※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 偵察兵(職業よんた版) RD:51 評価値:9
    • 大部品: 歩兵訓練課程 RD:4 評価値:3
      • 部品: 基礎課程1年
      • 部品: 体力を鍛えよう
      • 部品: 人助けも大事
      • 部品: 歩兵技能確認試験
    • 大部品: 偵察兵訓練課程 RD:3 評価値:2
      • 部品: 偵察を学ぼう
      • 部品: 山や海でさらに鍛える
      • 部品: 修了試験
    • 大部品: 偵察技術 RD:6 評価値:4
      • 部品: 情報整理
      • 部品: 不整地踏破術
      • 部品: 隠蔽技術
      • 部品: 軍用車両運転技術
      • 部品: 報告内容の徹底
      • 部品: いざというときの対応
    • 大部品: 災害がおきたとき RD:5 評価値:3
      • 部品: 国民の生命を守ろう
      • 部品: 生き残りを探そう
      • 部品: 道を作ろう
      • 部品: 助けを増やそう
      • 部品: 危なくなったら逃がそう
    • 大部品: 銃が使えないときは RD:5 評価値:3
      • 部品: 手足を使おう
      • 部品: 当身技
      • 部品: 投げ技
      • 部品: 関節技
      • 部品: 絞め技
    • 大部品: 帝国歩兵一般装備 RD:11 評価値:5
      • 部品: 突撃小銃「シュトゥルムコーギー」
      • 部品: 帝国制式手榴弾「ドッグボーン」
      • 部品: 歩兵戦闘服
      • 部品: 小型無線機
      • 部品: ボディアーマー「コーギーベスト」
      • 部品: 簡易救急医療セット
      • 部品: サバイバルナイフ
      • 部品: 9mm自動拳銃「ブラックテリア」
      • 部品: 帝国軍レーション「ロイヤルわんわん」
      • 部品: 高硬度銃剣
      • 部品: 帝国歩兵一般装備の流用実績
    • 大部品: ひっそりする偵察技術 RD:12 評価値:6
      • 大部品: その壱、隠れる RD:5 評価値:3
        • 部品: 息をひそめる
        • 部品: 身を隠す
        • 部品: ぶら下がり
        • 部品: ダンボールに潜む
        • 部品: 変装をする
      • 大部品: その弐、情報収集 RD:3 評価値:2
        • 部品: 耳を澄ます
        • 部品: 振動から動きを察知する
        • 部品: 遠視を行う
      • 大部品: その参、移動 RD:3 評価値:2
        • 部品: 抜き足差し足
        • 部品: 匍匐前進
        • 部品: 撤退の潔さ
      • 大部品: その四、報告 RD:1 評価値:0
        • 部品: 情報を正確に伝える
    • 大部品: ニューワールドの住民 RD:5 評価値:3
      • 部品: 体力
      • 部品: 器用さ
      • 部品: 生活力
      • 部品: 感情感知
      • 部品: 手帳



部品定義


部品: 基礎課程1年

ここでは歩兵としての基礎となる部分について学ぶ期間である。集団生活にて整理整頓、時間厳守、気を付け敬礼整列行進などの基本動作を学ぶ。入隊可能年齢は18歳から27歳までとし、重装備に耐えうる足腰と持久力を鍛えるための体力訓練が行われる。武装の取り扱い等の軍事教育は基礎課程では行わないものとする。

部品: 体力を鍛えよう

基礎訓練課程にて素行不良、体力不足がなければこの課程へ。ここでは歩兵の用いる基本的な装備の取り扱いや戦術、体術を学ぶ。この中には戦場での監視の仕方とその伝達情報の整理とまとめ方もふくまれる。

部品: 人助けも大事

1年目の内容と合わせて近接格闘や捕虜の虐待禁止、戦場での略奪行為の禁止の徹底などの倫理面についても教育する。また災害派遣される場合の訓練もあわせて行うものとする(救助、瓦礫撤去、避難誘導など)

部品: 歩兵技能確認試験

4年の訓練内容の把握を行う。筆記、実技で行い落ちれば再訓練を半年の後に再試となる。2回まで挑戦できる。落ちた場合や辞退を申し出た場合には国にて就職の相談にのる(駅などの警備)。合格者のうち希望者は専門課程に進むこともできる。またそのまま帝國軍歩兵としての資格を得たとして任務につくこともできる。

部品: 偵察を学ぼう

偵察器具の取り扱いと戦術、水泳、ロッククライミング、長距離走、バイク、車両などの運転技能の訓練を行う。また車両ではないが馬術も含める。

部品: 山や海でさらに鍛える

1年目の内容の応用と帝國、共和国各国の言語や風習の学習、山岳サバイバル訓練、遠泳での身体能力の向上を図る

部品: 修了試験

専門課程を習得できたかを筆記、実技、口頭試問(担当試験官は定期的に変更される)にて試験し合格すれば偵察兵資格を得る。また落ちたとしても通常の歩兵としては任務につくことはできる。

部品: 情報整理

通常の人間の範囲で二つの目、ひとつの鼻、二つの耳の感覚から得られた情報をまとめ適切に整理して報告内容を作成する。

部品: 不整地踏破術

偵察を行う際に通るルートが整地されているわけではない。肉体を用いての通常の歩兵以上の移動能力と技術は必要なのものである。ただし、疲労はするし二本の足と腕では速度や移動範囲には限度はある。

部品: 隠蔽技術

迷彩、体術、土地ごとの風習知識などで民衆や自然に紛れ隠密行動によって敵情報を得る。ただし人間のやることであるので限度はある。

部品: 軍用車両運転技術

不整地を進む手段は足だけではない。機動力や速度が必要な事もある。そのために現行で運用されている車両(バイク含む)の運用技術を習得している。

部品: 報告内容の徹底

把握された情報から敵の規模と編成と装備、行動、位置、発見時間を把握できた範囲で簡潔にまとめて報告するものとする。ただし伝達手段により簡略化されることはある。

部品: いざというときの対応

他に手段がないなどの場合に備え狼煙の上げ方(色、時間、などで伝達)を取り決めている。またこのような場合は人の脚力やあれば馬に頼ることとなる。ただし狼煙の場合細かい内容は伝えられないなどの欠点はある。

部品: 国民の生命を守ろう

大地震、洪水、大型台風などの自然災害の際に国民保護の観点から災害救助、復興支援の目的で藩王の許可の下出動することができる

部品: 生き残りを探そう

災害後、現場到着後即生存者捜索を行う。発見した生存者は医療関係者と連携して保護する。これには偵察兵としての五感が特に生かされることである。

部品: 道を作ろう

速やかな復興と災害支援のため道路の復旧は必須である。瓦礫を人力、重機などを用いて撤去し道路の応急補修を行う

部品: 助けを増やそう

移動経路の確保の後、民間支援の受け入れや他国支援の受け入れを行う。この際物資などをが集積されるであろうことから盗難防止、治安維持のため警察と連携して周辺警備も実施する

部品: 危なくなったら逃がそう

二次災害、別の災害など不測の事態の際は国民を避難誘導し可能な限り安全圏へと向かわせる(津波ならばより高い場所へなど)。また逃げ遅れがいないかの捜索も行う

部品: 手足を使おう

大きな音を出しては敵に気づかれる、狭くて兆弾の危険が大きいなど火器を使用できない場合には徒手による格闘にて敵を制圧する。暴徒鎮圧など不殺を求められる場合も想定する

