※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

私の名前はザギヴ・ディンガル。
視察のためにロセンに向かう途中、
忌まわしいモンスターを連れた刺客に襲われました。
怪我を負った私は刺客に捕らえられ、木に縛り付けられました。
「たまらねえカラダしてるな、年増って言ってもバカにできねえぜ。
さあ、玄武将軍様のマ○コを見せてもらおうか!」
私はビスチェはおろか、下着まで脱がされ、一糸まとわぬ姿をさらされました。
男の人の舌があそこに延びてきて、
いやらしい音を立てながら私のあそこを味わいます。
「歳のわりにかわいらしい色しやがって。
まってろよ、たっぷり楽しませてやるからな!」
男の人は言うと、私のあそこに熱くたぎった肉塊を押し込んできます。
泣き叫んでも、それに答えてくれるのは木々のざわめきだけ・・・。
「ほれ、もっと愛情を込めてしゃぶるんだよ!」
私の胎内に欲望を吐き出した男の人は、
汚れたものを私の口で清めるように強制します。
私の口の中で、私を貫いた物がまた大きくなっていきました。
「ご馳走のついでだ。ケツの穴もいただいてやるから感謝しろよ!」
男の人は言うと、私のお尻の穴にむりやり肉塊をねじこみます。
何回もお尻を突かれ、気が遠くなった私はおしっこを漏らしてしまいました。
「ションベン漏らすほど良かったのか?だったらもっとしてやるよ!」
おしっこをする私に興奮したのか、
男の人の物が私のお尻の中でさらに硬くなっていくのがわかります・・・。
男の人は私の口を、あそこを、お尻を、何回も何回も弄びました。
一晩中私を嬲って満足したのか、
男の人は私の下着をあそこにねじ込んで帰っていきました。
ねじ込まれたそれを抜く気力もなく、
私は汚し尽くされた体を横たえて気を失いました・・・。