※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

 夜の静寂に、漣が波紋を広げていく。
 エルズから六日間の船旅の後、アミラルにて。
 彼女にとっては、初めてのバイアシオン本土で迎える夜。
 そして―――
「……ふふふ」
「ち、ちょっと待て」
 柔らかな寝台の上で、必死に逃げ出そうとする青年と、
 その体に圧し掛かる少女の姿が影絵となって壁に浮かび上がる。
「待たぬ。もう随分と待ったのだからな」
「だ、だからって……」
 引き攣った表情を浮かべ、
何とか逃げ道を探そうとする青年の瞳を翡翠の瞳が覗き込んだ。
 近づき過ぎるほどに近づいた少女の吐息が、顔にかかる。
「……なんじゃ。わらわでは不服か?」
「い、いや……そういうわけでは」
 僅かに熱を帯びた吐息を受けて、顔が赤くなる。
その上擦った声に、少女は妖しげな笑みを浮かべた。
「ならば、問題あるまい?」
 そう告げると彼女は、青年の股間へと視線を移した。

 

『わらわは決めた。魔法で子を残すのはよそう、運命に抗おう、と』


 ぴちゃぴちゃ、と猫がミルクを飲む時のような粘着質な音が部屋に響く。
「……ちゅる……んむぅ…ちゅ……んはっ、……どうじゃ?」
 股間に顔を埋めていた少女が、上目づかいにこちらを見つめる。
 その薄桃色に上気した頬に、潤んで揺れる瞳に、
先ほどから早鐘のように打ち鳴らされていた心臓が更に狂騒する。
ドクン、と少女が咥えている肉棒に一層の血が流れ込んだ。
「―――っ」
「……んむっ!? ……ふふっ…ちゅっ、くちゅ……」
 一瞬驚いた様に目を見開いた彼女だったが、
すぐに気を取り直したように笑みを浮べ、手と口の動きを再開する。
「なん……で…こんな」
「……ちゅぅ……ぷはっ………、ふふふ。わらわを誰じゃと思うておる。
 わらわの風読みを以ってすればこの程度の知識を得る事など、造作もないわ」
 逸物から口を離し、誇らしげに笑みを浮かべる元エルズの女王。
 もはや、その言葉に突っ込むだけの余裕は残されていなかった。
 薄翠色の巫女装束に包まれた少女の幼い体を抱く事に、既に理性は抵抗できない。


 猛烈に膨れ上がった情欲に身を任せる。
「……エアッ!」
「ん、んんむっ!?」
 彼女の小柄な身体を抱きしめ、その小さな唇に貪るようにキスをする。
 そのまま、体勢を入れ替えて少女の上に覆い被さった。
「ん、んんんっ!? ……はふ、ちゅ……ん、むちゅ……」
 舌を差し入れ、彼女の口内をかき混ぜる。
「んんぅ……ぷはぁっ……ど、どうしたのじゃ、急に?」
「ごめん……あまり加減はできそうにない」
 目を丸くしてこちらを見上げるエアに、もう一度唇を重ねる。
 そのまま、薄い生地の上から胸に触れた。
「……ん」
 目を閉じてこちらの手を受け入れる少女の鼓動が、
自分に劣らず狂ったような速さであることに気付き、小さく笑みがこぼれた。
「な、なんじゃ……急に」
「いや、何でもない。続けるよ」
 不審そうに目を開けたエアに笑いかけると、ゆっくりと胸への愛撫を始めた。
 大胆に―――けれどその華奢な体が壊れないように、慎重に。