部品: 当身技

手足を用いて殴り蹴り打撃にて敵を攻撃する。手足分のリーチを生かした攻撃法。主に敵を弱らせるために使われる

部品: 投げ技

敵を掴めた場合などに使われる。地面、コンクリートなど硬い床に叩きつける事でより高い破壊力が期待できる。ただし相手も抵抗するので技量は必要

部品: 関節技

人間相手ならば間接が曲がる方向には限度がある。敵の腕や脚を極めることで機動力、対応力をそぐ。ただし相手も簡単には技にかかってはくれないので打撃などを用いて機をうかがうことが重要である

部品: 絞め技

首を絞め呼吸を奪い敵を倒す。背後よりのサイレントキル、意識昏倒による無力化などはまれば有効である。関節技、投げ技より移行したりもする

部品: 突撃小銃「シュトゥルムコーギー」

短機関銃が担っていた至近距離での掃射と小銃が担っていた中距離(300-400m)での狙撃能力の両立を達成した、俗に言うアサルトライフル。弾薬の口径は5.56mmの小口径高速弾。
有効射程500m程度。セミ/フルオートの切替射撃機能を持ち、ガス圧作動方式等の自動装填機構、着脱式弾倉を有している。

部品: 帝国制式手榴弾「ドッグボーン」

科学的に破片生成過程が計算された帝国軍制式手榴弾。全方位に均一に破片が飛び散るように設計されている。爆薬は旧来のものより多く、軽量な鋼製ワイヤが高速で飛び散る。目標範囲には着実な効果があり、破片は軽量なため、空気抵抗で必要以上の範囲、要するに投擲者や周囲の味方を危険に晒さない。

部品: 歩兵戦闘服

歩兵が戦闘時に着用する歩兵戦闘服。費用節約の目的のみならず急激な季節変化に対応するために裏表で異なる図柄や色彩を施したリバーシブルの戦闘服を採用する場合もある。
  • 鉄製ヘルメット
  • ファスナー付き上衣
  • ピストルベルト(弾帯)
  • カーゴパンツ
  • 良いブーツ。戦闘靴

部品: 小型無線機

無線電波の送信機能と受信機能を兼ね備えた無線機。要するにトランシーバー。一般的に、送信機と受信機は、回路に共通した部分が多いため、共用できる回路を共用し、一つの機器として作られたものである。
軍用の周波数を割り当てられており、他と混線することはない。通信距離は環境によって違うが、概ね5km前後である。

部品: ボディアーマー「コーギーベスト」

銃弾や爆発による破片などから身を守るために使用されるベスト状の身体防護服。フラックジャケット、バリスティックベスト。
アラミド繊維で構成されており、鋼鉄の数倍の引張強度を持っている。熱にも強い。
拳銃弾や小破片程度なら問題なく防ぐことができる。

部品: 簡易救急医療セット

衛生兵が所持しているものとは別。で止血帯と包帯が主に支給されている。他にテーピングテープや滅菌ガーゼがなどを私物で持ち歩く歩兵もいる。

部品: サバイバルナイフ

堅牢な大型のナイフ。刃渡りは30cm近く。堅牢で分厚い。刃の背には凸凹があり、ノコとしても使える。ステンレス性。
柄も非常に頑強にできており、槌として使える。

部品: 9mm自動拳銃「ブラックテリア」

自動式拳銃。オートマチックピストルとも呼ばれる。
引き金を引くたびに一発づつ弾丸を発射して排莢、再装填を行ってくれる半自動式。
わんわん帝国では弾丸の口径は9mmである

部品: 帝国軍レーション「ロイヤルわんわん」

野外炊飯で使え、冷蔵、冷凍施設がなくても長期に保存できる食料のこと。真空パック包装されていて、意外に味の種類が多い。
正直に言うとあまりおいしくはないが、衛生的で滋養に満ちている。また、配給される場合は箱の底部に水と石灰石で構成されたヒーターがついていて、温めて食べることができる。温かければ結構食べられる。

部品: 高硬度銃剣

主にシュトゥルムコーギーに装着する銃剣。銃の先端部にマウントし、刺突による格闘攻撃で相手を倒すことを目的とする。銃剣にはスピア状ものもあるが帝国の銃剣はナイフ式であり、非常に頑強。鬱蒼としたジャングルで草木を払うマチェット代わりにもなる。

部品: 帝国歩兵一般装備の流用実績

以下のPC、および藩国に流用いただきました。根拠:http://nekowasa.at.webry.info/201708/article_22.html

(申請順)
竜宮・司@詩歌藩国:竜宮・司・ヒメリアス・ドラグゥーン
よんた@よんた藩国:国営工場での生産
せこいあ@蒼梧藩国:国営工場での生産
フシミ@星鋼京:藩国独自職業、近衛兵に流用



部品: 息をひそめる

呼吸を止めるのではなく、息遣いを潜めることにより相手から気づかれにくくする。身をひそめながら行うことにより効果が発動する。

部品: 身を隠す

見つからないように物陰などに身をひそめる技術。音を立てないことにより効果が期待できる。また、地面に伏せる、隠す場所と同じような色の服を身につけるなど行うとさらに見つかりにくくなる。ただし、温度を察知するなどの技術では効果は期待できない。


部品: ぶら下がり

一時的に建物にぶら下がり建物上からの視覚から外れる技術。腕力がモノを言い、力がないモノが行うと落下する危険性を伴う。ぶら下がりながら移動したり、一つ下の階に音を立てずに飛び移ったりなどは長年技術を駆使した上級者でないとできない。下に人がいないかも把握しないとすぐ見つかる。

部品: ダンボールに潜む

近場にダンボールがある場合に効果的。ダンボールにすっぽり収まることにより違和感なくその場に身をひそめられる。だがおかしなところで行ったり、段ボールから体がはみ出ていたり、すでに見つかっている時に行ったりすると怪しまれダンボールをひっぺがされて見つかる羽目になる。

部品: 変装をする

服装を変えることにより尾行する相手から気づかれにくくする。帽子をかぶったり、髪型を変えたり、メガネをかけたり、リバーシブルの上着で服装をごまかしたりなど。バリエーションを増やすことによりより気づかれにくくなる。しかし目立つ格好をしてしまうと逆効果で覚えられてしまうので注意が必要。

部品: 耳を澄ます

耳を研ぎ澄まし、音を聞くことに集中することにより会話の内容を聞いたり足音や駆動音などから相手との距離を測ることができる。会話は距離が遠くなるほど聞き取れない上に、音を聞くのでうるさいところでは効果は期待できない。

部品: 振動から動きを察知する

見えない位置にいる相手の動きを地面や壁、建物などの振動から予測する。振動物から近いほど効果が期待できる。浮いている物体を察知することは難しい。

部品: 遠視を行う

遠くを見て目標物を探す技術。視力が良いほど発見できる確率は上がり、雨や砂埃など視界が悪いと確率は極端に下がる。また、望遠鏡などの遠くを見る道具を使うことによりさらに効果を期待できる。

部品: 抜き足差し足

足音を立てずに移動する技術。踵を付けずに膝のクッションを利用して移動を行うことにより足音をひそめることができる。また裸足になる方が効果が高い。裸足になれない場合は靴に布を巻くなどで一時的に足音を緩和できる。

部品: 匍匐前進

地面を這って移動することにより相手の視線から外れることが期待できる。じりじりと移動することが前提だが、有事の際は速度を速めたり、匍匐から屈み歩行へ移動したりとその場で行動を変えることが重要。筋力がモノを言う。

