※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼梧藩国より蒼梧通信を流用させていただきました

部品構造


  • 大部品: 蒼梧通信よんた支部 RD:30 評価値:8
    • 大部品: 蒼梧通信 RD:27 評価値:8
      • 大部品: 蒼梧通信の来歴 RD:4 評価値:3
        • 部品: 蒼梧通信の創設
        • 部品: 蒼梧通信の発展
        • 部品: 騎士:菊岡緑次郎(T20設定国民)
        • 部品: 蒼梧通信の所在地
      • 大部品: 蒼梧通信の業務 RD:4 評価値:3
        • 部品: 取材活動
        • 部品: 加盟各社への配信
        • 部品: 記事の集積
        • 部品: 写真の保存
      • 大部品: 蒼梧通信と藩国政府との関係 RD:4 評価値:3
        • 部品: 資本関係
        • 部品: 報道姿勢
        • 部品: 藩国政府との絆がもたらす利益
        • 部品: 定期会議
      • 大部品: 蒼梧通信の特徴 RD:5 評価値:3
        • 部品: 記者の天国
        • 部品: 蒼梧通信の福利厚生
        • 部品: 充実の社食
        • 部品: 独立する記者たち
        • 部品: OBからの情報
      • 大部品: 通信社 RD:10 評価値:5
        • 大部品: 概要 RD:6 評価値:4
          • 部品: 役割
          • 部品: 種類
          • 部品: 設立形態
          • 大部品: 存在基盤 RD:3 評価値:2
            • 部品: 成り立ち
            • 部品: 報道機関と通信社の関係
            • 部品: ニュースの卸問屋
        • 大部品: 主なサービス RD:4 評価値:3
          • 部品: 加盟社への記事配信業務
          • 部品: データベースサービス
          • 部品: 情報・記事購入
          • 部品: 写真等の提供
    • 大部品: よんた支部 RD:3 評価値:2
      • 部品: 支部を開いた経緯
      • 部品: 騎士・沖尾なすしろう(T20設定国民)
      • 部品: 蒼梧通信よんた支部の所在地



部品定義


部品: 蒼梧通信の創設

内戦終結後、国内復興にとりかかった蒼梧藩国の課題のひとつに、情報インフラの整備があった。この基幹となる通信社の設立が犬森より発議され、平林藩王の承認を経て、藩国政府の出資で蒼梧通信が設立される運びとなった。

部品: 蒼梧通信の発展

情報に飢えていた国民たちのニーズに合致する形で、各メディアが配信契約を締結、蒼梧通信は順調に発展していった。

部品: 騎士:菊岡緑次郎(T20設定国民)

蒼梧通信の社主は騎士に任じられる。現在の社主は、天啓府出身の菊岡緑次郎が務める。緑次郎は記者から叩き上げで社主に上り詰めた人物で、現役記者時代は粘り強い取材力に定評があった。

部品: 蒼梧通信の所在地

蒼梧通信の本社は、天啓府市街地、藩国政庁から徒歩で行ける場所にある。ビル自体は若干古いが、それと記事のクオリティは関係がないというのが社員たちの誇りである。

部品: 取材活動

蒼梧通信は国内各地、帝國各国に記者(国外の場合は特派員と呼ぶ)を派遣し、取材を行う。記者たちは取材内容をまとめて本社に送信する。

部品: 加盟各社への配信

本社に送られた記事は、デスク等の責任者によってチェックが行われ、場合によっては修正の上、加盟各社に配信される。加盟社は新聞社・テレビ局・ラジオ局・出版社などである。

部品: 記事の集積

日々配信される膨大な記事を集積するのも業務の一環である。加盟社によって報道されなかった記事でも、配信実績のあるものはすべてストックし、データとして活用される。

部品: 写真の保存

取材時に撮影された写真類も、すべて保存されている。こちらも実際にメディアにのらなかったものも保存対象となる。書籍等への掲載についての貸し出しも有料で許可されており、データ集積・管理コストの補填にあてられている。