 何もかもを焼き尽くすような情欲はそのままに、
けれどソレを上回る少女への愛おしさが心を埋め尽くす。
「……んぅ…は、ぁん………はぁ……ゃ、あ」
 掌で包み込むように揉みほぐすと、エアが甘やかな吐息を漏らす。
 ツン、と薄翠の生地を押し上げる乳首を爪弾くと、彼女はビクリと身体を震わせた。
「ふぁっ……あふ、すこ……待、……んぅっ……ぁあっ」
 初めての感覚に震える少女の唇に、頬に、首筋に、何度も何度も唇を這わせる。
 そして、片手を深いスリットから覗く細い足へと伸ばし、その太ももをそっと撫で上げた。
「や、んふっ……そ、そこはっ…んんぅっ」
「大丈夫だから」
 慌てたように顔を上げ、こちらの手を押し留めようとするエアに口付けをしながら、
足の付け根……巫女装束に隠された聖域へ手を触れる。
「んんぅ……あぁっ!」
 くちゅり、と粘着質な音がした。
 そこは既に潤と湿っており、下着はすでにその用を成していなかった。
 そのまま、下着越しにぐっしょりと濡れた秘部を撫で上げる。
「ひぁっ! ……あっ、あっ、あっ……ま、待てっ!!」
 その刺激にエアが悲鳴を漏らしながら、全身を震わせる。
 そして―――指先が、下着越しに何かコリッとしたモノに触れた瞬間。
「あ、ゃ……っ! ~~~~~っ!!」
 知識はあっても経験のない少女は、突如として襲い掛かった強烈な刺激に耐え切れず、
全身を弓なりに反らせ、声にならない絶叫を上げた。


 荒い息づかいと、どこか甘い―――男の精神を狂わせる匂いが部屋に充満する。
「はっ、はぁ……はぁ……す、すこ、しは加減せぬか」
 息も絶え絶えになりながら、エアがこちらを睨む。その少し涙目になった少女に、
キスをして詫びながら、装束の帯を緩め、肩口の留め金を外す。
「あ……」
 はらり、と薄い布地がはだけ、
少女の幼い身体には少々不釣合いな大きさの膨らみが姿をみせる。
 そのまま完全に脱がすこと無く、雪白の肌、その頂にそっと色づいた桜色の蕾を
口に含むと、エアの唇から再び嬌声が零れ落ちた。
「んっ……ふぁ……ぁ、ぜ、全部……あぁっ……脱がさぬ、のか?」
 中途半端に装束を脱がされたせいで、上手く身体を動かす事が出来ず、窮屈そうに
彼女が体を動かす。
 それには答えずに、下着を脱がし直に秘唇に指を這わせた。
「……っ! ひぁ……ひ、…んんぅ……わ、わらわの……あっ…問いに……あぁっ!!」
「悪い。このまま、挿れるよ」
「ま、待て……わらわが、上に」
 そう、荒い息の中告げると、エアは身を起こす。
 そして、こちらの体の上に跨り、肉棒を自らの秘唇にあてがう。
 そのまま、意を決したように腰を落とした。
「―――っ!」
「―――ぅあっ! ……あ、ぐ……っ」
 こちらを食い千切らんばかりの締め付けに、知らず呻き声が漏れる。
小さな身体で、己を受け入れている少女を支えながら、果てそうになるのを息を止めてやり過した。
 ギチギチ、と音が聞こえてきそうな程に窮屈な彼女の胎内を、
肉棒の先端がゆっくりと割りひらいて行き、やがて一際強い抵抗に出会う。
「……エア」
「…………」
 翡翠の瞳と視線が交錯する。エアが小さく頷くのを見て、彼女が腰を落とすと同時に下から突き上げた。


ぷつり、と何かを突き破る感触と共に突如抵抗が消える。
「~~~~っ!! あぐぅっ、はぁあああ――――――っ!!」
 エアの身体が大きく痙攣して、何度も小刻みに息をはく。
「大丈夫か?」
「……はっ、はふ……はぅ……ふ、ふぅ……ん、だ、大丈夫じゃ」
 小さな体を震わせながら、必死に痛みを堪える彼女の姿に言い様のない罪悪感が胸を占める。
だが、その罪悪感すら今の自分には快楽をもたらす麻薬となる。
「……んっ、なん……まだ、大き……んぅっ!」
 胎内に不釣合いな大きさの逸物を抱え、エアが苦しそうに呻く。
 少しでも彼女が痛みを紛らわせられるよう、
手を伸ばしゆっくりとこねる様に胸を揉みあげる。
ツン、とその頂で勃っている乳首を摘み、同時に片手を結合部へと伸ばすと、エアはびくりと体を振るわせた。
「んふっ……は、……ぅ」
 緩やかに腰をグラインドさせ始めた彼女に合わせて、クリトリスを親指の腹で刺激する。
出来る限り優しく、彼女が快楽を受け入れられるように……


