※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

─「おまえを、愛している。」─

リューガの変の後、ふたりきりで、宿をとった。
「…よいのか?」
背を向けてベランダにたつ少女に、少しだけ、とまどい気味にレムオンは問いかけた。
…返事はない。
彼女に近寄り、後ろからそっと抱き締める。
「…本当によいのだな?」声を落とし、耳もとでささやくように再び問うと、彼女はわずかにうなづいた。
小柄な身体を抱き締め、彼女の金髪に頬を寄せた。
そこからは襟元がみえる。レムオン自身がつけ、彼女の血を奪った牙の傷跡が。
その傷跡に唇を這わせると、瞬間、彼女の身体がビクリと跳ねた。
「すまない。」あの事件のトラウマに触れたようで反射的に謝ってしまう。
しかし彼女は少しためらうと、レムオンに正面から向かい合った。
レムオンの手をとり、彼の指を自らのくびもとの傷跡に触れさせ、その次にそっと唇に触れさせた。
「間接キス…ですね?」ちょっと恥ずかしげに義妹は、ふわりと笑った。


「まったく、おまえという奴は……。」
どうして、こうもたやすく、私の心の中に入ってくるのだ。
ほんの少し天を仰いだもと冷血の公子は、義理の妹だった少女の顎に手を添え上を向かせた。
すぐ間近にお互いの顔がある。
「愛している。」ささやくように告げる。
「その言葉を、もう一度、聞きたかった。 まるで夢か、幻のように、信じられなくて…。」
切なげに目を細める彼女の唇にキスを落とした。
ついばむように何度も。何度も。額に、瞼に、頬に。
身体が熱を帯びてきて、手に触れる肌はしっとりと吸い付くようだ。
彼女の吐く吐息も、熱く、甘く、艶をおびてきている。
レムオンは少しかがむと、彼女の背と膝裏に手を差し入れ抱え上げた。
「フフ。意外というか、やはり、というべきか。軽いものだな。」
少し、ふくれたように見える彼女に、からかうように言い添えた。
「ほめたのだ。」


まだ無言の抗議の視線をくれ続ける義妹を、寝台の上に横たわらせる。
自分は枕元に腰掛、彼女の顔を覗きこんだ。
その金髪をいとおしげにすきながら
「…もし…嫌になったら、言うがいい。それがはやい程、欲望は止められる。傷つけずに、すむ。」
ランプの光を逆光に浴びて、表情の見えにくいレムオンだが
彼女にはレムオンこそ、その自身の言葉で傷ついているようにみえた。
ダルケニスだから。愛し合い、生まれてくる子供はダルケニスとなる。
愛する者ともども、迫害を受ける対象となる。
拒まれても、仕方のないことなのだとレムオンの冷静な部分が、諦めている。
「そんなこと、たぶん、しません。お願いです。これ以上、私に誘わせないでください。…恥ずかしいんですから…。」
「…そ、そうか。…とにかく、そう決めたのだ。…泣き言を聞くなら、はやい方がいい。」
先程よりやや無器用に額にキスをすると、フと笑ったようにみえた。
レムオンは紅い貴族服を脱いで、誰も使っていない寝台の上に投げ出した。


「ノーブル伯は自ら脱ぐほうが、お好みか? それとも脱がされるほうが、お好きかな?」
ノーブル女伯は、耳やくびまで真っ赤になって、そっぽをむいた。
「意地悪をいっているわけではない。わたしもこういったことに
慣れていのではないしな。…あの男と違って。」
『あの男』を思い出したのか、そこだけ言葉の響きが苦くなった。
「…『ま、なるようになる』…か…。」
レムオンはそっぽを向いた彼女の顔に手をそえ、息が詰まるくらいの深い深いキスをした。
かさねた口から、レムオンは舌を差し入れる。彼女は恐る恐るそれを受け入れた。
唇を舌を嘗める。縮こまっていた舌を探り当て、絡ませ、強く吸った。
息が上がる。肌に触れる体温が熱く、しっとりと湿る。
ほどなくして、ふたりぶんの唾液を彼女の喉元が、こくん、と飲み下した。