部品: 撤退の潔さ

見つかった際や情報を手にいれた際にすぐに撤退行動に移り、相手を巻いたり相手に悟られずに自らの陣に戻る事を目的とする。見つかっている際の撤退はなるべく遮蔽物を利用し、尾行されないようにフェイクを挟みながら逃げる事で相手を惑わす事ができると推測される。

部品: 情報を正確に伝える

見て得てきた情報を伝えるのには正確さと分かりやすさが重要。長々と説明するより淡々と事実のまま伝え情報を共有することにより次の行動がよりスムーズになる。

部品: 体力

藩国民として日々を暮らすために必要な体力と身体の動かし方を習得する。
この技能には、歩く・物を持つ・長時間立ち続けたり座り続けたりする・坂や階段を昇るといった筋力・持久力や、健康を維持したり他人の長話を聞き続けたりする耐久力も含まれる。

部品: 器用さ

藩国の日用品や仕事道具を不自由なく使用できる器用さを習得する。
この技能には、服や靴の身に着け方やマッサージのような指の動かし方なども含まれる。
時に失敗しながらも実践を繰り返すことで、モノの使い方は身体に覚えこまれる。

部品: 生活力

藩国民として日々生きるために必要な精神・経済の働かせ方を習得する。
他人から教わったり本を読んだりして身につける。
この技能には、会話や読み書き、算術、社会のルールやマナーに関する知識、人間関係や同僚との付き合い方、消耗品・備品・サービスを調達できる財力なども含まれる。

部品: 感情感知

美味しい・不味い・満足・不満・楽しさ・悩みなど、対象の感情を感知する技術を習得する。
この技能には、感知した感情に対応して、自分の振る舞いを変える知恵も含まれる。

部品: 手帳

料理のコツ、移動中の暇つぶし、口論における双方の言い分、報告の要約、日記など、手帳に何でも書き込んで、それを参照する技術を取得する。
この技能には、無地・罫線・方眼など帳面の種類を使い分ける知識も含まれる。



提出書式


 大部品: 偵察兵(職業よんた版) RD:51 評価値:9
 -大部品: 歩兵訓練課程 RD:4 評価値:3
 --部品: 基礎課程1年
 --部品: 体力を鍛えよう
 --部品: 人助けも大事
 --部品: 歩兵技能確認試験
 -大部品: 偵察兵訓練課程 RD:3 評価値:2
 --部品: 偵察を学ぼう
 --部品: 山や海でさらに鍛える
 --部品: 修了試験
 -大部品: 偵察技術 RD:6 評価値:4
 --部品: 情報整理
 --部品: 不整地踏破術
 --部品: 隠蔽技術
 --部品: 軍用車両運転技術
 --部品: 報告内容の徹底
 --部品: いざというときの対応
 -大部品: 災害がおきたとき RD:5 評価値:3
 --部品: 国民の生命を守ろう
 --部品: 生き残りを探そう
 --部品: 道を作ろう
 --部品: 助けを増やそう
 --部品: 危なくなったら逃がそう
 -大部品: 銃が使えないときは RD:5 評価値:3
 --部品: 手足を使おう
 --部品: 当身技
 --部品: 投げ技
 --部品: 関節技
 --部品: 絞め技
 -大部品: 帝国歩兵一般装備 RD:11 評価値:5
 --部品: 突撃小銃「シュトゥルムコーギー」
 --部品: 帝国制式手榴弾「ドッグボーン」
 --部品: 歩兵戦闘服
 --部品: 小型無線機
 --部品: ボディアーマー「コーギーベスト」
 --部品: 簡易救急医療セット
 --部品: サバイバルナイフ
 --部品: 9mm自動拳銃「ブラックテリア」
 --部品: 帝国軍レーション「ロイヤルわんわん」
 --部品: 高硬度銃剣
 --部品: 帝国歩兵一般装備の流用実績
 -大部品: ひっそりする偵察技術 RD:12 評価値:6
 --大部品: その壱、隠れる RD:5 評価値:3
 ---部品: 息をひそめる
 ---部品: 身を隠す
 ---部品: ぶら下がり
 ---部品: ダンボールに潜む
 ---部品: 変装をする
 --大部品: その弐、情報収集 RD:3 評価値:2
 ---部品: 耳を澄ます
 ---部品: 振動から動きを察知する
 ---部品: 遠視を行う
 --大部品: その参、移動 RD:3 評価値:2
 ---部品: 抜き足差し足
 ---部品: 匍匐前進
 ---部品: 撤退の潔さ
 --大部品: その四、報告 RD:1 評価値:0
 ---部品: 情報を正確に伝える
 -大部品: ニューワールドの住民 RD:5 評価値:3
 --部品: 体力
 --部品: 器用さ
 --部品: 生活力
 --部品: 感情感知
 --部品: 手帳
 
 
 部品: 基礎課程1年
 ここでは歩兵としての基礎となる部分について学ぶ期間である。集団生活にて整理整頓、時間厳守、気を付け敬礼整列行進などの基本動作を学ぶ。入隊可能年齢は18歳から27歳までとし、重装備に耐えうる足腰と持久力を鍛えるための体力訓練が行われる。武装の取り扱い等の軍事教育は基礎課程では行わないものとする。
 
 部品: 体力を鍛えよう
 基礎訓練課程にて素行不良、体力不足がなければこの課程へ。ここでは歩兵の用いる基本的な装備の取り扱いや戦術、体術を学ぶ。この中には戦場での監視の仕方とその伝達情報の整理とまとめ方もふくまれる。
 
 部品: 人助けも大事
 1年目の内容と合わせて近接格闘や捕虜の虐待禁止、戦場での略奪行為の禁止の徹底などの倫理面についても教育する。また災害派遣される場合の訓練もあわせて行うものとする(救助、瓦礫撤去、避難誘導など)
 
 部品: 歩兵技能確認試験
 4年の訓練内容の把握を行う。筆記、実技で行い落ちれば再訓練を半年の後に再試となる。2回まで挑戦できる。落ちた場合や辞退を申し出た場合には国にて就職の相談にのる(駅などの警備)。合格者のうち希望者は専門課程に進むこともできる。またそのまま帝國軍歩兵としての資格を得たとして任務につくこともできる。
 
 部品: 偵察を学ぼう
 偵察器具の取り扱いと戦術、水泳、ロッククライミング、長距離走、バイク、車両などの運転技能の訓練を行う。また車両ではないが馬術も含める。
 
 部品: 山や海でさらに鍛える
 1年目の内容の応用と帝國、共和国各国の言語や風習の学習、山岳サバイバル訓練、遠泳での身体能力の向上を図る
 
 部品: 修了試験
 専門課程を習得できたかを筆記、実技、口頭試問(担当試験官は定期的に変更される)にて試験し合格すれば偵察兵資格を得る。また落ちたとしても通常の歩兵としては任務につくことはできる。
 
 部品: 情報整理
 通常の人間の範囲で二つの目、ひとつの鼻、二つの耳の感覚から得られた情報をまとめ適切に整理して報告内容を作成する。
 
 部品: 不整地踏破術
 偵察を行う際に通るルートが整地されているわけではない。肉体を用いての通常の歩兵以上の移動能力と技術は必要なのものである。ただし、疲労はするし二本の足と腕では速度や移動範囲には限度はある。
 
