したり、あるべき場所へ物を戻したりすることで、不審物を発見する技術を習得する。
 この技能は、ホテルマンが部屋を清掃する場合にも応用できる。
 
 部品: 鍵管理
 どの鍵でどの錠を開けられるのかを理解したり、鍵の紛失を防いだりする技術を習得する。
 この技能は、ホテルマンがフロントで部屋の鍵を渡す場合にも応用できる。
 
 部品: 連絡
 問題が発生したときに、電話・館内放送・無線などで関係各所へ連絡する技術を習得する。
 この技能は、ホテルマンがモーニングコールをしたり、ロビーで呼び出しをしたりする場合にも応用できる。
 
 部品: 防犯
 周囲に安心感を与えながら、警備の存在をアピールする技術を習得する。
 この技能は、ホテルマンが制服を着こなす場合にも応用できる。
 
 部品: 構造把握
 施設の構造や配置を把握する技術を習得する。
 この技能は、ホテルマンがエレベーターやトイレを案内する場合にも応用できる。
 
 部品: 警備員保護
 警備員の酷使はその安全と安心を低下させて、警備業務の安定性を失ってしまう。 
 このため、警備員の酷使は藩国の法令で禁止されている。 
 この制限によって、警備業務の安定性を習得する。
 
 部品: 防災
 災害時の被害を減らす技術を習得する。
 この技術は、ホテルのガラスを強化したり、非常口を確保したりする場合にも応用できる。
 
 部品: 機械
 エネルギーを利用して、警備業務に使用する機械を稼働させる技術を取得する。 
 この技術によって、警備システムそのものを効率化できる。
 
 部品: 交代勤務
 複数のスタッフがシフトを組んで、警備業務を分担する技術を取得する。
 この技能によって、常駐警備体制を実現できる。
 この技能は、ホテルを24時間営業する場合にも応用できる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "警備システム(よんた版)",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "よんた版の特徴",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "よんた藩国民",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "法令遵守",
                 "description": "よんた藩国民は、藩国の法令を遵守する。 \nその代わりに藩国民は、制度化された公的な援助を藩国から受けられる。",
                 "part_type": "part",
                 "id": 381,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "就労年齢",
                 "description": "よんた藩国民は、青年以上が就労する。 \nこれは藩国の法令により、未成年者の就労が禁止されているからである。 \nまた、すでに就労している者も、老年以上になって体力が衰えると自主的に引退する。 \nこの制限によって、よんた藩国民は就労に必要な体力を習得する。 \nこの制限を維持するために藩国は、経済的に困窮した未成年者や引退者に対して公的な生活保障を制度化している。",
                 "part_type": "part",
                 "id": 385,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "初等教育",
                 "description": "よんた藩国民は、初等学校で読み書きや算術など基礎的な教育を6年間受ける。 \nこの6年間の教育によって、よんた藩国民は生活に必要な技能を習得する。 \n藩国では初等学校を公営している。 \n藩国は国民に対して広く門戸を開くために、学費の補助や返済不要の奨学金を制度化している。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "職業訓練",
                 "description": "よんた藩国民は自分が希望する職業に就労している家族や親戚から実地訓練を受けることが一般的だが、藩国は職業学校も公営している。 \nこの学校ではその職業の子弟以外でも、実地訓練を受けられる。 \nまたその職業の子弟も、より体系化された発展的な事務技能を習得できる。 \n藩国は国民に対して広く門戸を開くために、学費の補助や返済不要の奨学金を制度化している。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "警察由来",
             "description": "よんた藩国では、警察の退職者が民間の警備会社を設立したり、憲兵や警備兵のトレーナーとして軍に採用されたりすることが多い。\nこの特徴によって、警察や軍とのコネクションを取得する。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "警備システム",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "警備員",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "警備業務",
                 "description": "警備員は就労後、他の警備員から警備業務の実地訓練を2年間受ける。\nこの2年間の師事によって、警備員は警備業務に必要な技能を習得する。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "相貌認識",
                 "description": "顔と名前を覚える技術を習得する。\nこの技能は、指名手配犯を識別したり、ホテルマンが顧客を出迎えたりする場合にも応用できる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "荷物解析",
                 "description": "手に持ったときの音・重さ・感触などから、荷物の中身を解析する技術を習得する。\nこの技能は、ホテルマンが顧客の荷物を預かったり運んだりする場合にも応用できる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "偽造感知",
                 "description": "変装・身分証・サイン・貨幣など偽造を見破る技術を習得する。\nこの技能は、ホテルマンがフロントでチェックイン・チェックアウトする場合にも応用できる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "監視",
                 "description": "周囲の状況を観察して、不審者・不審物を発見する技術を習得する。\nこの技能は、ホテルマンが迷子や落とし物を見つけたりする場合にも応用できる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "整理整頓",
                 "description": "不要な物を処分したり、あるべき場所へ物を戻したりすることで、不審物を発見する技術を習得する。\nこの技能は、ホテルマンが部屋を清掃する場合にも応用できる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "鍵管理",
                 "description": "どの鍵でどの錠を開けられるのかを理解したり、鍵の紛失を防いだりする技術を習得する。\nこの技能は、ホテルマンがフロントで部屋の鍵を渡す場合にも応用できる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "連絡",
                 "description": "問題が発生したときに、電話・館内放送・無線などで関係各所へ連絡する技術を習得する。\nこの技能は、ホテルマンがモーニングコールをしたり、ロビーで呼び出しをしたりする場合にも応用できる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "防犯",
                 "description": "周囲に安心感を与えながら、警備の存在をアピールする技術を習得する。\nこの技能は、ホテルマンが制服を着こなす場合にも応用できる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "構造把握",
                 "description": "施設の構造や配置を把握する技術を習得する。\nこの技能は、ホテルマンがエレベーターやトイレを案内する場合にも応用できる。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": false
           },
           {
             "title": "警備員保護",
             "description": "警備員の酷使はその安全と安心を低下させて、警備業務の安定性を失ってしまう。 \nこのため、警備員の酷使は藩国の法令で禁止されている。 \nこの制限によって、警備業務の安定性を習得する。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "防災",
             "description": "災害時の被害を減らす技術を習得する。\nこの技術は、ホテルのガラスを強化したり、非常口を確保したりする場合にも応用できる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "機械",
             "description": "エネルギーを利用して、警備業務に使用する機械を稼働させる技術を取得する。 \nこの技術によって、警備システムそのものを効率化できる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "交代勤務",
             "description": "複数のスタッフがシフトを組んで、警備業務を分担する技術を取得する。\nこの技能によって、常駐警備体制を実現できる。\nこの技能は、ホテルを24時間営業する場合にも応用できる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]