※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

リューガ家の日常


リューガ家の女主人公の部屋。

女主人公「セバスチャン……」
セバスチャン「失礼します」

セバスチャンが膝を進めて女主人公の足を手にとった。

女主人公「あっ…ん…んんっ…っ!」
セバスチャン「我慢をすることはありません主人公様。声を出してもよろしいのですよ?」
女主人公「そんなっ…気持ち…よくなんか……あ…ん…ッ…痛い…痛いわ……セバスチャン…ッ?!」

扉を隔て、そのやりとりを聞いていたエストが真っ赤になり、扉をこっそりと開いた。

エスト「……(女主人公ッ…!?)」

女主人公の部屋では寝台の上でクッションを強く抱えこんだ状態で横たわり、
顔を真っ赤にし、目に涙を浮かべた女主人公と
彼女に足ツボマッサージを施療しているセバスチャンの姿があった。

「そこはダメぇ…セバスチャン…あぁん…っ」