 

名残惜しげに口元に残る唾液を嘗めとり、唇離す。
彼女の白い頬は上気して妖しく、その瞳は潤んで彼を見つめる。
それが男心そそるとは露ほどにも知らずに。
少しずつ少しずつ、しかし確実に、冷血の公子と呼ばれた男から、理性を奪い取っていく。
レムオンは義妹のクロース服を脱がせはじめる。チョッキを、スカートを。下着を。
ごく、ごくわずかにレムオンの腕が震えていた。
ノーブル女伯はランプの下、その白い裸身を愛する男の眼に惜しげもなくさらした。
「ほう、…美しいな。」思わずためいきがもれる。
『意外』に豊かで形のよい双胸。桜の蕾のような頂き。腰。
触れるとしっとりと手に吸いつき、弾むような弾力が気持ちよい。
軽く揉むと彼女の口から、聞いた事もない甘い吐息がもれた。
両の手でそっと、そっと宝物のように慈しむように肌に触れ、彼女の全身の感触を楽しむ。
その微妙な、くすぐったいような感触に彼女は身体をかたくし、
羞恥や刺激に耐えようとして、眉根を僅かに寄せていた。


「…どうする? 今なら止められる。この先は、無理だ。」
彼女は羞恥と刺激で真っ赤になりながら、くびをふった。「止めないで、きて、ください。義兄さま、」
「そうか。…だが、『義兄さま』は、もういい。…おまえは、わたしの『花嫁』になるのだからな。」
潤んだ瞳を笑みのカタチに変えて、彼女はこくりとうなずいた。
それにうなずきを返し、レムオンは寝台に背を向けて、絹のブラウスやズボンを脱ぐ。
その予想外に広い肩幅や、ランプにも映える長いダルケニス特有の銀髪の姿を彼女は、美しい、と感じた。
視線が合う。魅了される。この人しか、欲しくない、と思う。
互いを求めて腕を伸ばす。指が絡まる。引き寄せされる。生まれたままの姿で、肌を重ねる。
再び深いキスを交わし、ベッドに倒れ込む。
互いを強く感じるように、足を絡ませながら。
レムオンの激しいキスは胸元や乳房、腹へと移り、柔らかな金色の繁みへと降りていった。


「…あぁっ…ッ!」羞恥に彼女の身体が反り、跳ね、その途端、彼女はふとももを固く閉じてしまった。
「かわいいな、おまえは。だがもう、泣き言も、拒絶も聞かん。
それにもう、止めるつもりも、もうない。」
レムオンはわずかに、嗜虐めいた笑みを浮かべた。
かまわず手を背中に回し、尻の割れ目を指でさすり刺激する。
「…はぅっ…っ!」
刺激にゆるんだ、ふとももの間にひざを差し入れ、身体を滑り込ませる。
片足を腕で固定し、大きく、開かせた。
金色のけぶりの中、スリットとその奥の秘所が、レムオンの前に露になる。
ひくひく、と生き物のように、淫らな美しさで、男を誘っていた。
そこにレムオンの男性自身を、埋め込むのだ。はやく。
「…ぁ、あま、り、みない、で……。」
彼女はそんな己の恥じらいの声が、痴態が、いきづかいが、
レムオンの下腹を、いっそう熱くすることなど知らない。
理性を呼び戻し、指でスリットと秘所を何度も何度も、なで上げる。


レムオンの指先に、金色の繁みの中のスリットにはマメのような感触が、
秘所からは染み出してきた液体が、ピチャピチャと絡んだ。
液体のからんだ指でマメを捜し当てる。触れただけで、彼女の背が弓のように反る。それをコロコロとさする。
「…っッ…、あっ、ぁっッ…!はぁ、…、おねがぃっ、ダメ、…ダメ、イヤぁッ…!」
それまで極力声を堪え、冷静でいようとしていた彼女の口から、懇願めいたあえぎがでる。
レムオンは、少なからず驚いた。
神官家系出身の清楚に育てられた彼女が、感じて、『よがって』いる。
いとおしい。もっと。もっと、狂わせたい。おれの事しか、考えられないくらいに…。
さらに激しさを増し、強弱をつけた指の動きに
「…ひぁ…っ…っ!! …はぁ…っ…」
その言葉と共に、彼女の身体がピンと張り、震え、脱力した。
「……ん、ノーブル伯? 行儀が悪いぞ。」
それだけではなく、ごく僅かに失禁し、それがシーツを染めていた。