部品: 資本関係

蒼梧通信は藩国政府の出資によって設立されたため、現在でも藩国政府との関係が深く、準国営通信社とみなされている。

部品: 報道姿勢

藩国政府との関係は深いが、平林藩王は過去の失政から忌憚のない報道を求めており、記者たちも記者魂に則って、藩国内の悪いニュースも恐れずに取材・報道を行っている。

部品: 藩国政府との絆がもたらす利益

藩国政府との連絡が緊密なため、災害や事件、事故の情報をいち早く配信することができる。これらは藩国民の利益となっている。

部品: 定期会議

藩国政府との間で定期的な会議開催され、情報共有が行われている。この会議には、重大な別件がなければ平林藩王、執政戸田のいずれかが出席し、希望すれば他の国民も参加できる。

部品: 記者の天国

蒼梧通信の記者たちは、蒼梧通信の社風によって、自らの記者魂に則った自由な取材を行うことができる。先輩記者から時に厳しい指導もあるが、本気で仕事をしたい記者たちにとっては天国と言われている。

部品: 蒼梧通信の福利厚生

準国営ということもあり、住宅・通勤手当・有給制度をはじめとする福利厚生が充実している。ただし、記者の多くは有給どころか所定の休日にすら休まない者が多く、創業時から悩みの種となっている。しかし、年一回の定期健康診断だけは、引きずってでも全記者に受診させるよう、管理職には厳命が下っている。

部品: 充実の社食

記者は夜討ち朝駆けが当たり前のタフな仕事である。深夜まで原稿執筆の追われることも多い。そんな彼らのために、社食は三交代24時間営業となっており、新鮮な素材を使った栄養豊富な料理を、安価にいつでも食べることができる。

部品: 独立する記者たち

蒼梧通信の記者たちの実力は他国にも知れ渡っているほどで、敏腕記者の中には独立していく者もいる。フリーのルポライターになるものや、特派員として派遣された先に惚れ込んで定住するものなど、身の振り方は様々である。

部品: OBからの情報

独立した記者たちも、ほとんどは蒼梧通信との交流が途絶えることはない。そのため、自然と各地からの情報が集まり、取材活動によい影響を与えている。

部品: 役割

報道機関や民間企業の需要にこたえて一般向けニュース(ゼネラル・ニュース)や
経済・金融情報(コマーシャル・ニュース)の収集、配信を行う組織である。

部品: 種類

国内通信社、国際通信社、専門通信社と概ね三種類に分けられる。
それぞれの名前の表す通り、各分野に分かれ特化するか広く浅くなるため潰し合うことは少ない。

部品: 設立形態

営利を目的とした会社法人と、報道機関が共同出資した組合法人、半国営企業の外観を備えた国家機関に三分できる。

部品: 成り立ち

外国や地方のニュースなどを独自に購入したり
外国や地方に特派員を派遣する費用を負担できない新聞社を支えるものとして
通信社は生まれ、多数の報道機関に採用されていくにつれ報道全体への影響力を増した。

部品: 報道機関と通信社の関係

「需要側の報道機関と供給側の通信社」の関係が存在する。
逆に言えば、通信社が内信・外信を維持していく為には報道機関の支えが必要である。
多くの新聞社は費用を分担して運営する新聞組合主義の通信社に加盟しているが、特殊な分野では独立系通信社も存在する。
報道機関は政治的、地理的な理由からも通信社と契約している。

部品: ニュースの卸問屋

テレビ番組や新聞紙面の外信が通信社の配給ニュースから構成されることなどから、「ニュースの卸問屋」と呼ばれる場合がある。世界や国内のニュースを収集するだけでなく、報道機関が取材したニュースを世界や国内に発信するも果たす。