 部品: 隠蔽技術
 迷彩、体術、土地ごとの風習知識などで民衆や自然に紛れ隠密行動によって敵情報を得る。ただし人間のやることであるので限度はある。
 
 部品: 軍用車両運転技術
 不整地を進む手段は足だけではない。機動力や速度が必要な事もある。そのために現行で運用されている車両(バイク含む)の運用技術を習得している。
 
 部品: 報告内容の徹底
 把握された情報から敵の規模と編成と装備、行動、位置、発見時間を把握できた範囲で簡潔にまとめて報告するものとする。ただし伝達手段により簡略化されることはある。
 
 部品: いざというときの対応
 他に手段がないなどの場合に備え狼煙の上げ方(色、時間、などで伝達)を取り決めている。またこのような場合は人の脚力やあれば馬に頼ることとなる。ただし狼煙の場合細かい内容は伝えられないなどの欠点はある。
 
 部品: 国民の生命を守ろう
 大地震、洪水、大型台風などの自然災害の際に国民保護の観点から災害救助、復興支援の目的で藩王の許可の下出動することができる
 
 部品: 生き残りを探そう
 災害後、現場到着後即生存者捜索を行う。発見した生存者は医療関係者と連携して保護する。これには偵察兵としての五感が特に生かされることである。
 
 部品: 道を作ろう
 速やかな復興と災害支援のため道路の復旧は必須である。瓦礫を人力、重機などを用いて撤去し道路の応急補修を行う
 
 部品: 助けを増やそう
 移動経路の確保の後、民間支援の受け入れや他国支援の受け入れを行う。この際物資などをが集積されるであろうことから盗難防止、治安維持のため警察と連携して周辺警備も実施する
 
 部品: 危なくなったら逃がそう
 二次災害、別の災害など不測の事態の際は国民を避難誘導し可能な限り安全圏へと向かわせる(津波ならばより高い場所へなど)。また逃げ遅れがいないかの捜索も行う
 
 部品: 手足を使おう
 大きな音を出しては敵に気づかれる、狭くて兆弾の危険が大きいなど火器を使用できない場合には徒手による格闘にて敵を制圧する。暴徒鎮圧など不殺を求められる場合も想定する
 
 部品: 当身技
 手足を用いて殴り蹴り打撃にて敵を攻撃する。手足分のリーチを生かした攻撃法。主に敵を弱らせるために使われる
 
 部品: 投げ技
 敵を掴めた場合などに使われる。地面、コンクリートなど硬い床に叩きつける事でより高い破壊力が期待できる。ただし相手も抵抗するので技量は必要
 
 部品: 関節技
 人間相手ならば間接が曲がる方向には限度がある。敵の腕や脚を極めることで機動力、対応力をそぐ。ただし相手も簡単には技にかかってはくれないので打撃などを用いて機をうかがうことが重要である
 
 部品: 絞め技
 首を絞め呼吸を奪い敵を倒す。背後よりのサイレントキル、意識昏倒による無力化などはまれば有効である。関節技、投げ技より移行したりもする
 
 部品: 突撃小銃「シュトゥルムコーギー」
 短機関銃が担っていた至近距離での掃射と小銃が担っていた中距離(300-400m)での狙撃能力の両立を達成した、俗に言うアサルトライフル。弾薬の口径は5.56mmの小口径高速弾。
 有効射程500m程度。セミ/フルオートの切替射撃機能を持ち、ガス圧作動方式等の自動装填機構、着脱式弾倉を有している。
 
 部品: 帝国制式手榴弾「ドッグボーン」
 科学的に破片生成過程が計算された帝国軍制式手榴弾。全方位に均一に破片が飛び散るように設計されている。爆薬は旧来のものより多く、軽量な鋼製ワイヤが高速で飛び散る。目標範囲には着実な効果があり、破片は軽量なため、空気抵抗で必要以上の範囲、要するに投擲者や周囲の味方を危険に晒さない。
 
 部品: 歩兵戦闘服
 歩兵が戦闘時に着用する歩兵戦闘服。費用節約の目的のみならず急激な季節変化に対応するために裏表で異なる図柄や色彩を施したリバーシブルの戦闘服を採用する場合もある。
 ・鉄製ヘルメット
 ・ファスナー付き上衣
 ・ピストルベルト(弾帯)
 ・カーゴパンツ
 ・良いブーツ。戦闘靴
 
 部品: 小型無線機
 無線電波の送信機能と受信機能を兼ね備えた無線機。要するにトランシーバー。一般的に、送信機と受信機は、回路に共通した部分が多いため、共用できる回路を共用し、一つの機器として作られたものである。
 軍用の周波数を割り当てられており、他と混線することはない。通信距離は環境によって違うが、概ね5km前後である。
 
 部品: ボディアーマー「コーギーベスト」
 銃弾や爆発による破片などから身を守るために使用されるベスト状の身体防護服。フラックジャケット、バリスティックベスト。
 アラミド繊維で構成されており、鋼鉄の数倍の引張強度を持っている。熱にも強い。
 拳銃弾や小破片程度なら問題なく防ぐことができる。
 
 部品: 簡易救急医療セット
 衛生兵が所持しているものとは別。で止血帯と包帯が主に支給されている。他にテーピングテープや滅菌ガーゼがなどを私物で持ち歩く歩兵もいる。
 
 部品: サバイバルナイフ
 堅牢な大型のナイフ。刃渡りは30cm近く。堅牢で分厚い。刃の背には凸凹があり、ノコとしても使える。ステンレス性。
 柄も非常に頑強にできており、槌として使える。
 
 部品: 9mm自動拳銃「ブラックテリア」
 自動式拳銃。オートマチックピストルとも呼ばれる。
 引き金を引くたびに一発づつ弾丸を発射して排莢、再装填を行ってくれる半自動式。
 わんわん帝国では弾丸の口径は9mmである
 
 部品: 帝国軍レーション「ロイヤルわんわん」
 野外炊飯で使え、冷蔵、冷凍施設がなくても長期に保存できる食料のこと。真空パック包装されていて、意外に味の種類が多い。
 正直に言うとあまりおいしくはないが、衛生的で滋養に満ちている。また、配給される場合は箱の底部に水と石灰石で構成されたヒーターがついていて、温めて食べることができる。温かければ結構食べられる。
 
 部品: 高硬度銃剣
 主にシュトゥルムコーギーに装着する銃剣。銃の先端部にマウントし、刺突による格闘攻撃で相手を倒すことを目的とする。銃剣にはスピア状ものもあるが帝国の銃剣はナイフ式であり、非常に頑強。鬱蒼としたジャングルで草木を払うマチェット代わりにもなる。
 
 部品: 帝国歩兵一般装備の流用実績
 以下のPC、および藩国に流用いただきました。根拠:http://nekowasa.at.webry.info/201708/article_22.html
 
 (申請順)
 竜宮・司@詩歌藩国:竜宮・司・ヒメリアス・ドラグゥーン
 よんた@よんた藩国:国営工場での生産
 せこいあ@蒼梧藩国:国営工場での生産
 フシミ@星鋼京:藩国独自職業、近衛兵に流用
 
 
 
 部品: 息をひそめる
 呼吸を止めるのではなく、息遣いを潜めることにより相手から気づかれにくくする。身をひそめながら行うことにより効果が発動する。
 
 部品: 身を隠す
 見つからないように物陰などに身をひそめる技術。音を立てないことにより効果が期待できる。また、地面に伏せる、隠す場所と同じような色の服を身につけるなど行うとさらに見つかりにくくなる。ただし、温度を察知するなどの技術では効果は期待できない。
 
