※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼梧藩国より消防団を流用させていただきました

部品構造


  • 大部品: 消防団(よんた藩国) RD:25 評価値:7
    • 大部品: 消防団 RD:22 評価値:7
      • 大部品: 概要 RD:4 評価値:3
        • 部品: 消防団とは
        • 部品: 構成員
        • 大部品: 必要な手続き RD:2 評価値:1
          • 部品: 登録手続き
          • 部品: 活動報告
      • 大部品: 心得 RD:3 評価値:2
        • 部品: 二次被害の防止
        • 部品: 訓練と新人の育成
        • 部品: 人命の尊重
      • 大部品: 活動 RD:4 評価値:3
        • 部品: 消化活動
        • 部品: 救助活動
        • 部品: 水防活動
        • 部品: 防災啓発活動
      • 大部品: 装備 RD:11 評価値:5
        • 大部品: 個人用装備 RD:7 評価値:4
          • 部品: ヘルメット
          • 部品: 防火装備
          • 部品: 消防団専用無線機器
          • 部品: 安全靴
          • 部品: 非常用ライト
          • 部品: 救命胴衣
          • 部品: 小道具類
        • 大部品: 組織保有装備 RD:4 評価値:3
          • 部品: 可搬消防ポンプ
          • 部品: 消防ポンプ自動車
          • 部品: 人員輸送車
          • 部品: 指揮車
    • 部品: 消防団設立経緯(よんた藩国)
    • 部品: 消防団の所在地(よんた藩国)
    • 大部品: 消防団長(ターン20) RD:1 評価値:0
      • 部品: 騎士・常田といちろう(ターン20設定国民)



部品定義


部品: 消防団とは

消防団とは、常備の国家的な専門機関である消防署などとは異なり、法に基づいて民間によって構成され設置されている消防組織。

部品: 構成員

消防団員は本業を別に持つ一般市民で構成されている。装備及び報酬は消防団として申請を出し、承認後に組織ごとに国から支給される

部品: 登録手続き

消防団を設立するためには、構成員全員分の名簿などの必要事項を全て書類に記載して、国に申請し承認を得る必要がある。また、構成員の増減などがあった場合はその都度届けでなければならない。

部品: 活動報告

緊急時において活動をした際は、その詳細を報告書にまとめ、国に提出する。国はその報告書を精査して、各所と連絡して裏づけをとった後、それに応じた報酬を支給する。その際、特別に優れた活動が認められたものには、個人的に褒賞を与えることもある。またこれとは別にわずかではあるが、年毎の報酬も存在する。

部品: 二次被害の防止

災害時の活動において二次被害の防止は急務である。火事による延焼や自身による建造物の倒壊に巻き込まれて更なる被害者を生まないよう行動する必要がある。

部品: 訓練と新人の育成

訓練と新人の育成方法は、活動場所と実際の活動状況に応じて適宜検討・更新される。訓練のために訓練ではなく、実態に応じた訓練が重視されるのである。年度ごとに国が査察に入り、説明を求めたり指導を行うことがある。

部品: 人命の尊重

人命の尊重を重視し活動することが求められる。自分自身の命を含めて、多くの命を救うこと、それを心に刻み活動するのである。

部品: 消化活動

火災や風水害等の災害、有事の際には、自宅や職場から消防団の詰め所に配備されている移動手段に乗る、もしくは直接火災などの現場にかけつけ消火活動を行う。周辺住民の避難誘導、住民の安否確認を行う。

部品: 救助活動

遭難した登山者や河川等での行方不明者の捜索・救助や、地震などの際に倒壊した家屋からの住民の救出、住民の避難誘導なども行う。

部品: 水防活動

豪雨時の対応としての応急的な堤防補強や、高潮・津波発生時の水門閉鎖などを担当をする。豪雪地域の場合、除雪活動や融雪溝の維持管理などを行うこともある。

部品: 防災啓発活動

地域のイベント時に防火警備や清掃などを好意で手伝うことや、小学校・中学校などにおいて防災訓練を定期的に開催し、防火教育・防災啓発活動を行うのも活動となっている。また、災害時に使用する設備の定期点検も組織的に行っている。

