※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: ようこそよんた藩国へ RD:8 評価値:5
    • 大部品: 入出国 RD:4 評価値:3
      • 部品: いらっしゃいませ
      • 部品: お荷物をお預かりいたしましょう
      • 部品: お待たせいたしました
      • 部品: どうなさいました?
    • 大部品: 藩国ガイド RD:4 評価値:3
      • 部品: ことば
      • 部品: お金
      • 部品: 宿屋
      • 部品: よんた饅



部品定義


部品: いらっしゃいませ

外国とつながっている道路、港、空港、駅などにはウェルカムゲートが置かれており、そこではスタッフがゲストを暖かく歓迎します。スタッフはゲストの名前と顔をよく覚えており、何度もウェルカムゲートを利用するゲストは親しげに話しかけられます。しかし過去にトラブルを起こした、またはこれから起こしそうなゲストは、望ましくないゲストとして入出国を断られます。

部品: お荷物をお預かりいたしましょう

ウェルカムゲートでゲストの荷物をスタッフが丁寧に確認します。禁止されている品物を密かに持ち出し・持ち込みしようとしたゲストは、望ましくないゲストとして入出国を断られます。

部品: お待たせいたしました

ウェルカムゲートでパスポート・入出国の目的・滞在期間などをスタッフが確認して、ゲストは晴れて入出国できます。また入国のときはここで、ゲストや荷物の入国料も藩国へ支払われます。入出国の目的や滞在期間が好ましくなかったり、スタッフの確認をごまかそうとしたりするゲストは、望ましくないゲストとして入出国を断られます。

部品: どうなさいました?

スタッフはゲストに対して常に気を配っており、ゲストが病気だったときは、ウェルカムゲートに併設された病院へそのまま送り届けられます。またウェルカムゲートを利用しないで入出国しようとするゲストに対しても同様で、そうしたゲストは望ましくないゲストとして入出国を断られます。

部品: ことば

帝國共通語と同じ言語が藩国内の共通語として使用されており、観光程度の滞在ならば問題ありません。ただし方言化しており、藩国を訪れるゲストが藩国内で就労しようとするときは1年間の言語学習が必要です。

部品: お金

帝国共通通貨であるわんわんが使用されていますが、藩国独自デザインの貨幣も発行されて流通しています。ウェルカムゲートに併設された銀行へ手数料を支払えば、藩国を訪れるゲストは藩国独自デザインの貨幣とそれ以外の貨幣を両替してもらえます。

部品: 宿屋

藩国を訪れるゲストは身分証の提示を宿泊施設で求められます。その代わりに地図やニュースなど親身な案内を宿泊施設から受けられます。

部品: よんた饅

藩国を訪れるゲストに対して、藩国民は山ほど盛ったよんた饅を「必ず」薦めてきます。それはゲストを家に招いて一緒に食事をしたがる、北国人としての性(さが)なのです。またよんた饅は長期保存もできるので、残るのが前提でたくさん出されますし、残しても決して怒られません。しかしこれを知らないゲストは、残しては申し訳ないと無理をして食べ過ぎてしまい、お腹を壊してしまいがちです。こうした食生活の違いは観光などの短期滞在では問題になりませんが、藩国内に居住して生活しようとする場合、1年間はよんた饅を食べ続ける必要があります。



提出書式


 大部品: ようこそよんた藩国へ RD:8 評価値:5
 -大部品: 入出国 RD:4 評価値:3
 --部品: いらっしゃいませ
 --部品: お荷物をお預かりいたしましょう
 --部品: お待たせいたしました
 --部品: どうなさいました?
 -大部品: 藩国ガイド RD:4 評価値:3
 --部品: ことば
 --部品: お金
 --部品: 宿屋
 --部品: よんた饅
 
 
 部品: いらっしゃいませ
 外国とつながっている道路、港、空港、駅などにはウェルカムゲートが置かれており、そこではスタッフがゲストを暖かく歓迎します。スタッフはゲストの名前と顔をよく覚えており、何度もウェルカムゲートを利用するゲストは親しげに話しかけられます。しかし過去にトラブルを起こした、またはこれから起こしそうなゲストは、望ましくないゲストとして入出国を断られます。
 
 部品: お荷物をお預かりいたしましょう
 ウェルカムゲートでゲストの荷物をスタッフが丁寧に確認します。禁止されている品物を密かに持ち出し・持ち込みしようとしたゲストは、望ましくないゲストとして入出国を断られます。
 
 部品: お待たせいたしました
 ウェルカムゲートでパスポート・入出国の目的・滞在期間などをスタッフが確認して、ゲストは晴れて入出国できます。また入国のときはここで、ゲストや荷物の入国料も藩国へ支払われます。入出国の目的や滞在期間が好ましくなかったり、スタッフの確認をごまかそうとしたりするゲストは、望ましくないゲストとして入出国を断られます。
 