部品: 加盟社への記事配信業務

自らが取材したニュース、社説および一部の加盟社が取材したニュースなどを
加盟社である全国の新聞社、契約社である放送局に配信する。

部品: データベースサービス

各分野または専門的に集積した情報を蓄積、分析した情報を提供するサービス。
写真や映像。絵などの情報媒体の蓄積も行われる。

部品: 情報・記事購入

フリー記者や報道機関と連携し、国内外を取材し、報道する情報・記事の買い取りを行う。
その様に買取を行われた記事にはクレジットを付け記者と報道機関の広告も兼ねる。

部品: 写真等の提供

通信社が権利を持つ報道写真を、再使用料を受け取って、放送局や出版社等に提供するサービスも行っている。再使用に際しては、適切な使用であるか審査を行い、クレジットの表記が義務づけられる。

部品: 支部を開いた経緯

蒼梧藩国での通信社の噂はよんた藩国にも届いていた。支部を募集していると聞きこれは好機とよんた藩王が名乗り出た事によりよんた藩国でも設立される。

部品: 騎士・沖尾なすしろう(T20設定国民)

以前メードガイの職業もしていたキビキビとしたよんた藩国民の男性。いたって真面目な紳士で仕事も黙々とこなしていくと評判である。

部品: 蒼梧通信よんた支部の所在地

蒼梧通信よんた支部は商業区にあり、そこからよんた藩国全土へ配信を行っている。近くに美味しいお店やさんもあるので働いている人はランチによく利用している。



提出書式


 大部品: 蒼梧通信よんた支部 RD:30 評価値:8
 -大部品: 蒼梧通信 RD:27 評価値:8
 --大部品: 蒼梧通信の来歴 RD:4 評価値:3
 ---部品: 蒼梧通信の創設
 ---部品: 蒼梧通信の発展
 ---部品: 騎士:菊岡緑次郎(T20設定国民)
 ---部品: 蒼梧通信の所在地
 --大部品: 蒼梧通信の業務 RD:4 評価値:3
 ---部品: 取材活動
 ---部品: 加盟各社への配信
 ---部品: 記事の集積
 ---部品: 写真の保存
 --大部品: 蒼梧通信と藩国政府との関係 RD:4 評価値:3
 ---部品: 資本関係
 ---部品: 報道姿勢
 ---部品: 藩国政府との絆がもたらす利益
 ---部品: 定期会議
 --大部品: 蒼梧通信の特徴 RD:5 評価値:3
 ---部品: 記者の天国
 ---部品: 蒼梧通信の福利厚生
 ---部品: 充実の社食
 ---部品: 独立する記者たち
 ---部品: OBからの情報
 --大部品: 通信社 RD:10 評価値:5
 ---大部品: 概要 RD:6 評価値:4
 ----部品: 役割
 ----部品: 種類
 ----部品: 設立形態
 ----大部品: 存在基盤 RD:3 評価値:2
 -----部品: 成り立ち
 -----部品: 報道機関と通信社の関係
 -----部品: ニュースの卸問屋
 ---大部品: 主なサービス RD:4 評価値:3
 ----部品: 加盟社への記事配信業務
 ----部品: データベースサービス
 ----部品: 情報・記事購入
 ----部品: 写真等の提供
 -大部品: よんた支部 RD:3 評価値:2
 --部品: 支部を開いた経緯
 --部品: 騎士・沖尾なすしろう(T20設定国民)
 --部品: 蒼梧通信よんた支部の所在地
 
 
 部品: 蒼梧通信の創設
 内戦終結後、国内復興にとりかかった蒼梧藩国の課題のひとつに、情報インフラの整備があった。この基幹となる通信社の設立が犬森より発議され、平林藩王の承認を経て、藩国政府の出資で蒼梧通信が設立される運びとなった。
 
 部品: 蒼梧通信の発展
 情報に飢えていた国民たちのニーズに合致する形で、各メディアが配信契約を締結、蒼梧通信は順調に発展していった。
 
 部品: 騎士:菊岡緑次郎(T20設定国民)
 蒼梧通信の社主は騎士に任じられる。現在の社主は、天啓府出身の菊岡緑次郎が務める。緑次郎は記者から叩き上げで社主に上り詰めた人物で、現役記者時代は粘り強い取材力に定評があった。
 
