※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

 淡い金髪の美しい少女が、寝台ですやすやと静かな寝息をたてている。両の腕は
細く、この少女が身の丈ほどの大剣を手足のように扱う『竜殺し』であるとは、誰
が想像できよう。傍らに伏していた赤毛の少女は、丈の短い草色のチュニックから
無防備になげだされた白い太股の感触を満喫している。17歳とは思えない、熟達し
た何かを秘めた手つきである。
「ん……むぅ……」
 太股をいやらしい指使いで弄りまわされ、少女は鼻にかかった声をあげる。
「……あ……、あれ……? カルラ……?」
「ようやくお目覚めね? 睡魔の牙入りのエイジア茶は美味しかったかしら」
 人の悪い笑みを浮かべ、カルラは事情を飲み込んでいない少女の頬を撫で回す。
「随分とまぁお見限りだったじゃないの。これは挨拶代わりよ」
 奪うように唇を重ねる。ぬらつく舌を滑り込ませ、少女の舌を絡め取り、唾液を
流し込む。抗う手足を器用に押さえ込み、口腔を蹂躙し尽くすと、ようやくカルラ
は顔を離した。
「どうして……こんなことを、するの……?」

 

「あれ、言わなかったっけ? アタシは可愛い女の子が大好きなの」
 体を起こそうとするが、何故か呪われたように体が重い。
「大声を出すわ……。青竜将軍が女のコを襲う変態だって噂になりたくないでしょ?」
「好きにすれば? でも、そうしたらアタシも言うわよ。このコはノーブル伯よ、
捕らえなさいって。フフ、この部屋にはロクシャの墨とキッカネの香草を焚きこめて
あるわ。自慢の魔法で何人倒せるかしらねぇ。女の捕虜は辛いわよ~。兵士どもの
精液便所になりたい? 体中隅々まで犯しぬかれて、精液まみれでお兄さまと再会
したくはないでしょ?」
 自由にならない躰を必死に起こし、睨み殺さんばかりの目をして少女は吐き捨てる。
「最低……! それじゃペウダと同じじゃない」
 暗愚王並という、人として最下級の侮辱だが、カルラはあっけらかんと笑ってみせた。
「昔から言うじゃない。『美少女は世界の宝だー』って。富の独占はダメだと思わない?」
「だからって……! ひッ!!」
 みなまで言わせず、カルラは少女のうなじに舌を這わせる。チュニックの裾をまくりあげ、
下着の上から秘部をまさぐる。
「や……だめぇ……!」
 弱々しい悲鳴には無視を決め込み、豊かな乳房の感触を楽しむ。
「ん~、思ってた通り、イイ感触だわぁ♪」


 香の煙が幽かにたゆたうロセン王宮の寝室に、甘やかな嬌声が籠もる。
「やだよぉ……もぉ……許してぇ……ぁああっ」
 無骨な大鎌を振るうには、あまりに繊細な指先が少女の躰を奏でる。
「何が嫌なの? その割には、ここは『もっとして』って言ってるわよ?」
「……!」
 ぬめる指を頬になすりつけられ、少女は赤く染まった頬を更に紅くして顔を背ける。
「絶対感じないから! って言ってたクセに、全然脆いじゃない?」
「やぁ……、言わないでぇ……」
 妖しく蠢くその指で、淫らを体現したようなその舌で、幾度と無く絶頂を極めさせ
られた少女には、揶揄の言葉も快楽を高めるエッセンスでしかない。
 秘唇にねじこまれた指が、一番弱いところをこする度に、少女は切れ切れに悲鳴を
あげる。蜜にまみれた指先が、後ろのすぼまりをえぐる。
「ふん、イっちゃえ淫乱!」
「ち、ちが……ひぁああっ!」

 力無く崩れ落ちた少女の、虚ろな目から零れた涙を舐めとり、カルラは耳元に
囁いた。
「次はザギヴおねーさまに可愛がってもらおっか。おねーさまの責めはもっとスゴい
けど、壊れないでよね。アタシの……」
h