 部品: どうなさいました?
 スタッフはゲストに対して常に気を配っており、ゲストが病気だったときは、ウェルカムゲートに併設された病院へそのまま送り届けられます。またウェルカムゲートを利用しないで入出国しようとするゲストに対しても同様で、そうしたゲストは望ましくないゲストとして入出国を断られます。
 
 部品: ことば
 帝國共通語と同じ言語が藩国内の共通語として使用されており、観光程度の滞在ならば問題ありません。ただし方言化しており、藩国を訪れるゲストが藩国内で就労しようとするときは1年間の言語学習が必要です。
 
 部品: お金
 帝国共通通貨であるわんわんが使用されていますが、藩国独自デザインの貨幣も発行されて流通しています。ウェルカムゲートに併設された銀行へ手数料を支払えば、藩国を訪れるゲストは藩国独自デザインの貨幣とそれ以外の貨幣を両替してもらえます。
 
 部品: 宿屋
 藩国を訪れるゲストは身分証の提示を宿泊施設で求められます。その代わりに地図やニュースなど親身な案内を宿泊施設から受けられます。
 
 部品: よんた饅
 藩国を訪れるゲストに対して、藩国民は山ほど盛ったよんた饅を「必ず」薦めてきます。それはゲストを家に招いて一緒に食事をしたがる、北国人としての性(さが)なのです。またよんた饅は長期保存もできるので、残るのが前提でたくさん出されますし、残しても決して怒られません。しかしこれを知らないゲストは、残しては申し訳ないと無理をして食べ過ぎてしまい、お腹を壊してしまいがちです。こうした食生活の違いは観光などの短期滞在では問題になりませんが、藩国内に居住して生活しようとする場合、1年間はよんた饅を食べ続ける必要があります。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "ようこそよんた藩国へ",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "入出国",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "いらっしゃいませ",
             "part_type": "part",
             "description": "外国とつながっている道路、港、空港、駅などにはウェルカムゲートが置かれており、そこではスタッフがゲストを暖かく歓迎します。スタッフはゲストの名前と顔をよく覚えており、何度もウェルカムゲートを利用するゲストは親しげに話しかけられます。しかし過去にトラブルを起こした、またはこれから起こしそうなゲストは、望ましくないゲストとして入出国を断られます。",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "お荷物をお預かりいたしましょう",
             "part_type": "part",
             "description": "ウェルカムゲートでゲストの荷物をスタッフが丁寧に確認します。禁止されている品物を密かに持ち出し・持ち込みしようとしたゲストは、望ましくないゲストとして入出国を断られます。",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "お待たせいたしました",
             "part_type": "part",
             "description": "ウェルカムゲートでパスポート・入出国の目的・滞在期間などをスタッフが確認して、ゲストは晴れて入出国できます。また入国のときはここで、ゲストや荷物の入国料も藩国へ支払われます。入出国の目的や滞在期間が好ましくなかったり、スタッフの確認をごまかそうとしたりするゲストは、望ましくないゲストとして入出国を断られます。",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "どうなさいました?",
             "part_type": "part",
             "description": "スタッフはゲストに対して常に気を配っており、ゲストが病気だったときは、ウェルカムゲートに併設された病院へそのまま送り届けられます。またウェルカムゲートを利用しないで入出国しようとするゲストに対しても同様で、そうしたゲストは望ましくないゲストとして入出国を断られます。",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "藩国ガイド",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "ことば",
             "part_type": "part",
             "description": "帝國共通語と同じ言語が藩国内の共通語として使用されており、観光程度の滞在ならば問題ありません。ただし方言化しており、藩国を訪れるゲストが藩国内で就労しようとするときは1年間の言語学習が必要です。",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "お金",
             "part_type": "part",
             "description": "帝国共通通貨であるわんわんが使用されていますが、藩国独自デザインの貨幣も発行されて流通しています。ウェルカムゲートに併設された銀行へ手数料を支払えば、藩国を訪れるゲストは藩国独自デザインの貨幣とそれ以外の貨幣を両替してもらえます。",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "宿屋",
             "part_type": "part",
             "description": "藩国を訪れるゲストは身分証の提示を宿泊施設で求められます。その代わりに地図やニュースなど親身な案内を宿泊施設から受けられます。",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "よんた饅",
             "description": "藩国を訪れるゲストに対して、藩国民は山ほど盛ったよんた饅を「必ず」薦めてきます。それはゲストを家に招いて一緒に食事をしたがる、北国人としての性(さが)なのです。またよんた饅は長期保存もできるので、残るのが前提でたくさん出されますし、残しても決して怒られません。しかしこれを知らないゲストは、残しては申し訳ないと無理をして食べ過ぎてしまい、お腹を壊してしまいがちです。こうした食生活の違いは観光などの短期滞在では問題になりませんが、藩国内に居住して生活しようとする場合、1年間はよんた饅を食べ続ける必要があります。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]