 部品: 蒼梧通信の所在地
 蒼梧通信の本社は、天啓府市街地、藩国政庁から徒歩で行ける場所にある。ビル自体は若干古いが、それと記事のクオリティは関係がないというのが社員たちの誇りである。
 
 部品: 取材活動
 蒼梧通信は国内各地、帝國各国に記者(国外の場合は特派員と呼ぶ)を派遣し、取材を行う。記者たちは取材内容をまとめて本社に送信する。
 
 部品: 加盟各社への配信
 本社に送られた記事は、デスク等の責任者によってチェックが行われ、場合によっては修正の上、加盟各社に配信される。加盟社は新聞社・テレビ局・ラジオ局・出版社などである。
 
 部品: 記事の集積
 日々配信される膨大な記事を集積するのも業務の一環である。加盟社によって報道されなかった記事でも、配信実績のあるものはすべてストックし、データとして活用される。
 
 部品: 写真の保存
 取材時に撮影された写真類も、すべて保存されている。こちらも実際にメディアにのらなかったものも保存対象となる。書籍等への掲載についての貸し出しも有料で許可されており、データ集積・管理コストの補填にあてられている。
 
 部品: 資本関係
 蒼梧通信は藩国政府の出資によって設立されたため、現在でも藩国政府との関係が深く、準国営通信社とみなされている。
 
 部品: 報道姿勢
 藩国政府との関係は深いが、平林藩王は過去の失政から忌憚のない報道を求めており、記者たちも記者魂に則って、藩国内の悪いニュースも恐れずに取材・報道を行っている。
 
 部品: 藩国政府との絆がもたらす利益
 藩国政府との連絡が緊密なため、災害や事件、事故の情報をいち早く配信することができる。これらは藩国民の利益となっている。
 
 部品: 定期会議
 藩国政府との間で定期的な会議開催され、情報共有が行われている。この会議には、重大な別件がなければ平林藩王、執政戸田のいずれかが出席し、希望すれば他の国民も参加できる。
 
 部品: 記者の天国
 蒼梧通信の記者たちは、蒼梧通信の社風によって、自らの記者魂に則った自由な取材を行うことができる。先輩記者から時に厳しい指導もあるが、本気で仕事をしたい記者たちにとっては天国と言われている。
 
 部品: 蒼梧通信の福利厚生
 準国営ということもあり、住宅・通勤手当・有給制度をはじめとする福利厚生が充実している。ただし、記者の多くは有給どころか所定の休日にすら休まない者が多く、創業時から悩みの種となっている。しかし、年一回の定期健康診断だけは、引きずってでも全記者に受診させるよう、管理職には厳命が下っている。
 
 部品: 充実の社食
 記者は夜討ち朝駆けが当たり前のタフな仕事である。深夜まで原稿執筆の追われることも多い。そんな彼らのために、社食は三交代24時間営業となっており、新鮮な素材を使った栄養豊富な料理を、安価にいつでも食べることができる。
 
 部品: 独立する記者たち
 蒼梧通信の記者たちの実力は他国にも知れ渡っているほどで、敏腕記者の中には独立していく者もいる。フリーのルポライターになるものや、特派員として派遣された先に惚れ込んで定住するものなど、身の振り方は様々である。
 
 部品: OBからの情報
 独立した記者たちも、ほとんどは蒼梧通信との交流が途絶えることはない。そのため、自然と各地からの情報が集まり、取材活動によい影響を与えている。
 
 部品: 役割
 報道機関や民間企業の需要にこたえて一般向けニュース(ゼネラル・ニュース)や
 経済・金融情報(コマーシャル・ニュース)の収集、配信を行う組織である。
 
