※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 


センナについて、旅を始めたころは、ただ彼と旅をする事が喜びだった。
自分は、変われるのかもしれないと、希望を持つこともできた。
マゴス開放の源となる、マゴスへの恐怖さえなくす事ができた。
何故なら、センナを、愛し始めたから。
人を愛することで、ザギヴは、変わりつつあった。

だが、その愛が、ザキヴを苦しみ始めた。

センナは、その無限のソウルゆえか、性格ゆえか、多くの人に救いをもたらした。
最初の頃は、そんな彼のことを頼もしく思えていた。
だが、センナへの想いを自覚しはじめてから、そのことが苦しく思えてきた。

アトレイア王女は、もう目が見えるようになったんでしょう?
それなのに、どうして彼女に会いに行くの?

クリュセイス、何で、あんな、あなたを嵌めた様な女と関わり続けるの?

フレア。あんな、人形、土に返せばいいじゃない。

お願い、センナ。ほかの女に、私以外の人に、微笑むことをやめて。
救いの手を差し伸べないで。

そうしてくれないと、私が、救われない。

ずくん。

マゴスの鼓動。
さいきん、再びマゴスが活性化してきた。理由は解っている。
ザキヴの嫉妬心を糧に、マゴスは成長している。

「ん…あ…」
ベッドの上で、ザキブが艶かしい声を上げている。
はだけた浴衣から覗く乳房は陶器のようにしろく、美しい。
その形のととのった乳房の上を、ザキブの細い指が這う。

胎内のマゴスが蠢くと、ザキブの体はどうしようもなく発情してしまう。
体中が汗ばみ、目の焦点が合わなくなりる。
子宮が熱を持ち始め、どこに軽く触れるだけでも腰が立たなくなる。

体の熱を治めるため、ザキヴは自分で触れる。
生半可な愛撫で治まる疼きではないため、自然とそのやり方は激しくなっていった。
まだ幼かった頃、どうしても中がうずいて、大切な事と解っていながら、
自分で膜を破ってしまった。
あのときほど、マゴスを呪ったことは無かった。

ベッドの上で、激しく自慰を続けるザキヴ。
浴衣も乱れ、あられもない格好になっている。
そして、誰のも受け入れた事が無いまま、自身によって開発されきった箇所に、手を伸ばそうと
した瞬間……


「ザキヴ!!!」
ドアが勢いよく開けられ、センナが飛び込んできた。

「な、ななななにゃにゅあ」
何が起こったか、さっぱり理解できずに居るザキブの元へ、センナが駆け寄り、
混乱しているザキブをしっかりと抱きしめた。

「どどど、どう、どうしたのよ、センナ」
混乱しながらも、ザキブはセンナにたずねた。
「もう、大丈夫だ。大丈夫だよ。」
センナは、優しく、子供をあやすかの様にザキブを抱き続けた。
「声が、聞こえたんだ」
「こ、声?」
ザキブが聞き返すと、
「宿に帰ってきて、部屋で横になってたんだけど、隣から、ザキブの苦しむ声が聞こえてきたんだ。
 だから、またマゴスがザキヴを苦しめてるんだと思って、飛んできたよ」

(声、って…まさか、私の…)
隣まで聞こえるほどの大声を出していたと気づき、センナに抱かれながら顔を
真っ赤にするザキヴ。
服の乱れも、センナは、苦しんだせいだと勘違いしてるようだ。

「ああ、心配しないで、センナ。マゴスの暴走じゃなくて、それは…」
「それは?」
顔を覗いてセンナは聞き返してくる。
「それは…」
なんと言えばいいのか。まさか、
「オナニーしてて、大声出してしまったのよ」
とでも言えというのか。

「…気にしないで」
フッと、自嘲的な笑いを漏らすザギヴ。

だが、センナはそんなザギブの態度を見ると、
「ザギブ…君が、苦しんでるのは知っているよ」
そういいながら、ザギヴの手をとり、
「けど、そうやって、なんでも自分の中に溜め込んじゃいけない。 俺たちは、仲間だろ?
 だから、君は、もっと俺たちを頼ってくれていいんだ。
 そうじゃなきゃ、俺たちが一緒に旅する理由が無いじゃないか。
 セラも、ルルアンタだって、きっとそう思ってる
 いいか?君が苦しんでるのを見るのはつらいけど、それより辛いのは、
 君がそれを隠そうとすることなんだ」

ザキブの目を真摯に見つめながら、言い聞かせるかのように話し続けるセンナ。
だが、当のザギブからすれば拷問に近い。「あー」やら「うー」とだけ言って、
センナの視線から逃げようとする。
心配してくれるのはうれしいけど、今回だけは、ちょっと…

 

あいまいにごまかして、センナを部屋に返した。
センナが出て行くと、どっと疲れが出てきた。
ぐったりと、ベッドに横になる。

しばらくうずくまっていたザギヴだったが、しばらくすると、独りで笑い始めた。

そうだった。私には、マゴスが居た。
マゴスが居る限り、センナは私を「放っておけない」だろう。
マゴスを利用すれば、センナは、ずっと私のそばに居る。

今まで、憎悪の対象でしか無かったマゴスが、急に愛おしく思えてきた。
私とセンナを結びつける大切な要素だ。
ザキヴは愛しそうにマゴスの眠るお腹を撫でる。
その姿は、胎児を撫でる母親のようだった。