※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

7
こう…普段見ないようなカップリングはどうだろう。

 

フゴー×フゴー夫人とか。


8
そーですわねー


9
>>7

寝台に横たえた妻の顎とも首すじともつかない、まさに豚の脂身のような
喉に舌を這わせる。香水の甘い匂いを感じながら、ゆるゆると耳元へ
滑らせると、見事としか言い様のない曲線を描いた胸が切なそうにぶるんっと震える。

「お前はあいかわらず耳がよわいのー」
「・・・・・・ほーっほっほ、そーですわねー」

妻の台詞を聞きつつ、悠々と第二間接まで飲み込んでくれそうな胸に
指を沈みこませる。脂肪越しに感じる心臓の鼓動。
むにむにと指をあそばせれば、手の中でいかようにも形を変える。
舐めれば甘く、すべらかな肌の感触は乳白色のゼリーのようだ。

「どうじゃ、きもちよいか?」
「ほーっ、ほ、ほ・・・・・・そー、です、わねー」

 

・・・・・・つか萌えられんし、堪えられんし、台詞激萎え。ごめん、㍉だった。