※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


とある宿屋にて。
秋の夜風がそうさせたのか、一人月を見上げる。
「はあ・・・」
ベランダの手すりに寄りかかり、ため息をつく。
「何か悩み事かい?」
先輩冒険者が声をかけ、近づいてくる。
「あ、ゼネテス。実は…解らないことがあるんです」
「んーなんだい?俺に解る事なら幾らでも教えてやれるが・・・」
「愛ってなんなんでしょうね?」
といって主人公はシェムハザとフレアの事や、レムオンとティアナの事などを色々と語り始めた。
「ゼネテスはどう思う?」
「はっきり言おう。お前はバカだ」
いきなりバカと言われ、主人公はあっけに取られる。
「愛なんて人それぞれって奴だ。自分自身の愛の形を決めるのはお前なんだ。お前が決めればいいことだ」
「そうか!ゼネテス。わかったよ!!」
「因みにこんな形もある。」
おもむろにベルトを外し、ズボンから己の陰茎を取り出す。
「これをくわえろ」
「なぜですか?」
「いいから」
無理やり主人公の口に陰茎を咥えさせる。
「ゼ、ゼネテス。苦しいよ!」
「いいか?愛って奴は苦しい、苦しい道のりを進まなければならない。
さあ、コレも愛だと思ってしっかり咥えるんだ!!」
そういうと主人公の頭を掴み前後に動かし始めた。


「く、愛が高まって来たようだ」
そして主人公の口の中にたっぷり精を放出させた。
「どうだい?愛がわかったかい?」
「はい…愛って苦いものなんですね」
「そうか。わかったか。だったら、もう一回、これを咥えるんだ」
「いいえ、愛はもう解りました」
「いや、まだまだわかっていない。いいから咥えろ」
しょうがなく咥える主人公。今度は勃ち上がった所で解放された。
「いいか、愛というものは」
おもむろに主人公の下着を剥いで足を広げさせる。そして一気に陰茎を刺し入れた。
「!!!!!!ゼネテス!痛いよ!!」
「愛に痛みはつき物なんだ。ここで立ってろ」
そういって手すりに手を付かせ、そのまま抽迭を続ける。
「愛だけじゃない、人生何事も痛みがある。わかったか」
「はい!・・・あぁ、なんか変だよう!」
「そして痛みを乗り越えれば良い事が待っているんだ」
「んあっ、やだ、何か来ちゃうよう!!」
絶頂を迎えた主人公の中にたっぷり精を放出させる。



「ゼネテス、よくわかりました」
「そうか、わかったか。これで俺の苦労も報われたってもんだ」

ジルオール、これからもよろしくネ!

おわり