裕樹君捕獲大作戦 パート2




「……さん…ろき……、しっかり……。」
「…ん、うん…?」
「しっかりしてください、裕樹さん。大丈夫ですか?」
「その声は…。」
気が付いた裕樹が目を開けると、そこにいたのは髪の長い可愛らしい女性だった。
「し、しなしな、支那実ちゃん!?」
あまりに焦った裕樹は飛び起きようとするが、心配していた支那実は裕樹の顔を覗き込んでいた。
当然、裕樹は支那実に強烈な頭突きをかます事になる。

「ほんまいけるか? ごめんな。」
「はい、大丈夫ですよ。ちょっと赤くなっただけみたいですし。」
とりあえず、鏡を見ながら応急処置として絆創膏を額に張り、笑顔で答える支那実。
心配そうに見る裕樹であったが、彼の頭には大きなコブができていた。

彼女の名誉のために言っておくが、支那実が石頭なのではない。
裕樹は頭突きする前に、寸止めをしようとした。
結果、支那実の額には軽く当たった程度で済んだ。
が、引き戻す力を入れすぎてそのまま床に『ゴンッ』である。
余談ではあるが、裕樹はそのときもう一度気を失いかけたが、支那実がいることで”恥”と言う心が彼を現実に引き止めた。

「そ、そんでなんでここにおったん?」
なぜだか、支那実には苦手意識がある裕樹。
「えっと…あの…、そうだ裕樹さんが出てこないから様子見てくるように言われて…。」
嘘がとてつもなく下手な支那実。
普通の人なら、顔を見ているだけで支那実の嘘は見抜く事が出来る。
真砂やグラジオラス、来なんかは支那実が何も言う前から表情を見ただけで、嘘を言うかどうか分かるという。

「そっか、連絡してへんかったんやっけ。寝坊したんやけど、なんでか電話が使えんくてな。
 携帯も壊してもうたから、連絡しようにも出来んかってん。 …いちいち来てもろて悪かったな。」
支那実の顔すらまともに見ることのできない裕樹に、彼女の嘘を見破る能力が無くて当然である。
「いえ、真砂さん達に言われたのもありますけど、私も裕樹さん遅いなーと思ってたんで。」
彼女の無邪気な笑みは多くの人々を和ませるが、裕樹は何か胸の中を掻き立てられるようで苦手である。

「ま…まぁ…、俺もすぐ行くから、先に行っといてくれんか?」
「え、せっかくですから一緒に行きましょうよ。
「あ、いや、折角って言われてもな…。」
しどろもどろになる裕樹と、それを笑顔で見つめる支那実。
姐さん曰く『初々しいわね』という状況である。

裕樹はグルグルしながらも、なんとかはっきり言わないと分からないという結論に至った。
「あの、支那実ちゃん。俺、まだ出かける準備もしてないんや。
 一緒に行くんやったらだいぶ待ってもらわなあかんし、そんなん悪いから先行っといてもらえんかな?」
裕樹としてはかなり勇気を振り絞った一言であった、が。
「じゃあ、家の前の店で待ってますね。」
あっさりと返答する支那実。
そして、善は急げと言わんばかりにさっさと出て行く支那実。
(…そうじゃないんだ、支那実ちゃん…。)
裕樹は違う意味で泣きそうになっていた。

とはいえ、支那実を待たせている以上、そんなに時間をかけるわけにもいかない。
(とりあえず着替えて、朝飯は外で食うか。)
寝室へ行きタンスの引き出しを引く。
当然のように引き出しは勢いよく飛び出し、裕樹の腹に激突、そして落下。
さらに足の甲に命中。
はたから記述しているだけでも痛そうな状況で、裕樹は「はぐぁ…」とか情けない声を上げながら悶絶する。

少ししてなんとか復活して服を取り出し、引き出しを戻す。
ただ、引き出しが異常なほど滑りやすくなっているのは(都合よく)忘れていた。
ガンッ、といやな音を上げ、思いっきり指を挟む。

かろうじて残った気力を振り絞り、着替えを済ませ、玄関で靴を履く。
最初の一歩で靴の寿命は尽き、靴紐が綺麗に切れた。
まさに「下駄の鼻緒が切れる」の現代版である。
ちなみに、同じタイミングで靴に穴が開いているのを発見した。
この靴は裕樹の履きなれたお気に入りのブランド靴であった。

(…他の靴は無事やろうか?)
もはやこれくらいでは驚かない裕樹、人事のように感じ始めている。
とりあえず靴箱を確認し、大丈夫そうな靴を履きドアを開ける。
外はすでに日が高く、ずっと室内にいた裕樹は明るさに目を細める。

ただ、黒いものが目の前をよぎった。
瞬きをした後、すでにどこにもいなかったが、裕樹はその姿をはっきり見ていた。
(…なんで猫がいるんだ? ここは帝國だぞ。)
足元に残された足跡に気付かなかった裕樹が、その答えに行き着くことはなかった。

裕樹の家の前には、小洒落たカフェがある。
「あ、裕樹さん。こっちですよ。」
支那実、嬉しそうに手を振っている。
裕樹にはあまり心臓に良い状況ではない。
(この状況は…、とりあえず一緒に行かんとあかんのやろうな。)
「支那実ちゃん、すぐ出るけど、構わんか?」
支那実と二人で並んで座っている。
その状況は、裕樹にとって戦場となんら変わらなかった。
ある意味では戦場よりタチが悪い。
「せっかくだからお茶していきましょうよ。」
生殺し、悪夢進行中、な裕樹は逃げ出したい気持ちでぐるぐる。

結局なにがどうなったか分からない中、なんとか(裕樹にとっての)恐怖の時間が終了し店の外へ出ることが出来た。
ただ、横には支那実が笑顔で並んでいる。
前言撤回、恐怖の時間は続行中。


注釈:なぜあんな心理状況になるのか、裕樹本人は全く分かっていません。

(文:雷羅 来)