 部品: 種類
 国内通信社、国際通信社、専門通信社と概ね三種類に分けられる。
 それぞれの名前の表す通り、各分野に分かれ特化するか広く浅くなるため潰し合うことは少ない。
 
 部品: 設立形態
 営利を目的とした会社法人と、報道機関が共同出資した組合法人、半国営企業の外観を備えた国家機関に三分できる。
 
 部品: 成り立ち
 外国や地方のニュースなどを独自に購入したり
 外国や地方に特派員を派遣する費用を負担できない新聞社を支えるものとして
 通信社は生まれ、多数の報道機関に採用されていくにつれ報道全体への影響力を増した。
 
 部品: 報道機関と通信社の関係
 「需要側の報道機関と供給側の通信社」の関係が存在する。
 逆に言えば、通信社が内信・外信を維持していく為には報道機関の支えが必要である。
 多くの新聞社は費用を分担して運営する新聞組合主義の通信社に加盟しているが、特殊な分野では独立系通信社も存在する。
 報道機関は政治的、地理的な理由からも通信社と契約している。
 
 部品: ニュースの卸問屋
 テレビ番組や新聞紙面の外信が通信社の配給ニュースから構成されることなどから、「ニュースの卸問屋」と呼ばれる場合がある。世界や国内のニュースを収集するだけでなく、報道機関が取材したニュースを世界や国内に発信するも果たす。
 
 部品: 加盟社への記事配信業務
 自らが取材したニュース、社説および一部の加盟社が取材したニュースなどを
 加盟社である全国の新聞社、契約社である放送局に配信する。
 
 部品: データベースサービス
 各分野または専門的に集積した情報を蓄積、分析した情報を提供するサービス。
 写真や映像。絵などの情報媒体の蓄積も行われる。
 
 部品: 情報・記事購入
 フリー記者や報道機関と連携し、国内外を取材し、報道する情報・記事の買い取りを行う。
 その様に買取を行われた記事にはクレジットを付け記者と報道機関の広告も兼ねる。
 
 部品: 写真等の提供
 通信社が権利を持つ報道写真を、再使用料を受け取って、放送局や出版社等に提供するサービスも行っている。再使用に際しては、適切な使用であるか審査を行い、クレジットの表記が義務づけられる。
 
 部品: 支部を開いた経緯
 蒼梧藩国での通信社の噂はよんた藩国にも届いていた。支部を募集していると聞きこれは好機とよんた藩王が名乗り出た事によりよんた藩国でも設立される。
 
 部品: 騎士・沖尾なすしろう(T20設定国民)
 以前メードガイの職業もしていたキビキビとしたよんた藩国民の男性。いたって真面目な紳士で仕事も黙々とこなしていくと評判である。
 