 
 部品: ぶら下がり
 一時的に建物にぶら下がり建物上からの視覚から外れる技術。腕力がモノを言い、力がないモノが行うと落下する危険性を伴う。ぶら下がりながら移動したり、一つ下の階に音を立てずに飛び移ったりなどは長年技術を駆使した上級者でないとできない。下に人がいないかも把握しないとすぐ見つかる。
 
 部品: ダンボールに潜む
 近場にダンボールがある場合に効果的。ダンボールにすっぽり収まることにより違和感なくその場に身をひそめられる。だがおかしなところで行ったり、段ボールから体がはみ出ていたり、すでに見つかっている時に行ったりすると怪しまれダンボールをひっぺがされて見つかる羽目になる。
 
 部品: 変装をする
 服装を変えることにより尾行する相手から気づかれにくくする。帽子をかぶったり、髪型を変えたり、メガネをかけたり、リバーシブルの上着で服装をごまかしたりなど。バリエーションを増やすことによりより気づかれにくくなる。しかし目立つ格好をしてしまうと逆効果で覚えられてしまうので注意が必要。
 
 部品: 耳を澄ます
 耳を研ぎ澄まし、音を聞くことに集中することにより会話の内容を聞いたり足音や駆動音などから相手との距離を測ることができる。会話は距離が遠くなるほど聞き取れない上に、音を聞くのでうるさいところでは効果は期待できない。
 
 部品: 振動から動きを察知する
 見えない位置にいる相手の動きを地面や壁、建物などの振動から予測する。振動物から近いほど効果が期待できる。浮いている物体を察知することは難しい。
 
 部品: 遠視を行う
 遠くを見て目標物を探す技術。視力が良いほど発見できる確率は上がり、雨や砂埃など視界が悪いと確率は極端に下がる。また、望遠鏡などの遠くを見る道具を使うことによりさらに効果を期待できる。
 
 部品: 抜き足差し足
 足音を立てずに移動する技術。踵を付けずに膝のクッションを利用して移動を行うことにより足音をひそめることができる。また裸足になる方が効果が高い。裸足になれない場合は靴に布を巻くなどで一時的に足音を緩和できる。
 
 部品: 匍匐前進
 地面を這って移動することにより相手の視線から外れることが期待できる。じりじりと移動することが前提だが、有事の際は速度を速めたり、匍匐から屈み歩行へ移動したりとその場で行動を変えることが重要。筋力がモノを言う。
 
 部品: 撤退の潔さ
 見つかった際や情報を手にいれた際にすぐに撤退行動に移り、相手を巻いたり相手に悟られずに自らの陣に戻る事を目的とする。見つかっている際の撤退はなるべく遮蔽物を利用し、尾行されないようにフェイクを挟みながら逃げる事で相手を惑わす事ができると推測される。
 
 部品: 情報を正確に伝える
 見て得てきた情報を伝えるのには正確さと分かりやすさが重要。長々と説明するより淡々と事実のまま伝え情報を共有することにより次の行動がよりスムーズになる。
 
 部品: 体力
 藩国民として日々を暮らすために必要な体力と身体の動かし方を習得する。
 この技能には、歩く・物を持つ・長時間立ち続けたり座り続けたりする・坂や階段を昇るといった筋力・持久力や、健康を維持したり他人の長話を聞き続けたりする耐久力も含まれる。
 
 部品: 器用さ
 藩国の日用品や仕事道具を不自由なく使用できる器用さを習得する。
 この技能には、服や靴の身に着け方やマッサージのような指の動かし方なども含まれる。
 時に失敗しながらも実践を繰り返すことで、モノの使い方は身体に覚えこまれる。
 
 部品: 生活力
 藩国民として日々生きるために必要な精神・経済の働かせ方を習得する。
 他人から教わったり本を読んだりして身につける。
 この技能には、会話や読み書き、算術、社会のルールやマナーに関する知識、人間関係や同僚との付き合い方、消耗品・備品・サービスを調達できる財力なども含まれる。
 
 部品: 感情感知
 美味しい・不味い・満足・不満・楽しさ・悩みなど、対象の感情を感知する技術を習得する。
 この技能には、感知した感情に対応して、自分の振る舞いを変える知恵も含まれる。
 