部品: ヘルメット

正面に消防団の紋章がある頭を保護するための装備。耐衝撃性や耐火性を考慮してつくられており、いざという時にこの有無が生死を分けることがある。

部品: 防火装備

火事などの際に用いられる装備。耐火性に優れた銀色の厚手の布地で出来た防火服と防火帽で構成されている。

部品: 消防団専用無線機器

災害発生時の迅速な連絡や、手が足りない時の応援要請などが、無線を使うことによって迅速に行われるため、採用されている。

部品: 安全靴

火災現場では大量の放水を行うため、足元が水浸しになることが多い。そのため、通常の安全靴と比べ、防水加工がされ、底が厚くなっている。

部品: 非常用ライト

救助活動において、要救助者の捜索などをする際に使用する。山の中などで使用不能にならないよう必ず予備のバッテリーが用意されている。

部品: 救命胴衣

水害時などに出動した際や、水利確保の為に 水流の速い河川に吸管を持って降りる際などに、足を滑らせたりして不慮の溺水事故の危険から身を守るために使用する。

部品: 小道具類

警笛・軍手・ロープなど活動に必要なものは一通りまとめてすぐに取り出せるよう袋に入れられている。これにより準備時間の大幅な短縮となる。

部品: 可搬消防ポンプ

可搬消防ポンプは、古くからの住宅密集地や、山間部の細道などに代表されるような道幅が狭く奥まった場所など、消防ポンプ自動車などが容易に入って行けない場所でも機動的に持ち込み、動作させることが可能な小型の消火用装備。側面の四隅に運搬用のためのハンドルが付いており、大人2名程度でも 容易に運搬が可能である。

部品: 消防ポンプ自動車

消防ポンプ自動車は、自動車のエンジンの動力で放水ポンプを駆動し、消化を行う特殊自動車。吐水量は 可搬消防ポンプよりも多く、より効果的に消火活動が行える。

部品: 人員輸送車

人員や資機材の輸送・運搬を担当する車両である。ワゴン車型とトラック型のものとがあり、ワゴン車型のものは人員も資機材も、どちらも搬送する。トラック型のものは主に資機材のみ(夜間の火災時には 照明装置(夜間道路工事で使用している物と同じ)を、水害時には土嚢などを、地震時には救援物資 など)を輸送し、外見は 3トンや5トン級の 赤色灯が付いた赤い普通のトラックである。荷台には 幌(ほろ)があるタイプや無いタイプなど、消防団により様々である。

部品: 指揮車

消防団本部などに配備されている。各組織でのリーダーなどが現場指揮をする際などに使用するが、平時には火災予防運動の広報車としてや、その他の雑用などにも使用している。

部品: 消防団設立経緯(よんた藩国)

もし食料とか燃えたら嫌だなあ。という話が国内にてあがった事により、緊急時対応の施設も必要と判断しよんた藩国に消防団が設立された。

部品: 消防団の所在地(よんた藩国)

よんた藩国の消防団は農業地区に拠点がおかれている。これは農地が拡がる地区でもし火災が起こった場合被害が多いとみた為である。決して食べ物大事な精神だけではない。

部品: 騎士・常田といちろう(ターン20設定国民)

大柄な体に凛々しい顔つき、農家の取りまとめ役として活躍していた事を評価され消防団のリーダーたる団長に任命された男性。家庭持ちで家族の為にも頑張っている。



提出書式


 大部品: 消防団(よんた藩国) RD:25 評価値:7
 -大部品: 消防団 RD:22 評価値:7
 --大部品: 概要 RD:4 評価値:3
 ---部品: 消防団とは
 ---部品: 構成員
 ---大部品: 必要な手続き RD:2 評価値:1
 ----部品: 登録手続き
 ----部品: 活動報告
 --大部品: 心得 RD:3 評価値:2
 ---部品: 二次被害の防止
 ---部品: 訓練と新人の育成
 ---部品: 人命の尊重
 --大部品: 活動 RD:4 評価値:3
 ---部品: 消化活動
 ---部品: 救助活動
 ---部品: 水防活動
 ---部品: 防災啓発活動
 --大部品: 装備 RD:11 評価値:5
 ---大部品: 個人用装備 RD:7 評価値:4
 ----部品: ヘルメット
 ----部品: 防火装備
 ----部品: 消防団専用無線機器
 ----部品: 安全靴
 ----部品: 非常用ライト
 ----部品: 救命胴衣
 ----部品: 小道具類
 ---大部品: 組織保有装備 RD:4 評価値:3
 ----部品: 可搬消防ポンプ
 ----部品: 消防ポンプ自動車
 ----部品: 人員輸送車
 ----部品: 指揮車
 -部品: 消防団設立経緯(よんた藩国)
 -部品: 消防団の所在地(よんた藩国)
 -大部品: 消防団長(ターン20) RD:1 評価値:0
 --部品: 騎士・常田といちろう(ターン20設定国民)
 