 部品: 蒼梧通信よんた支部の所在地
 蒼梧通信よんた支部は商業区にあり、そこからよんた藩国全土へ配信を行っている。近くに美味しいお店やさんもあるので働いている人はランチによく利用している。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "蒼梧通信よんた支部",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "id": 78656,
         "title": "蒼梧通信",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-26 16:05:04.468248",
         "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.468248",
         "children": [
           {
             "id": 78657,
             "title": "蒼梧通信の来歴",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-26 16:05:04.480393",
             "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.480393",
             "children": [
               {
                 "id": 78658,
                 "title": "蒼梧通信の創設",
                 "description": "内戦終結後、国内復興にとりかかった蒼梧藩国の課題のひとつに、情報インフラの整備があった。この基幹となる通信社の設立が犬森より発議され、平林藩王の承認を経て、藩国政府の出資で蒼梧通信が設立される運びとなった。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.481552",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.481552",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               },
               {
                 "id": 78659,
                 "title": "蒼梧通信の発展",
                 "description": "情報に飢えていた国民たちのニーズに合致する形で、各メディアが配信契約を締結、蒼梧通信は順調に発展していった。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.509172",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.509172",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               },
               {
                 "id": 78660,
                 "title": "騎士:菊岡緑次郎(T20設定国民)",
                 "description": "蒼梧通信の社主は騎士に任じられる。現在の社主は、天啓府出身の菊岡緑次郎が務める。緑次郎は記者から叩き上げで社主に上り詰めた人物で、現役記者時代は粘り強い取材力に定評があった。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.552188",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.552188",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               },
               {
                 "id": 78661,
                 "title": "蒼梧通信の所在地",
                 "description": "蒼梧通信の本社は、天啓府市街地、藩国政庁から徒歩で行ける場所にある。ビル自体は若干古いが、それと記事のクオリティは関係がないというのが社員たちの誇りである。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.578161",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.578161",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1943,
               "name": "平林"
             },
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 78662,
             "title": "蒼梧通信の業務",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-26 16:05:04.637629",
             "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.637629",
             "children": [
               {
                 "id": 78663,
                 "title": "取材活動",
                 "description": "蒼梧通信は国内各地、帝國各国に記者(国外の場合は特派員と呼ぶ)を派遣し、取材を行う。記者たちは取材内容をまとめて本社に送信する。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.639543",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.639543",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               },
               {
                 "id": 78664,
                 "title": "加盟各社への配信",
                 "description": "本社に送られた記事は、デスク等の責任者によってチェックが行われ、場合によっては修正の上、加盟各社に配信される。加盟社は新聞社・テレビ局・ラジオ局・出版社などである。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.669888",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.669888",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               },
               {
                 "id": 78665,
                 "title": "記事の集積",
                 "description": "日々配信される膨大な記事を集積するのも業務の一環である。加盟社によって報道されなかった記事でも、配信実績のあるものはすべてストックし、データとして活用される。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.703741",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.703741",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               },
               {
                 "id": 78666,
                 "title": "写真の保存",
                 "description": "取材時に撮影された写真類も、すべて保存されている。こちらも実際にメディアにのらなかったものも保存対象となる。書籍等への掲載についての貸し出しも有料で許可されており、データ集積・管理コストの補填にあてられている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.72767",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.72767",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1943,
               "name": "平林"
             },
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 78667,
             "title": "蒼梧通信と藩国政府との関係",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-26 16:05:04.783027",
             "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.783027",
             "children": [
               {
                 "id": 78668,
                 "title": "資本関係",
                 "description": "蒼梧通信は藩国政府の出資によって設立されたため、現在でも藩国政府との関係が深く、準国営通信社とみなされている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.784402",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.784402",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               },
               {
                 "id": 78669,
                 "title": "報道姿勢",
                 "description": "藩国政府との関係は深いが、平林藩王は過去の失政から忌憚のない報道を求めており、記者たちも記者魂に則って、藩国内の悪いニュースも恐れずに取材・報道を行っている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.806291",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.806291",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               },
               {
                 "id": 78670,
