※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 騎士領(雷の郷) RD:3 評価値:2
    • 部品: 雷の郷の概要
    • 部品: 暖炉のある丈夫な家(雷羅来自宅)
    • 部品: でぃ~グル号路線:雷の郷駅



部品定義


部品: 雷の郷の概要

雷の郷は、騎士となった雷羅来が所有を認められた土地である。
藩王よんたから直々に下賜されたものであり、これの変更はよんた以外は行うことができない。
場所はよんた藩国西側の南端、ちょうど工業地区の近くに設定された。
この立地は工場の所有を認められたことによるものである。
「雷の郷(かみなりのさと)」という通称はよんた藩国に伝わる故事よりつけられている。
かなり昔の話だが、春先に大きな落雷があり、その年は驚くほどの大豊作だった。
それからも規模の差こそあれ、何年かに一度くらいに落雷があり、ほぼ毎度豊作になったという。
そんなことから、縁起のいい雷を通称名に使わせてもらったのである。

部品: 暖炉のある丈夫な家(雷羅来自宅)

騎士になったとは言え、極端に資産が増えたわけではない。
そのため、基本は平民の家よりちょっと広いくらいだが、こだわりたい部分があった。
迷宮を抜ける前の世界にあった自宅の「大きな暖炉のある家」。
そのまま再現することは難しいと判断し、ちょっとだけグレードダウンさせ、なんとかそれっぽいものを建て自宅とした。
サイズこそ一回り小さくなっているが、基本的な部分はそのままで丈夫さ重視の建て方をしている。
また、暖炉も少し小さくなったがその分品質にはこだわったつくりとなっている。
北国のよんた藩国なので、冬の寒さ対策だけは一切手抜きを許されない。
そして、暖かで丈夫な家の中でくつろぐひと時は、ほんの少しだが前向きな気持ちにしてくれる大事な物である。

部品: でぃ~グル号路線:雷の郷駅

よんた藩国長距離輸送システム「でぃ~グル号」の駅が雷の郷の近くに存在する。
工業地区の近くだけあってこの地区への人や荷物の出入りが多いため、この駅のおかげで藩国内の他の地域や帝國環状線への移動が非常に楽になっている。



提出書式


 大部品: 騎士領(雷の郷) RD:3 評価値:2
 -部品: 雷の郷の概要
 -部品: 暖炉のある丈夫な家(雷羅来自宅)
 -部品: でぃ~グル号路線:雷の郷駅
 
 
 部品: 雷の郷の概要
 雷の郷は、騎士となった雷羅来が所有を認められた土地である。 
 藩王よんたから直々に下賜されたものであり、これの変更はよんた以外は行うことができない。
 場所はよんた藩国西側の南端、ちょうど工業地区の近くに設定された。 
 この立地は工場の所有を認められたことによるものである。
 「雷の郷(かみなりのさと)」という通称はよんた藩国に伝わる故事よりつけられている。 
 かなり昔の話だが、春先に大きな落雷があり、その年は驚くほどの大豊作だった。 
 それからも規模の差こそあれ、何年かに一度くらいに落雷があり、ほぼ毎度豊作になったという。 
 そんなことから、縁起のいい雷を通称名に使わせてもらったのである。
 
 部品: 暖炉のある丈夫な家(雷羅来自宅)
 騎士になったとは言え、極端に資産が増えたわけではない。
 そのため、基本は平民の家よりちょっと広いくらいだが、こだわりたい部分があった。
 迷宮を抜ける前の世界にあった自宅の「大きな暖炉のある家」。
 そのまま再現することは難しいと判断し、ちょっとだけグレードダウンさせ、なんとかそれっぽいものを建て自宅とした。
 サイズこそ一回り小さくなっているが、基本的な部分はそのままで丈夫さ重視の建て方をしている。
 また、暖炉も少し小さくなったがその分品質にはこだわったつくりとなっている。
 北国のよんた藩国なので、冬の寒さ対策だけは一切手抜きを許されない。
 そして、暖かで丈夫な家の中でくつろぐひと時は、ほんの少しだが前向きな気持ちにしてくれる大事な物である。
 
 部品: でぃ~グル号路線:雷の郷駅
 よんた藩国長距離輸送システム「でぃ~グル号」の駅が雷の郷の近くに存在する。 
 工業地区の近くだけあってこの地区への人や荷物の出入りが多いため、この駅のおかげで藩国内の他の地域や帝國環状線への移動が非常に楽になっている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "騎士領(雷の郷)",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "雷の郷の概要",
         "description": "雷の郷は、騎士となった雷羅来が所有を認められた土地である。 \n藩王よんたから直々に下賜されたものであり、これの変更はよんた以外は行うことができない。\n場所はよんた藩国西側の南端、ちょうど工業地区の近くに設定された。 \nこの立地は工場の所有を認められたことによるものである。\n「雷の郷(かみなりのさと)」という通称はよんた藩国に伝わる故事よりつけられている。 \nかなり昔の話だが、春先に大きな落雷があり、その年は驚くほどの大豊作だった。 \nそれからも規模の差こそあれ、何年かに一度くらいに落雷があり、ほぼ毎度豊作になったという。 \nそんなことから、縁起のいい雷を通称名に使わせてもらったのである。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "暖炉のある丈夫な家(雷羅来自宅)",
         "description": "騎士になったとは言え、極端に資産が増えたわけではない。\nそのため、基本は平民の家よりちょっと広いくらいだが、こだわりたい部分があった。\n迷宮を抜ける前の世界にあった自宅の「大きな暖炉のある家」。\nそのまま再現することは難しいと判断し、ちょっとだけグレードダウンさせ、なんとかそれっぽいものを建て自宅とした。\nサイズこそ一回り小さくなっているが、基本的な部分はそのままで丈夫さ重視の建て方をしている。\nまた、暖炉も少し小さくなったがその分品質にはこだわったつくりとなっている。\n北国のよんた藩国なので、冬の寒さ対策だけは一切手抜きを許されない。\nそして、暖かで丈夫な家の中でくつろぐひと時は、ほんの少しだが前向きな気持ちにしてくれる大事な物である。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "でぃ~グル号路線:雷の郷駅",
         "description": "よんた藩国長距離輸送システム「でぃ~グル号」の駅が雷の郷の近くに存在する。 \n工業地区の近くだけあってこの地区への人や荷物の出入りが多いため、この駅のおかげで藩国内の他の地域や帝國環状線への移動が非常に楽になっている。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]