 
 部品: 消防団とは
 消防団とは、常備の国家的な専門機関である消防署などとは異なり、法に基づいて民間によって構成され設置されている消防組織。
 
 部品: 構成員
 消防団員は本業を別に持つ一般市民で構成されている。装備及び報酬は消防団として申請を出し、承認後に組織ごとに国から支給される
 
 部品: 登録手続き
 消防団を設立するためには、構成員全員分の名簿などの必要事項を全て書類に記載して、国に申請し承認を得る必要がある。また、構成員の増減などがあった場合はその都度届けでなければならない。
 
 部品: 活動報告
 緊急時において活動をした際は、その詳細を報告書にまとめ、国に提出する。国はその報告書を精査して、各所と連絡して裏づけをとった後、それに応じた報酬を支給する。その際、特別に優れた活動が認められたものには、個人的に褒賞を与えることもある。またこれとは別にわずかではあるが、年毎の報酬も存在する。
 
 部品: 二次被害の防止
 災害時の活動において二次被害の防止は急務である。火事による延焼や自身による建造物の倒壊に巻き込まれて更なる被害者を生まないよう行動する必要がある。
 
 部品: 訓練と新人の育成
 訓練と新人の育成方法は、活動場所と実際の活動状況に応じて適宜検討・更新される。訓練のために訓練ではなく、実態に応じた訓練が重視されるのである。年度ごとに国が査察に入り、説明を求めたり指導を行うことがある。
 
 部品: 人命の尊重
 人命の尊重を重視し活動することが求められる。自分自身の命を含めて、多くの命を救うこと、それを心に刻み活動するのである。
 
 部品: 消化活動
 火災や風水害等の災害、有事の際には、自宅や職場から消防団の詰め所に配備されている移動手段に乗る、もしくは直接火災などの現場にかけつけ消火活動を行う。周辺住民の避難誘導、住民の安否確認を行う。
 
 部品: 救助活動
 遭難した登山者や河川等での行方不明者の捜索・救助や、地震などの際に倒壊した家屋からの住民の救出、住民の避難誘導なども行う。
 
 部品: 水防活動
 豪雨時の対応としての応急的な堤防補強や、高潮・津波発生時の水門閉鎖などを担当をする。豪雪地域の場合、除雪活動や融雪溝の維持管理などを行うこともある。
 
 部品: 防災啓発活動
 地域のイベント時に防火警備や清掃などを好意で手伝うことや、小学校・中学校などにおいて防災訓練を定期的に開催し、防火教育・防災啓発活動を行うのも活動となっている。また、災害時に使用する設備の定期点検も組織的に行っている。
 
 部品: ヘルメット
 正面に消防団の紋章がある頭を保護するための装備。耐衝撃性や耐火性を考慮してつくられており、いざという時にこの有無が生死を分けることがある。
 
 部品: 防火装備
 火事などの際に用いられる装備。耐火性に優れた銀色の厚手の布地で出来た防火服と防火帽で構成されている。
 
 部品: 消防団専用無線機器
 災害発生時の迅速な連絡や、手が足りない時の応援要請などが、無線を使うことによって迅速に行われるため、採用されている。
 
 部品: 安全靴
 火災現場では大量の放水を行うため、足元が水浸しになることが多い。そのため、通常の安全靴と比べ、防水加工がされ、底が厚くなっている。
 
 部品: 非常用ライト
 救助活動において、要救助者の捜索などをする際に使用する。山の中などで使用不能にならないよう必ず予備のバッテリーが用意されている。
 
 部品: 救命胴衣
 水害時などに出動した際や、水利確保の為に 水流の速い河川に吸管を持って降りる際などに、足を滑らせたりして不慮の溺水事故の危険から身を守るために使用する。
 
 部品: 小道具類
 警笛・軍手・ロープなど活動に必要なものは一通りまとめてすぐに取り出せるよう袋に入れられている。これにより準備時間の大幅な短縮となる。
 
 部品: 可搬消防ポンプ
 可搬消防ポンプは、古くからの住宅密集地や、山間部の細道などに代表されるような道幅が狭く奥まった場所など、消防ポンプ自動車などが容易に入って行けない場所でも機動的に持ち込み、動作させることが可能な小型の消火用装備。側面の四隅に運搬用のためのハンドルが付いており、大人2名程度でも 容易に運搬が可能である。
 