                 "title": "藩国政府との絆がもたらす利益",
                 "description": "藩国政府との連絡が緊密なため、災害や事件、事故の情報をいち早く配信することができる。これらは藩国民の利益となっている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.824893",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.824893",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               },
               {
                 "id": 78671,
                 "title": "定期会議",
                 "description": "藩国政府との間で定期的な会議開催され、情報共有が行われている。この会議には、重大な別件がなければ平林藩王、執政戸田のいずれかが出席し、希望すれば他の国民も参加できる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.848227",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.848227",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1943,
               "name": "平林"
             },
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 78672,
             "title": "蒼梧通信の特徴",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-26 16:05:04.890666",
             "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.890666",
             "children": [
               {
                 "id": 78673,
                 "title": "記者の天国",
                 "description": "蒼梧通信の記者たちは、蒼梧通信の社風によって、自らの記者魂に則った自由な取材を行うことができる。先輩記者から時に厳しい指導もあるが、本気で仕事をしたい記者たちにとっては天国と言われている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.891727",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.891727",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               },
               {
                 "id": 78674,
                 "title": "蒼梧通信の福利厚生",
                 "description": "準国営ということもあり、住宅・通勤手当・有給制度をはじめとする福利厚生が充実している。ただし、記者の多くは有給どころか所定の休日にすら休まない者が多く、創業時から悩みの種となっている。しかし、年一回の定期健康診断だけは、引きずってでも全記者に受診させるよう、管理職には厳命が下っている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.914146",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.914146",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               },
               {
                 "id": 78675,
                 "title": "充実の社食",
                 "description": "記者は夜討ち朝駆けが当たり前のタフな仕事である。深夜まで原稿執筆の追われることも多い。そんな彼らのために、社食は三交代24時間営業となっており、新鮮な素材を使った栄養豊富な料理を、安価にいつでも食べることができる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.932136",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.932136",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               },
               {
                 "id": 78676,
                 "title": "独立する記者たち",
                 "description": "蒼梧通信の記者たちの実力は他国にも知れ渡っているほどで、敏腕記者の中には独立していく者もいる。フリーのルポライターになるものや、特派員として派遣された先に惚れ込んで定住するものなど、身の振り方は様々である。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.953335",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.953335",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               },
               {
                 "id": 78677,
                 "title": "OBからの情報",
                 "description": "独立した記者たちも、ほとんどは蒼梧通信との交流が途絶えることはない。そのため、自然と各地からの情報が集まり、取材活動によい影響を与えている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-26 16:05:04.979288",
                 "updated_at": "2017-08-26 16:05:04.979288",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1943,
                   "name": "平林"
                 }
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1943,
               "name": "平林"
             },
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 33331,
             "title": "通信社",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-22 12:23:53.14091",
             "updated_at": "2017-08-22 12:23:53.14091",
             "children": [
               {
                 "id": 33332,
                 "title": "概要",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-22 12:23:53.152113",
                 "updated_at": "2017-08-22 12:23:53.152113",
                 "children": [
                   {
                     "id": 33333,
                     "title": "役割",
                     "description": "報道機関や民間企業の需要にこたえて一般向けニュース(ゼネラル・ニュース)や\n経済・金融情報(コマーシャル・ニュース)の収集、配信を行う組織である。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-22 12:23:53.153415",
                     "updated_at": "2017-08-22 12:23:53.153415",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1947,
                       "name": "犬森"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 33334,
                     "title": "種類",
                     "description": "国内通信社、国際通信社、専門通信社と概ね三種類に分けられる。\nそれぞれの名前の表す通り、各分野に分かれ特化するか広く浅くなるため潰し合うことは少ない。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-22 12:23:53.177479",
                     "updated_at": "2017-08-22 12:23:53.177479",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1947,
                       "name": "犬森"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 33335,
                     "title": "設立形態",
                     "description": "営利を目的とした会社法人と、報道機関が共同出資した組合法人、半国営企業の外観を備えた国家機関に三分できる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-22 12:23:53.194892",
                     "updated_at": "2017-08-22 12:23:53.194892",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1947,
                       "name": "犬森"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 33336,
                     "title": "存在基盤",
                     "description": null,
                     "part_type": "group",