 部品: 手帳
 料理のコツ、移動中の暇つぶし、口論における双方の言い分、報告の要約、日記など、手帳に何でも書き込んで、それを参照する技術を取得する。
 この技能には、無地・罫線・方眼など帳面の種類を使い分ける知識も含まれる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 47818,
     "title": "偵察兵(職業よんた版)",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-08-23 13:16:45.113883",
     "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.113883",
     "children": [
       {
         "id": 47819,
         "title": "歩兵訓練課程",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 13:16:45.11694",
         "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.11694",
         "children": [
           {
             "id": 47820,
             "title": "基礎課程1年",
             "description": "ここでは歩兵としての基礎となる部分について学ぶ期間である。集団生活にて整理整頓、時間厳守、気を付け敬礼整列行進などの基本動作を学ぶ。入隊可能年齢は18歳から27歳までとし、重装備に耐えうる足腰と持久力を鍛えるための体力訓練が行われる。武装の取り扱い等の軍事教育は基礎課程では行わないものとする。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.1183",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.1183",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 2
           },
           {
             "id": 47821,
             "title": "体力を鍛えよう",
             "description": "基礎訓練課程にて素行不良、体力不足がなければこの課程へ。ここでは歩兵の用いる基本的な装備の取り扱いや戦術、体術を学ぶ。この中には戦場での監視の仕方とその伝達情報の整理とまとめ方もふくまれる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.136685",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.136685",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 3
           },
           {
             "id": 47822,
             "title": "人助けも大事",
             "description": "1年目の内容と合わせて近接格闘や捕虜の虐待禁止、戦場での略奪行為の禁止の徹底などの倫理面についても教育する。また災害派遣される場合の訓練もあわせて行うものとする(救助、瓦礫撤去、避難誘導など)",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.151233",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.151233",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 4
           },
           {
             "id": 47823,
             "title": "歩兵技能確認試験",
             "description": "4年の訓練内容の把握を行う。筆記、実技で行い落ちれば再訓練を半年の後に再試となる。2回まで挑戦できる。落ちた場合や辞退を申し出た場合には国にて就職の相談にのる(駅などの警備)。合格者のうち希望者は専門課程に進むこともできる。またそのまま帝國軍歩兵としての資格を得たとして任務につくこともできる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.164532",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.164532",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 5
           }
         ],
         "character": {
           "id": 488,
           "name": "よんた"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 1
       },
       {
         "id": 47824,
         "title": "偵察兵訓練課程",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 13:16:45.193508",
         "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.193508",
         "children": [
           {
             "id": 47825,
             "title": "偵察を学ぼう",
             "description": "偵察器具の取り扱いと戦術、水泳、ロッククライミング、長距離走、バイク、車両などの運転技能の訓練を行う。また車両ではないが馬術も含める。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.194755",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.194755",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 7
           },
           {
             "id": 47826,
             "title": "山や海でさらに鍛える",
             "description": "1年目の内容の応用と帝國、共和国各国の言語や風習の学習、山岳サバイバル訓練、遠泳での身体能力の向上を図る",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.208349",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.208349",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 8
           },
           {
             "id": 47827,
             "title": "修了試験",
             "description": "専門課程を習得できたかを筆記、実技、口頭試問(担当試験官は定期的に変更される)にて試験し合格すれば偵察兵資格を得る。また落ちたとしても通常の歩兵としては任務につくことはできる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.22152",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.22152",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 9
           }
         ],
         "character": {
           "id": 488,
           "name": "よんた"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 6
       },
       {
         "id": 47828,
         "title": "偵察技術",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 13:16:45.248841",
         "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.248841",
         "children": [
           {
             "id": 47829,
             "title": "情報整理",
             "description": "通常の人間の範囲で二つの目、ひとつの鼻、二つの耳の感覚から得られた情報をまとめ適切に整理して報告内容を作成する。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.250013",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.250013",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 11
           },
           {
             "id": 47830,
             "title": "不整地踏破術",
             "description": "偵察を行う際に通るルートが整地されているわけではない。肉体を用いての通常の歩兵以上の移動能力と技術は必要なのものである。ただし、疲労はするし二本の足と腕では速度や移動範囲には限度はある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.26319",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.26319",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 12
           },
           {
             "id": 47831,
             "title": "隠蔽技術",
             "description": "迷彩、体術、土地ごとの風習知識などで民衆や自然に紛れ隠密行動によって敵情報を得る。ただし人間のやることであるので限度はある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.277374",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.277374",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 13
           },
           {
             "id": 47832,
             "title": "軍用車両運転技術",
             "description": "不整地を進む手段は足だけではない。機動力や速度が必要な事もある。そのために現行で運用されている車両(バイク含む)の運用技術を習得している。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.291166",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.291166",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 14
           },
           {
             "id": 47833,
             "title": "報告内容の徹底",
             "description": "把握された情報から敵の規模と編成と装備、行動、位置、発見時間を把握できた範囲で簡潔にまとめて報告するものとする。ただし伝達手段により簡略化されることはある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.303959",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.303959",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 15
           },
           {
             "id": 47834,
             "title": "いざというときの対応",
             "description": "他に手段がないなどの場合に備え狼煙の上げ方(色、時間、などで伝達)を取り決めている。またこのような場合は人の脚力やあれば馬に頼ることとなる。ただし狼煙の場合細かい内容は伝えられないなどの欠点はある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.31762",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.31762",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 16
           }
         ],
         "character": {
           "id": 488,
           "name": "よんた"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 10
       },
       {
         "id": 47835,
         "title": "災害がおきたとき",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 13:16:45.345426",
         "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.345426",
         "children": [
           {
             "id": 47836,
             "title": "国民の生命を守ろう",
             "description": "大地震、洪水、大型台風などの自然災害の際に国民保護の観点から災害救助、復興支援の目的で藩王の許可の下出動することができる",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.346602",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.346602",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 18
           },
           {
             "id": 47837,
             "title": "生き残りを探そう",
             "description": "災害後、現場到着後即生存者捜索を行う。発見した生存者は医療関係者と連携して保護する。これには偵察兵としての五感が特に生かされることである。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.360513",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.360513",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 19
           },
           {
             "id": 47838,
             "title": "道を作ろう",
             "description": "速やかな復興と災害支援のため道路の復旧は必須である。瓦礫を人力、重機などを用いて撤去し道路の応急補修を行う",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.376945",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.376945",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 20
           },
           {
             "id": 47839,
             "title": "助けを増やそう",
             "description": "移動経路の確保の後、民間支援の受け入れや他国支援の受け入れを行う。この際物資などをが集積されるであろうことから盗難防止、治安維持のため警察と連携して周辺警備も実施する",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.390898",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.390898",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 21
           },
           {
             "id": 47840,
             "title": "危なくなったら逃がそう",
             "description": "二次災害、別の災害など不測の事態の際は国民を避難誘導し可能な限り安全圏へと向かわせる(津波ならばより高い場所へなど)。また逃げ遅れがいないかの捜索も行う",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.404504",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.404504",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 22
           }
         ],
         "character": {
           "id": 488,
           "name": "よんた"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 17
       },
       {
         "id": 47841,
         "title": "銃が使えないときは",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 13:16:45.434386",
         "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.434386",
         "children": [
           {
             "id": 47842,
             "title": "手足を使おう",
             "description": "大きな音を出しては敵に気づかれる、狭くて兆弾の危険が大きいなど火器を使用できない場合には徒手による格闘にて敵を制圧する。暴徒鎮圧など不殺を求められる場合も想定する",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.435597",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.435597",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 24