 部品: 消防ポンプ自動車
 消防ポンプ自動車は、自動車のエンジンの動力で放水ポンプを駆動し、消化を行う特殊自動車。吐水量は 可搬消防ポンプよりも多く、より効果的に消火活動が行える。
 
 部品: 人員輸送車
 人員や資機材の輸送・運搬を担当する車両である。ワゴン車型とトラック型のものとがあり、ワゴン車型のものは人員も資機材も、どちらも搬送する。トラック型のものは主に資機材のみ(夜間の火災時には 照明装置(夜間道路工事で使用している物と同じ)を、水害時には土嚢などを、地震時には救援物資 など)を輸送し、外見は 3トンや5トン級の 赤色灯が付いた赤い普通のトラックである。荷台には 幌(ほろ)があるタイプや無いタイプなど、消防団により様々である。
 
 部品: 指揮車
 消防団本部などに配備されている。各組織でのリーダーなどが現場指揮をする際などに使用するが、平時には火災予防運動の広報車としてや、その他の雑用などにも使用している。
 
 部品: 消防団設立経緯(よんた藩国)
 もし食料とか燃えたら嫌だなあ。という話が国内にてあがった事により、緊急時対応の施設も必要と判断しよんた藩国に消防団が設立された。
 
 部品: 消防団の所在地(よんた藩国)
 よんた藩国の消防団は農業地区に拠点がおかれている。これは農地が拡がる地区でもし火災が起こった場合被害が多いとみた為である。決して食べ物大事な精神だけではない。
 
