※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

天に突き刺さるが如くにそびえ立つ肉棒に、飽くなき無限のソウルは何を夢見るのか。
終末の静寂に轟くは、男の叫びか、それとも懺悔か。
全てを知る廃城の床は砂漠に沈む空中要塞のように、いまはまだ静かにたたずむのみ…
己の、ただ一本の肉棒に全てを任せ戦い抜いてきた男の、
意地とプライドと世界を賭けた闘いが、
闇の王女の「このティアナじきじきにお相手いたしましょう…!」
という激しいゴングによって火蓋を切ろうとしております!

さあ、いよいよ闇の王女が地上に降り立ちドレスを脱ぎ去る時がやってまいりました!
なぜ男達は乳房に惹かれるのか?
虫が灯火に群がるように、カラスが猫の死骸に群がるように、
はるか神聖王国の時代から、男達は乳房に引き付けられずにはいませんでした。
そして今日もまた、ここに二つのたわわな乳房が姿を あらわそうとしております!
モモかメロンか肉まんか?おっとどっこい洗濯板か?
ヴェールの向こうはまさに軍隊未踏の分断山脈であります!

乳房と一緒に、秘められた空間も今、その全貌をあらわにしたぁぁぁ!
グロテスクなその様はさながら鎌首をもたげ人を襲わんとするティラの娘を思わせます。
その未知の大地に今一人の冒険者が向かっていかんとしております。
デルタの先に待ち受ける物は希望の未来か、はたまた阿鼻叫喚の地獄絵図なのか?
さあ遂に始まります禁断の最終決戦。
光と闇、凸と凹、男と女がぶつかりあう一発勝負、
タブーを全て断ち切るかのような運命の戦いが、いまはじまりました!

一体どのような戦いになると思いますかゼネテスさん?
「そうですね、この戦い、無限のソウルに圧倒的に不利です。
ここまで巨人、邪竜、死神皇帝・妖術宰相、虚無の子、闇の公爵と連戦ですからね。
攻めの調教を得意とする闇の王女だけに、受身になるとまずいかもしれません」

いきなり王女がいったーーーーーっ!これは俗にいうところの69といった状況か
人間が数字に変わるその瞬間、まさに男と女がおりなす究極の掛け算状態、
はたしてその答えは、総司令も絶賛グラウンドパイルドライバーといったところ。

おおっとココでバキュームフェラだ。
どうですか婚約者のゼネテスさん、この攻撃は?
ゼネテス「効いてますよ」


んん?確かに男の顔に苦悶の表情がうかんでいるぞ、これは苦しそうだ。
そろそろ逝きそうなのか?
王女の口で逝ってしまうのか?
挿入を前に力尽きてしまうのか!?
さあつらそうだ、つらそうだ、つらいぞつらいぞつらいぞ!
あっと!ああーーーーーっと逝ったか!逝ってしまったのか!!
すごい!すごい!すごいぞもちなおした!
無限のソウル、危ないところで王女を引き剥がしました!ロープです!

両者再びにらみ合い、今まさに激突せんとしております。
これが光と闇とのぶつかり合いか。
はたまた文字通り、男と女のメリーゴーラウンドとなるのか!
緊迫した様相は、まさに待ったなしハルマゲドン。
おおっと今度は男が暴走機関車状態!
しゅっぽしゅっぽと走り出した!

入った!!入った!!入った!!入った!!入った!!入った!!入った!!
入った!!入った!!入った!!入った!!入った!!入った!!入った!!
乙女心も関係ござらん失礼つかまつるといったぐあいに
上下左右のピストン運動縦横無尽に荒れ狂う!
まさに、まさにエストが夢見る永久機関と化しております!!

ゼネテス「無限の可能性ですね。イイですよ彼は」

王女の顔が徐々に紅潮し、妖しい笑みから恍惚の表情へと変わりつつあります。
グラインドォーーーーーー!ディープスロート!ディープスロートォォ!
王女と無限のソウルともに顔から余裕の色がなくなってきた!
果たしてこのまま男が押し切るのか!?
それとも王女が押し返すのか!?
まさに一進一退、光と闇、戦神ソリアスと破壊神ウルグの争いであります!
おっと王女の目がうつろになった、逝くか、逝くか、逝くか、逝ってしまうのか!?
おーーっと、ここでゴングだ!!
王女が逝ったーーーーーーーーーーー!
この死戦を制したのは無限のソウル!光の使途が闇の領袖を破りました!

おぉーと ここで時間となってしまいました。
そろそろ、お別れしなければなりません!
異様な雰囲気に包まれております、ここ廃城!
無限のソウルが闇の王女を破りました!

解説は、ゼネテス・ファーロスさん。
実況は、僕、レルラ=ロントンがお送りしました、失礼します、また次戦!サヨナラ!