           },
           {
             "id": 47843,
             "title": "当身技",
             "description": "手足を用いて殴り蹴り打撃にて敵を攻撃する。手足分のリーチを生かした攻撃法。主に敵を弱らせるために使われる",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.449941",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.449941",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 25
           },
           {
             "id": 47844,
             "title": "投げ技",
             "description": "敵を掴めた場合などに使われる。地面、コンクリートなど硬い床に叩きつける事でより高い破壊力が期待できる。ただし相手も抵抗するので技量は必要",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.464809",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.464809",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 26
           },
           {
             "id": 47845,
             "title": "関節技",
             "description": "人間相手ならば間接が曲がる方向には限度がある。敵の腕や脚を極めることで機動力、対応力をそぐ。ただし相手も簡単には技にかかってはくれないので打撃などを用いて機をうかがうことが重要である",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.479127",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.479127",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 27
           },
           {
             "id": 47846,
             "title": "絞め技",
             "description": "首を絞め呼吸を奪い敵を倒す。背後よりのサイレントキル、意識昏倒による無力化などはまれば有効である。関節技、投げ技より移行したりもする",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 13:16:45.492973",
             "updated_at": "2017-08-23 13:16:45.492973",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             },
             "localID": 28
           }
         ],
         "character": {
           "id": 488,
           "name": "よんた"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 23
       },
       {
         "id": 11536,
         "title": "帝国歩兵一般装備",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-21 02:22:29.742504",
         "updated_at": "2017-08-21 02:22:29.742504",
         "children": [
           {
             "id": 11537,
             "title": "突撃小銃「シュトゥルムコーギー」",
             "description": "短機関銃が担っていた至近距離での掃射と小銃が担っていた中距離(300-400m)での狙撃能力の両立を達成した、俗に言うアサルトライフル。弾薬の口径は5.56mmの小口径高速弾。\n有効射程500m程度。セミ/フルオートの切替射撃機能を持ち、ガス圧作動方式等の自動装填機構、着脱式弾倉を有している。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 02:22:29.74533",
             "updated_at": "2017-08-21 02:22:29.74533",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 762,
               "name": "猫野和錆"
             },
             "localID": 30
           },
           {
             "id": 11538,
             "title": "帝国制式手榴弾「ドッグボーン」",
             "description": "科学的に破片生成過程が計算された帝国軍制式手榴弾。全方位に均一に破片が飛び散るように設計されている。爆薬は旧来のものより多く、軽量な鋼製ワイヤが高速で飛び散る。目標範囲には着実な効果があり、破片は軽量なため、空気抵抗で必要以上の範囲、要するに投擲者や周囲の味方を危険に晒さない。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 02:22:29.763254",
             "updated_at": "2017-08-21 02:22:29.763254",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 762,
               "name": "猫野和錆"
             },
             "localID": 31
           },
           {
             "id": 11539,
             "title": "歩兵戦闘服",
             "description": "歩兵が戦闘時に着用する歩兵戦闘服。費用節約の目的のみならず急激な季節変化に対応するために裏表で異なる図柄や色彩を施したリバーシブルの戦闘服を採用する場合もある。\n・鉄製ヘルメット\n・ファスナー付き上衣\n・ピストルベルト(弾帯)\n・カーゴパンツ\n・良いブーツ。戦闘靴",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 02:22:29.77579",
             "updated_at": "2017-08-21 02:22:29.77579",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 762,
               "name": "猫野和錆"
             },
             "localID": 32
           },
           {
             "id": 11540,
             "title": "小型無線機",
             "description": "無線電波の送信機能と受信機能を兼ね備えた無線機。要するにトランシーバー。一般的に、送信機と受信機は、回路に共通した部分が多いため、共用できる回路を共用し、一つの機器として作られたものである。\n軍用の周波数を割り当てられており、他と混線することはない。通信距離は環境によって違うが、概ね5km前後である。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 02:22:29.787717",
             "updated_at": "2017-08-21 02:22:29.787717",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 762,
               "name": "猫野和錆"
             },
             "localID": 33
           },
           {
             "id": 11541,
             "title": "ボディアーマー「コーギーベスト」",
             "description": "銃弾や爆発による破片などから身を守るために使用されるベスト状の身体防護服。フラックジャケット、バリスティックベスト。\nアラミド繊維で構成されており、鋼鉄の数倍の引張強度を持っている。熱にも強い。\n拳銃弾や小破片程度なら問題なく防ぐことができる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 02:22:29.800474",
             "updated_at": "2017-08-21 02:22:29.800474",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 762,
               "name": "猫野和錆"
             },
             "localID": 34
           },
           {
             "id": 11542,
             "title": "簡易救急医療セット",
             "description": "衛生兵が所持しているものとは別。で止血帯と包帯が主に支給されている。他にテーピングテープや滅菌ガーゼがなどを私物で持ち歩く歩兵もいる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 02:22:29.812771",
             "updated_at": "2017-08-21 02:22:29.812771",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 762,
               "name": "猫野和錆"
             },
             "localID": 35
           },
           {
             "id": 11543,
             "title": "サバイバルナイフ",
             "description": "堅牢な大型のナイフ。刃渡りは30cm近く。堅牢で分厚い。刃の背には凸凹があり、ノコとしても使える。ステンレス性。\n柄も非常に頑強にできており、槌として使える。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 02:22:29.824979",
             "updated_at": "2017-08-21 02:22:29.824979",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 762,
               "name": "猫野和錆"
             },
             "localID": 36
           },
           {
             "id": 11544,
             "title": "9mm自動拳銃「ブラックテリア」",
             "description": "自動式拳銃。オートマチックピストルとも呼ばれる。\n引き金を引くたびに一発づつ弾丸を発射して排莢、再装填を行ってくれる半自動式。\nわんわん帝国では弾丸の口径は9mmである",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 02:22:29.83711",
             "updated_at": "2017-08-21 02:22:29.83711",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 762,
               "name": "猫野和錆"
             },
             "localID": 37
           },
           {
             "id": 11545,
             "title": "帝国軍レーション「ロイヤルわんわん」",
             "description": "野外炊飯で使え、冷蔵、冷凍施設がなくても長期に保存できる食料のこと。真空パック包装されていて、意外に味の種類が多い。\n正直に言うとあまりおいしくはないが、衛生的で滋養に満ちている。また、配給される場合は箱の底部に水と石灰石で構成されたヒーターがついていて、温めて食べることができる。温かければ結構食べられる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 02:22:29.849582",
             "updated_at": "2017-08-21 02:22:29.849582",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 762,
               "name": "猫野和錆"
             },
             "localID": 38
           },
           {
             "id": 11546,
             "title": "高硬度銃剣",
             "description": "主にシュトゥルムコーギーに装着する銃剣。銃の先端部にマウントし、刺突による格闘攻撃で相手を倒すことを目的とする。銃剣にはスピア状ものもあるが帝国の銃剣はナイフ式であり、非常に頑強。鬱蒼としたジャングルで草木を払うマチェット代わりにもなる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 02:22:29.862851",
             "updated_at": "2017-08-21 02:22:29.862851",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 762,
               "name": "猫野和錆"
             },
             "localID": 39
           },
           {
             "id": 11548,
             "title": "帝国歩兵一般装備の流用実績",
             "description": "以下のPC、および藩国に流用いただきました。根拠:http://nekowasa.at.webry.info/201708/article_22.html\n\n(申請順)\n竜宮・司@詩歌藩国:竜宮・司・ヒメリアス・ドラグゥーン\nよんた@よんた藩国:国営工場での生産\nせこいあ@蒼梧藩国:国営工場での生産\nフシミ@星鋼京:藩国独自職業、近衛兵に流用\n\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-21 02:22:29.897126",
             "updated_at": "2017-08-21 02:22:29.897126",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 762,
               "name": "猫野和錆"
             },
             "localID": 40
           }
         ],
         "character": {
           "id": 762,
           "name": "猫野和錆"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 29
       },
       {
         "id": 95904,
         "title": "ひっそりする偵察技術",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-09-06 14:28:42.111797",
         "updated_at": "2017-09-06 14:28:42.111797",
         "children": [
           {
             "id": 95893,
             "title": "その壱、隠れる",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-06 14:28:41.772396",
             "updated_at": "2017-09-06 14:28:41.772396",
             "children": [
               {
                 "id": 95888,
                 "title": "息をひそめる",
                 "description": "呼吸を止めるのではなく、息遣いを潜めることにより相手から気づかれにくくする。身をひそめながら行うことにより効果が発動する。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-06 14:28:41.722879",
                 "updated_at": "2017-09-06 14:28:41.722879",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1929,
                   "name": "まんずう"
                 },
                 "localID": 43
               },
               {
                 "id": 95889,
                 "title": "身を隠す",
                 "description": "見つからないように物陰などに身をひそめる技術。音を立てないことにより効果が期待できる。また、地面に伏せる、隠す場所と同じような色の服を身につけるなど行うとさらに見つかりにくくなる。ただし、温度を察知するなどの技術では効果は期待できない。\n",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-06 14:28:41.757793",
                 "updated_at": "2017-09-06 14:28:41.757793",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1929,
                   "name": "まんずう"
                 },
                 "localID": 44
               },
               {
                 "id": 95890,
                 "title": "ぶら下がり",
                 "description": "一時的に建物にぶら下がり建物上からの視覚から外れる技術。腕力がモノを言い、力がないモノが行うと落下する危険性を伴う。ぶら下がりながら移動したり、一つ下の階に音を立てずに飛び移ったりなどは長年技術を駆使した上級者でないとできない。下に人がいないかも把握しないとすぐ見つかる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-06 14:28:41.760391",