 部品: 騎士・常田といちろう(ターン20設定国民)
 大柄な体に凛々しい顔つき、農家の取りまとめ役として活躍していた事を評価され消防団のリーダーたる団長に任命された男性。家庭持ちで家族の為にも頑張っている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "消防団(よんた藩国)",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "消防団",
         "children": [
           {
             "title": "概要",
             "children": [
               {
                 "title": "消防団とは",
                 "description": "消防団とは、常備の国家的な専門機関である消防署などとは異なり、法に基づいて民間によって構成され設置されている消防組織。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "構成員",
                 "description": "消防団員は本業を別に持つ一般市民で構成されている。装備及び報酬は消防団として申請を出し、承認後に組織ごとに国から支給される",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "必要な手続き",
                 "children": [
                   {
                     "title": "登録手続き",
                     "description": "消防団を設立するためには、構成員全員分の名簿などの必要事項を全て書類に記載して、国に申請し承認を得る必要がある。また、構成員の増減などがあった場合はその都度届けでなければならない。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "活動報告",
                     "description": "緊急時において活動をした際は、その詳細を報告書にまとめ、国に提出する。国はその報告書を精査して、各所と連絡して裏づけをとった後、それに応じた報酬を支給する。その際、特別に優れた活動が認められたものには、個人的に褒賞を与えることもある。またこれとは別にわずかではあるが、年毎の報酬も存在する。",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "心得",
             "children": [
               {
                 "title": "二次被害の防止",
                 "description": "災害時の活動において二次被害の防止は急務である。火事による延焼や自身による建造物の倒壊に巻き込まれて更なる被害者を生まないよう行動する必要がある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "訓練と新人の育成",
                 "description": "訓練と新人の育成方法は、活動場所と実際の活動状況に応じて適宜検討・更新される。訓練のために訓練ではなく、実態に応じた訓練が重視されるのである。年度ごとに国が査察に入り、説明を求めたり指導を行うことがある。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "人命の尊重",
                 "description": "人命の尊重を重視し活動することが求められる。自分自身の命を含めて、多くの命を救うこと、それを心に刻み活動するのである。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "活動",
             "children": [
               {
                 "title": "消化活動",
                 "description": "火災や風水害等の災害、有事の際には、自宅や職場から消防団の詰め所に配備されている移動手段に乗る、もしくは直接火災などの現場にかけつけ消火活動を行う。周辺住民の避難誘導、住民の安否確認を行う。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "救助活動",
                 "description": "遭難した登山者や河川等での行方不明者の捜索・救助や、地震などの際に倒壊した家屋からの住民の救出、住民の避難誘導なども行う。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "水防活動",
                 "description": "豪雨時の対応としての応急的な堤防補強や、高潮・津波発生時の水門閉鎖などを担当をする。豪雪地域の場合、除雪活動や融雪溝の維持管理などを行うこともある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "防災啓発活動",
                 "description": "地域のイベント時に防火警備や清掃などを好意で手伝うことや、小学校・中学校などにおいて防災訓練を定期的に開催し、防火教育・防災啓発活動を行うのも活動となっている。また、災害時に使用する設備の定期点検も組織的に行っている。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "装備",
             "children": [
               {
                 "title": "個人用装備",
                 "children": [
                   {
                     "title": "ヘルメット",
                     "description": "正面に消防団の紋章がある頭を保護するための装備。耐衝撃性や耐火性を考慮してつくられており、いざという時にこの有無が生死を分けることがある。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "防火装備",
                     "description": "火事などの際に用いられる装備。耐火性に優れた銀色の厚手の布地で出来た防火服と防火帽で構成されている。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "消防団専用無線機器",
                     "description": "災害発生時の迅速な連絡や、手が足りない時の応援要請などが、無線を使うことによって迅速に行われるため、採用されている。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "安全靴",
                     "description": "火災現場では大量の放水を行うため、足元が水浸しになることが多い。そのため、通常の安全靴と比べ、防水加工がされ、底が厚くなっている。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "非常用ライト",
                     "description": "救助活動において、要救助者の捜索などをする際に使用する。山の中などで使用不能にならないよう必ず予備のバッテリーが用意されている。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "救命胴衣",
                     "description": "水害時などに出動した際や、水利確保の為に 水流の速い河川に吸管を持って降りる際などに、足を滑らせたりして不慮の溺水事故の危険から身を守るために使用する。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "小道具類",
                     "description": "警笛・軍手・ロープなど活動に必要なものは一通りまとめてすぐに取り出せるよう袋に入れられている。これにより準備時間の大幅な短縮となる。",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               },
               {
                 "title": "組織保有装備",
                 "children": [
                   {
                     "title": "可搬消防ポンプ",
                     "description": "可搬消防ポンプは、古くからの住宅密集地や、山間部の細道などに代表されるような道幅が狭く奥まった場所など、消防ポンプ自動車などが容易に入って行けない場所でも機動的に持ち込み、動作させることが可能な小型の消火用装備。側面の四隅に運搬用のためのハンドルが付いており、大人2名程度でも 容易に運搬が可能である。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "消防ポンプ自動車",
                     "description": "消防ポンプ自動車は、自動車のエンジンの動力で放水ポンプを駆動し、消化を行う特殊自動車。吐水量は 可搬消防ポンプよりも多く、より効果的に消火活動が行える。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "人員輸送車",
                     "description": "人員や資機材の輸送・運搬を担当する車両である。ワゴン車型とトラック型のものとがあり、ワゴン車型のものは人員も資機材も、どちらも搬送する。トラック型のものは主に資機材のみ(夜間の火災時には 照明装置(夜間道路工事で使用している物と同じ)を、水害時には土嚢などを、地震時には救援物資 など)を輸送し、外見は 3トンや5トン級の 赤色灯が付いた赤い普通のトラックである。荷台には 幌(ほろ)があるタイプや無いタイプなど、消防団により様々である。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "指揮車",
                     "description": "消防団本部などに配備されている。各組織でのリーダーなどが現場指揮をする際などに使用するが、平時には火災予防運動の広報車としてや、その他の雑用などにも使用している。",
                     "part_type": "part"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "消防団設立経緯(よんた藩国)",
         "description": "もし食料とか燃えたら嫌だなあ。という話が国内にてあがった事により、緊急時対応の施設も必要と判断しよんた藩国に消防団が設立された。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "消防団の所在地(よんた藩国)",
         "description": "よんた藩国の消防団は農業地区に拠点がおかれている。これは農地が拡がる地区でもし火災が起こった場合被害が多いとみた為である。決して食べ物大事な精神だけではない。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "消防団長(ターン20)",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "騎士・常田といちろう(ターン20設定国民)",
             "description": "大柄な体に凛々しい顔つき、農家の取りまとめ役として活躍していた事を評価され消防団のリーダーたる団長に任命された男性。家庭持ちで家族の為にも頑張っている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]