※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • アイリーンの場合――

「!? いきなり何言ってんのよ! この馬鹿ネコ!!」

アイリーン、ネモを叩く。男主、アイリーンを見る。

「オールも変な事を訊くんじゃないわよ! 全くもう……!」

  • イオンズの場合――

「はっはっはっ! こんなジジイと仲良くなるより、女と仲良くなった方が良いぞ!」

  • ナッジの場合――

「えっ! ボク、オールとそんなに親密になってるんだ……」

男主、頭を掻く。

「あはは……何て言って良いか分からないけど、これからもよろしく。オール」

  • エステルの場合――

「わぁぁぁ! いきなり何言い出すんだよ、ネモ!?」
「お、オールとそんな仲なら嬉しいけどさ……やっぱり気持ちは自分で……」(小声)

男主、首を傾げる。

「まあそれは置いておいて……オール!!」

エステル、男主に詰め寄る。男主、一歩後ずさる。

「女の子の気持ち、他人から訊くものじゃないよ! 分かった?」

  • フェティ様の場合――

「こ、高貴なエルフ様が人間相手にそんなわけないでしょ!!」

フェティ、男主に詰め寄る。

「オール! 貴方、こんなネコの戯言を信じるものじゃなくってよ! 良いわね!」
「貴方は私の下僕なのよ! それ以上でもそれ以下でもなくってよー!」

  • ユーリスの場合――

「キャッ! 私とオールの仲、熱々だって!」

ユーリスはしゃぐ。男主、悩む仕草を見せる。

「ああ、でもどうしよう。私は魔道アカデミーの生徒、オールは自由な冒険者……」
「抗えない運命が私達の仲を引き裂くのね! どうしよう! キャッ、なかなか良いかも」

  • セラの場合――

「フッ……何時の間にか貴様との間には、強い絆が出来たようだな」

オール、頷く。

「このネコの表現は後で訂正させておく。これからもよろしく頼む」

  • ゼネテス兄貴の場合――

「おいおい、俺達の仲、とても親密みたいだぜ?」

ゼネテスとオール、互いに項垂れる。

「お互い野郎と親密になる前に、女と1人でも付き合えってこったな」
「まあそう言う意味でも、これからも頼むぜ? オール」

  • レムオン(義兄)の場合――

「ふん……義理とは言え、俺達は兄弟だ。親密でも問題はあるまい」

レムオン、ドアの前に移動する。

「オール、訊く事が無いのなら出るぞ。これ以上時間を無駄にするな」

  • カルラの場合――

「あららん。見事にあたしの気持ち、ネコちゃんに言い当てられちゃったよ」

カルラ、男主に詰め寄る。男主、驚く。

「何その反応? 傷付くなぁ。こんな良い女が好きだって言ってるのに――」
「逃げるつもり? 無限のソウル。ん~(チュッ)♪」

  • ザギヴの場合――

「……オール、女性の秘めた気持ちを軽々しく訊くものじゃないわよ?」

ザギヴ、男主に詰め寄る。男主、一歩後ずさる。

「訊きたい時は、直接本人に訊きなさいな。今が良い機会よ?」
「本人が眼の前に居るんだから、ね……」

  • オイフェの場合――

「…………」

オイフェ、ネモに向けて無言で弓を構える。

「オールは外に出てなさい。今からこのネコを仕留めるから」
「ちょ、何する気だよ! この魔人ネモ様を殺す気か!!」
「うるさい! オール、さっさとこの部屋から出て行きなさい!」

オール、やれやれと言った仕草を取る。

  • フレアの場合――

「愛、ですか……? この気持ちが」

フレア、首を振る。

「正直よく分かりません。人形の私には理解出来ない物なのかもしれません」
「でも火の神殿に居た頃……貴方が訪れ、去って行く時、引き留めたいと思う時がありました」

男主、フレアに何かを言う。

「同じような物なのですか? 愛と……」
「もしそうなら、私は……」