                 "updated_at": "2017-09-06 14:28:41.760391",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1929,
                   "name": "まんずう"
                 },
                 "localID": 45
               },
               {
                 "id": 95891,
                 "title": "ダンボールに潜む",
                 "description": "近場にダンボールがある場合に効果的。ダンボールにすっぽり収まることにより違和感なくその場に身をひそめられる。だがおかしなところで行ったり、段ボールから体がはみ出ていたり、すでに見つかっている時に行ったりすると怪しまれダンボールをひっぺがされて見つかる羽目になる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-06 14:28:41.762688",
                 "updated_at": "2017-09-06 14:37:42.125595",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1929,
                   "name": "まんずう"
                 },
                 "localID": 46
               },
               {
                 "id": 95892,
                 "title": "変装をする",
                 "description": "服装を変えることにより尾行する相手から気づかれにくくする。帽子をかぶったり、髪型を変えたり、メガネをかけたり、リバーシブルの上着で服装をごまかしたりなど。バリエーションを増やすことによりより気づかれにくくなる。しかし目立つ格好をしてしまうと逆効果で覚えられてしまうので注意が必要。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-06 14:28:41.765389",
                 "updated_at": "2017-09-06 14:28:41.765389",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1929,
                   "name": "まんずう"
                 },
                 "localID": 47
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1929,
               "name": "まんずう"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 42
           },
           {
             "id": 95897,
             "title": "その弐、情報収集",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-06 14:28:41.928399",
             "updated_at": "2017-09-06 14:28:41.928399",
             "children": [
               {
                 "id": 95894,
                 "title": "耳を澄ます",
                 "description": "耳を研ぎ澄まし、音を聞くことに集中することにより会話の内容を聞いたり足音や駆動音などから相手との距離を測ることができる。会話は距離が遠くなるほど聞き取れない上に、音を聞くのでうるさいところでは効果は期待できない。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-06 14:28:41.917269",
                 "updated_at": "2017-09-06 14:28:41.917269",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1929,
                   "name": "まんずう"
                 },
                 "localID": 49
               },
               {
                 "id": 95895,
                 "title": "振動から動きを察知する",
                 "description": "見えない位置にいる相手の動きを地面や壁、建物などの振動から予測する。振動物から近いほど効果が期待できる。浮いている物体を察知することは難しい。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-06 14:28:41.920074",
                 "updated_at": "2017-09-06 14:28:41.920074",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1929,
                   "name": "まんずう"
                 },
                 "localID": 50
               },
               {
                 "id": 95896,
                 "title": "遠視を行う",
                 "description": "遠くを見て目標物を探す技術。視力が良いほど発見できる確率は上がり、雨や砂埃など視界が悪いと確率は極端に下がる。また、望遠鏡などの遠くを見る道具を使うことによりさらに効果を期待できる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-06 14:28:41.923507",
                 "updated_at": "2017-09-06 14:28:41.923507",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1929,
                   "name": "まんずう"
                 },
                 "localID": 51
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1929,
               "name": "まんずう"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 48
           },
           {
             "id": 95901,
             "title": "その参、移動",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-06 14:28:42.007209",
             "updated_at": "2017-09-06 14:28:42.007209",
             "children": [
               {
                 "id": 95898,
                 "title": "抜き足差し足",
                 "description": "足音を立てずに移動する技術。踵を付けずに膝のクッションを利用して移動を行うことにより足音をひそめることができる。また裸足になる方が効果が高い。裸足になれない場合は靴に布を巻くなどで一時的に足音を緩和できる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-06 14:28:41.998839",
                 "updated_at": "2017-09-06 14:28:41.998839",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1929,
                   "name": "まんずう"
                 },
                 "localID": 53
               },
               {
                 "id": 95899,
                 "title": "匍匐前進",
                 "description": "地面を這って移動することにより相手の視線から外れることが期待できる。じりじりと移動することが前提だが、有事の際は速度を速めたり、匍匐から屈み歩行へ移動したりとその場で行動を変えることが重要。筋力がモノを言う。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-06 14:28:42.001155",
                 "updated_at": "2017-09-06 14:28:42.001155",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1929,
                   "name": "まんずう"
                 },
                 "localID": 54
               },
               {
                 "id": 95900,
                 "title": "撤退の潔さ",
                 "description": "見つかった際や情報を手にいれた際にすぐに撤退行動に移り、相手を巻いたり相手に悟られずに自らの陣に戻る事を目的とする。見つかっている際の撤退はなるべく遮蔽物を利用し、尾行されないようにフェイクを挟みながら逃げる事で相手を惑わす事ができると推測される。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-06 14:28:42.003541",
                 "updated_at": "2017-09-06 14:28:42.003541",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1929,
                   "name": "まんずう"
                 },
                 "localID": 55
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1929,
               "name": "まんずう"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 52
           },
           {
             "id": 95903,
             "title": "その四、報告",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-06 14:28:42.073748",
             "updated_at": "2017-09-06 14:28:42.073748",
             "children": [
               {
                 "id": 95902,
                 "title": "情報を正確に伝える",
                 "description": "見て得てきた情報を伝えるのには正確さと分かりやすさが重要。長々と説明するより淡々と事実のまま伝え情報を共有することにより次の行動がよりスムーズになる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-06 14:28:42.071186",
                 "updated_at": "2017-09-06 14:28:42.071186",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1929,
                   "name": "まんずう"
                 },
                 "localID": 57
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1929,
               "name": "まんずう"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 56
           }
         ],
         "character": {
           "id": 1929,
           "name": "まんずう"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 41
       },
       {
         "id": 46578,
         "title": "ニューワールドの住民",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 12:14:03.261559",
         "updated_at": "2017-08-23 12:14:03.261559",
         "children": [
           {
             "id": 46579,
             "title": "体力",
             "description": "藩国民として日々を暮らすために必要な体力と身体の動かし方を習得する。\nこの技能には、歩く・物を持つ・長時間立ち続けたり座り続けたりする・坂や階段を昇るといった筋力・持久力や、健康を維持したり他人の長話を聞き続けたりする耐久力も含まれる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 12:14:03.274907",
             "updated_at": "2017-08-23 12:14:03.274907",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 726,
               "name": "かくた"
             },
             "localID": 59
           },
           {
             "id": 46580,
             "title": "器用さ",
             "description": "藩国の日用品や仕事道具を不自由なく使用できる器用さを習得する。\nこの技能には、服や靴の身に着け方やマッサージのような指の動かし方なども含まれる。\n時に失敗しながらも実践を繰り返すことで、モノの使い方は身体に覚えこまれる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 12:14:03.302701",
             "updated_at": "2017-08-23 12:14:03.302701",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 726,
               "name": "かくた"
             },
             "localID": 60
           },
           {
             "id": 46581,
             "title": "生活力",
             "description": "藩国民として日々生きるために必要な精神・経済の働かせ方を習得する。\n他人から教わったり本を読んだりして身につける。\nこの技能には、会話や読み書き、算術、社会のルールやマナーに関する知識、人間関係や同僚との付き合い方、消耗品・備品・サービスを調達できる財力なども含まれる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 12:14:03.324149",
             "updated_at": "2017-08-23 12:14:03.324149",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 726,
               "name": "かくた"
             },
             "localID": 61
           },
           {
             "id": 46582,
             "title": "感情感知",
             "description": "美味しい・不味い・満足・不満・楽しさ・悩みなど、対象の感情を感知する技術を習得する。\nこの技能には、感知した感情に対応して、自分の振る舞いを変える知恵も含まれる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 12:14:03.343464",
             "updated_at": "2017-08-23 12:14:03.343464",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 726,
               "name": "かくた"
             },
             "localID": 62
           },
           {
             "id": 46583,
             "title": "手帳",
             "description": "料理のコツ、移動中の暇つぶし、口論における双方の言い分、報告の要約、日記など、手帳に何でも書き込んで、それを参照する技術を取得する。\nこの技能には、無地・罫線・方眼など帳面の種類を使い分ける知識も含まれる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 12:14:03.360936",
             "updated_at": "2017-08-23 12:14:03.360936",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 726,
               "name": "かくた"
             },
             "localID": 63
           }
         ],
         "character": {
           "id": 726,
           "name": "かくた"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 58
       }
     ],
     "character": {
       "id": 488,
       "name": "よんた"
     },
     "expanded": false,
     "localID": 0
   }
 ]