                     "created_at": "2017-08-22 12:23:53.212105",
                     "updated_at": "2017-08-22 12:23:53.212105",
                     "children": [
                       {
                         "id": 33337,
                         "title": "成り立ち",
                         "description": "外国や地方のニュースなどを独自に購入したり\n外国や地方に特派員を派遣する費用を負担できない新聞社を支えるものとして\n通信社は生まれ、多数の報道機関に採用されていくにつれ報道全体への影響力を増した。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-22 12:23:53.213399",
                         "updated_at": "2017-08-22 12:23:53.213399",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 1947,
                           "name": "犬森"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 33338,
                         "title": "報道機関と通信社の関係",
                         "description": "「需要側の報道機関と供給側の通信社」の関係が存在する。\n逆に言えば、通信社が内信・外信を維持していく為には報道機関の支えが必要である。\n多くの新聞社は費用を分担して運営する新聞組合主義の通信社に加盟しているが、特殊な分野では独立系通信社も存在する。\n報道機関は政治的、地理的な理由からも通信社と契約している。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-22 12:23:53.238886",
                         "updated_at": "2017-08-22 12:23:53.238886",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 1947,
                           "name": "犬森"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 33339,
                         "title": "ニュースの卸問屋",
                         "description": "テレビ番組や新聞紙面の外信が通信社の配給ニュースから構成されることなどから、「ニュースの卸問屋」と呼ばれる場合がある。世界や国内のニュースを収集するだけでなく、報道機関が取材したニュースを世界や国内に発信するも果たす。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-22 12:23:53.256986",
                         "updated_at": "2017-08-22 12:23:53.256986",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 1947,
                           "name": "犬森"
                         }
                       }
                     ],
                     "character": {
                       "id": 1947,
                       "name": "犬森"
                     },
                     "expanded": true
                   }
                 ],
                 "character": {
                   "id": 1947,
                   "name": "犬森"
                 },
                 "expanded": true
               },
               {
                 "id": 33340,
                 "title": "主なサービス",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-22 12:23:53.319976",
                 "updated_at": "2017-08-22 12:23:53.319976",
                 "children": [
                   {
                     "id": 33341,
                     "title": "加盟社への記事配信業務",
                     "description": "自らが取材したニュース、社説および一部の加盟社が取材したニュースなどを\n加盟社である全国の新聞社、契約社である放送局に配信する。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-22 12:23:53.321471",
                     "updated_at": "2017-08-22 12:23:53.321471",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1947,
                       "name": "犬森"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 33342,
                     "title": "データベースサービス",
                     "description": "各分野または専門的に集積した情報を蓄積、分析した情報を提供するサービス。\n写真や映像。絵などの情報媒体の蓄積も行われる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-22 12:23:53.345532",
                     "updated_at": "2017-08-22 12:23:53.345532",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1947,
                       "name": "犬森"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 33343,
                     "title": "情報・記事購入",
                     "description": "フリー記者や報道機関と連携し、国内外を取材し、報道する情報・記事の買い取りを行う。\nその様に買取を行われた記事にはクレジットを付け記者と報道機関の広告も兼ねる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-22 12:23:53.368494",
                     "updated_at": "2017-08-22 12:23:53.368494",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1947,
                       "name": "犬森"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 33344,
                     "title": "写真等の提供",
                     "description": "通信社が権利を持つ報道写真を、再使用料を受け取って、放送局や出版社等に提供するサービスも行っている。再使用に際しては、適切な使用であるか審査を行い、クレジットの表記が義務づけられる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-22 12:23:53.390761",
                     "updated_at": "2017-08-22 12:23:53.390761",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1947,
                       "name": "犬森"
                     }
                   }
                 ],
                 "character": {
                   "id": 1947,
                   "name": "犬森"
                 },
                 "expanded": true
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1947,
               "name": "犬森"
             },
             "expanded": true
           }
         ],
         "character": {
           "id": 1943,
           "name": "平林"
         },
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "よんた支部",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "支部を開いた経緯",
             "description": "蒼梧藩国での通信社の噂はよんた藩国にも届いていた。支部を募集していると聞きこれは好機とよんた藩王が名乗り出た事によりよんた藩国でも設立される。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "騎士・沖尾なすしろう(T20設定国民)",
             "description": "以前メードガイの職業もしていたキビキビとしたよんた藩国民の男性。いたって真面目な紳士で仕事も黙々とこなしていくと評判である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "蒼梧通信よんた支部の所在地",
             "description": "蒼梧通信よんた支部は商業区にあり、そこからよんた藩国全土へ配信を行っている。近くに美味しいお店やさんもあるので働いている人はランチによく利用している。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]