 その甲斐あってか、しばらくするとエアの唇から再び悩ましげな吐息が漏れ始めた。
 トロンとした目がこちらを見下ろし、ゆっくりだった腰の動きが速く大きくなる。
「……ああっ……はぁっ……んん、あたって……」
 エアの動きにあわせて下から突き上げると、背を反らしながら彼女は悲鳴を上げる。
乱れに乱れた巫女装束から除く結合部では、小さな陰唇が肉棒をしっかりと咥え込んで
いる様が見られた。
破瓜の血の混じった愛液に濡れ、粘膜が妖しい光を放ちながら真っ赤に充血している。
「……あっ、あっ、あっ、あは……んんぅ……いぃ……ああんっ!」
 普段の凛としたエアと、快楽に酔っている今のエア。巫女装束を身に纏っているせいで、
否応なしにそのギャップを感じさせられ、こちらの思考を灼熱させる。
「はぁっ……あ、……あたるっ……奥にあたって……んんぅ!!」
「……く」
 エアの腰を掴み、大きく下から突き上げる。円を描くように腰を回しながら、
小刻みに何度も何度も彼女の膣内を擦り上げる。
「ひぁっ……やめ、……またっ! ああぁっ、ふあぁぁあああ―――!!」
グチュグチュ、と卑猥な水音が部屋中に響き、泡状になった愛液が結合部から漏れる。
ただでさえ狭い膣内が、更に締まりヒダというヒダが肉棒に巻き付いて射精を促す。
「ああぁ、あふっ……、んふぅ……ひあっ、ああああああぁ――――――っ!!」
「……くぅっ、エア……っ!!」
 エアの全身が痙攣し、膣が激しい収縮を繰り返す。こちらの精を搾り取ろうとする
その刺激に耐え切れず、彼女の中へと全てを吐き出していた。
「はぁ……ふ、ん……あぁ……はふっ……ふぅ、……この、ケダモノ」
 胎内に放出された精を受け止め、ゆっくりとこちらへと倒れこんできた少女を受け止めると、
彼女は恨めしげにこちらを睨んだ。
「手加減せよと、言うたではないか……」
「いや、申し訳ない」
 そっと乱れた髪を撫でながら謝る。エアはくすぐったそうに目を閉じて、こちらへと頬を寄せた。
「ま、よかろう。わらわから迫ったのだし…………その、気持ち良かったし」
 そう、耳元で囁くと彼女はそのまま、暖かな夢の中へと包まれていった。

 

『風の巫女よ……風になれ。
 お前の母たちが逃れたいと願っていた、地獄のくびきから逃れよ』

 ノーブル、そしてロストールへと伸びる街道を一組の男女が歩いていた。
 一人は冒険者という風体の青年。
もう一人は、どこか神秘的な雰囲気のある薄手の衣装に身を包んだ少女。
「で、これからどこに行く?」
 青年が、少しばかり前を歩く少女に声をかける。
 街道沿いに茂る木々の隙間から零れ落ちる陽光に、彼女は目を細めた。
「そう、じゃな」
 青年の問いに彼女は足を止め振り返ると、そのまま彼が追いつくのを待って横に並ぶ。
 柔らかな風を受けて、肩口で切りそろえられた髪が、薄翠の装束が揺れた。
「どこに行くにせよ、何をするにせよ……これだけは確かじゃ」
 木漏れ日の中、少女は目を細めて青年を見上げる。
「定めや運命などという魔物じみた存在にとことん抗い、魔法などに頼らず子を宿し、
子孫を残す事じゃ……。のう、―――――?」
楽しそうに青年の名を呼ぶとその腕を取り、小さき風の娘は優しい風の中、
軽やかに大地を蹴った。