ざざーん

ざざーん

茜色に染まる砂浜。

昼間の喧騒は嘘のように静まり、波のごぅごぅとした声だけが響く

そして、砂浜から生えている2つの首。

槙:「・・・・」

褌:「・・・・」

反応がない。ただのしょうもないバカの残骸だ。

/ * /

うわぁ!

驚嘆の声が海中に響く。

否。正確にいえば、海中50メートルに通されているトンネル・・・というよりガラスチューブと言うべきか。

海中を育枝にも広がるそのチューブは有機LEDにより幻想的に照らされており、その光に惑うように、銀に輝く小魚の群や、巨体をゆらしながら頭上を崖下をすすむ巨大なくじら。

魚雷のように小魚を追う、どこかで見たペンギン。

「まさか、こんな施設があったなんて知りませんでした~」

足もとのイルカを顔ごと追いながら言う支那実。

「ハハハ、いや。まぁ軍事施設を改修した新型の水族館でして、実はそのメインルートとして本島と離島を結ぶラインを考えていたんですよ」

カラカラと笑いながら説明するかくたさん。

「すごいーのです!あ、おねーちゃん!今イカタコ型宇宙生物みたいなのが通ったですよ!」

かくたさんと姐さんと手を繋いで空中でぷらーんなはるみん。

「え?どこ?あらホント・・・ん、変ね・・・今のイルカ、宇宙スーツ着てたわ」


「あー、支那実ちゃん、観てんか!うえ!うえ!くらげくらげ!」

「くらげくらげ~♪」

何気に楽しそうな二人。


「色々ありましたけど、楽しかったですね~」

(こくこく

「うん。今度は2人でたけきのにでも行ってみよう」

「∑?!」

はいはい。楽しそうだね。


「な~にか、忘れてる気がするんですよね」

「気のせいやナイか?」

「気のせいだろう」

「ですかねぇ」

(´-`).。oO(帰ったら海鮮丼食べよう)

という訳で、よんた国に新規娯楽施設。海中水族館が出来そうである。(名前募集中)

/ * /

ざざーん

ざざーん

槙:「ハンチョ。俺、ここに村を作るよ」

褌:「・・・・・」

返事がない。昼間のりっか式ハンチョ割り(4hit)が効いたようだ。

追記:離島には「ビキニ村」が建設予定。(個人で竣工中)

END

(文:槙昌福)