※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「またやってんのか?剣狼」
 自分をよぶ声が後ろから聞こえ、ゼネテスは振り返った。
「…よう、オール。久しぶりだな。ま、いつも通りってやつだな」
「昼間っから酒ばっかり…他にすることないのか?」
 振り返った先には見知った顔がある。冒険者仲間であるオールだ。スラムの酒場にはたまに顔を出すのだ。
「お前さんが呼んでくれないもんでね。寂しく一人酒さ」
「野郎と旅しても楽しくないだろ?…エイジティー」
「それもそうだな」
 そう言って笑い合う。必要があれば呼ばれるだろう。それまでは好きなようにするだけだ。そうゼネテスは思っている
「噂は聞いてるぜ?竜殺しさん」
「そう言うゼネテスは女殺しか? 」
 軽口の応酬は続く。よく知った仲だ。挨拶代わりにもなりはしない。
「俺じゃあとてもじゃないがわがままエルフやユーリスとかいう爆弾娘は手なずけられない。女殺しの称号はお前さんに譲るよ」
 そう言ってグラスを傾ける。冗談のつもりだった…が、返って来た返答にゼネテスは口に含んだ酒を噴き出しそうになった。
「そうか?ベッドじゃかわいいもんだぜ?」
「…なんだって?」
 ゼネテスの目が見開かれる。
「フェティはなんだかんだ言いつつ素直だし、ユーリスも言動を除けばまぁ上物の部類だ。抱くには問題ない」
 ごく自然に話すオール。ゼネテスにはオールが一回り大きくなったように見えた。

「お前さん…いつの間に…」
「フェティは仲間になったその日からだからもう三年になるか…ユーリスも多分そのくらいだな…」
「………」
 あの時既にモノにしていたというのか…ゼネテスは腐竜の洞窟での出会いを思い出す。いかにも新米といった四人の冒険者…ちょっと待て。もしかして他にも?
「他はどうなんだ?」
 平静を装い問いかける。
「他?そうだなぁ…ザギヴ、エステル、ヴァイにヴィア…あとはフレア、イークレムン…」
「………」
 次々に上がる名前にゼネテスは開いた口が塞がらない。話はさらに続く。
「ザギヴとか意外にうぶでさ、初めのうちは野外ですることなんてできないとか言ってたんだぜ?」
 初めのうちは。つまり今は冒険の合間に…なんてこともあるのだろう。あのディンガルの玄武将軍が…。
「ヴァイとヴァアとはいつも三人だな。外見はそっくりだけどヴァイの方だけ胸に黒子がある」
 困ったらそこを見れば一発だ。なんて言われてもゼネテスにはどうしようもない。見ようものならボコボコにされる。
「イークレムンやフレアは移動が面倒なんだよ…」
「…そ、そうか」
 どうにかならないかと考えるオールに、ゼネテスは力無く相槌を打つことしか出来なかった。
「さすがに王女様やエアみたいな子供には手はだしてないぜ?」
 くったくなく笑うオール。まさに女殺しの通り名こそ相応しい。
 なんかもう今日はとことん飲もう…ゼネテスは思った。