はあはあと荒い息の下から、彼女は元義兄を恨みがましい目で見た。
「…ですから、どうなる、か、自分でもわからなかったので、ヤメテください、と…。」
「…次からは善処しよう。」レムオンは苦笑し、彼女の手をとり、くちづけた。「加減を覚えねばならんな。」
彼女の息が少しだけおさまるのを待つ。
本当なら痛いほどに張り詰めたものを、なだめるのは辛いのだが。
「…もう、つらくはないか?」「…は、ぃ…。」 
元義妹は、ふたたび求められているのを感じとり、頬を染める。
「今度は少し、痛いぞ。」
肌を合わせる彼女の身体の心地よさに、なかば恍惚としながらも、
容赦なく愛撫の指を秘所にすべらせた。
くちゅくちゅ、と彼女自身が滴らせた液体の音がする。
指を奥深くに差し込むと、彼女が苦痛の声をあげた。
「大丈夫だ…。体から力を抜いて。」これなどは、まだ序の口ですらない。
腰を浮かさせて、胸や乳房にキスを降らせて安心させつつ、秘所をゆっくり念入りに、こね回しはじめた。


しばらくすると彼女自身の体液が潤滑油となり、指も2本入れられるように、こなれてきた。
「…そろそろ、ゆくぞ。」身体も正面から向かい合い、レムオンは己の男性自身を
恥ずかし気ではあるが、大きくエムの字に足を開いた、彼女の秘所に当てがう。
金色のけぶりの中に、己の張りつめて猛るモノを挿し入れる。先端が入った。
「…くっ。」「あ、つっ…、義兄さまっ、義兄さま、いたぃ…。」
レムオンの声は、彼女の中の熱さと心地良さと、乙女ゆえの強い締めつけのため。
元義妹の声は侵入してくる、巨大なモノに対する痛み。
義兄さまと呼ぶなと、釘をさされたことも痛みで吹き飛び、涙を浮かべ必死で耐えている。
「…ゆくぞ…っ…くっ。」
レムオンは彼女の呼吸に合わせ、締めつけが緩くなる一瞬をついて、その処女を奪いとった。
「……。」レムオンが愛しい名前を、ささやく様に、呼ぶ。
「…義兄さまっ、レム、義兄さま…っ。」


レムオンに秘所を強引に突かれ、その痛みにぽろぽろと涙を流している彼女の顔を真下に捉える。
罪悪感が胸に刺さる。おれは、おまえを泣かせてばかりいるような気がする。
顔を寄せて、唇で涙をすくいとる。
彼女の腕が伸びて、彼の銀髪の頭を抱えこんだ。
彼女はついばむようなキスをすると、あのすべてを許したような、ふわりとした微笑みをみせた。
『義兄様の、好きに、して、ください。』ゆっくりとした唇の動きだけで、そう伝えた。
限りなく優しい笑みを浮かべつつも、冷たい物言いで返してしまう。
「言っただろう? 泣き言も、もう聞かんとな。
覚悟するのだな。今夜は、果てるまで、おまえを抱く。」
そう言いながらも、ゆるゆると、気遣いながら、腰を動かす。

理性が痺れてゆく。欲情に流されてゆく、体の中の獣が目覚める。
互いの手を握る。強く、離れないよう、感じ合えるよう。
触れあう肌、胸と胸はじっとりとして淫靡。
淫らな水音。
軋むベッドに、乱れ混じる、金の髪と銀の髪。


獣のように、荒くせつない吐息。
ささやくように、叫ぶように、名前を呼びかわす、ふたりの声。


夜の闇に、月がセリューンだけが、
彼の従者が、新たなる花嫁を迎えた、その夜をみていた。

 

終わり。