【図書館エクゾディア】

汎用デッキレシピ:【図書館エクゾディア】デッキ

王立魔法図書館を並べて魔法カードを使いまくり、カウンターを稼いでカードをドローし、
ドローした魔法カードを使って…を繰り返し延々ドローする事でエクゾディアを揃えるのを目的としたデッキ。
対CPUのDP稼ぎ用。
対人戦ではものの数ターンで「ずっと俺のターン」状態になるので使わないのが吉。
リアルデュエルになっても当wikiは責任を負いかねます。
  • 合計40枚+00枚
  • 下級12枚
  • 魔法27枚
  • 罠01枚

序盤はとにかく王立魔法図書館を並べるのが先決。
打ち出の小槌やカードトレーダーで手札を入れ替えてみたり、おろかな埋葬+死者転生のコンボで手札に加えたり、サモンプリーストで特殊召喚したり、ターンが経過してしまうが黄金櫃やクリッター(場合によっては自殺させる)で手札に加える。
それでも手札に来ないなら光の護封剣などで数ターン凌ぐ。
王立魔法図書館を出す時はレベル制限B地区など、攻撃を防御する魔法と共に出したい。

序盤は死者転生などは持ってても使い辛い。打ち出の小槌やカードトレーダーで山札に戻そう。
また、魔力掌握がダブったりテラ・フォーミングを使い切る前に三枚目の魔法都市が来た場合も上記カードで山札に戻すといい。
ぶっちゃけ序盤ではエクゾパーツも戻して有効カードを狙うのも手である。

王立魔法図書館が二枚も並べばほぼ「ずっと俺のターン」状態になる。
魔法都市も一回王立魔法図書館の効果を使ったのなら新しい魔法都市と積極的に入れ替えたり、ハリケーンで一旦戻して置き直す。
ハリケーンを使う時は予め平和の使者など場に置いておくカードを全部並べてから使えば、
回収した後また使えて二重にカウンターを稼げる。

DP稼ぎの場合、エクゾパーツを最低一つは墓地に落しておいて山札を取り切りたい。
最後は無論、そのエクゾパーツを墓地から回収してクリアなわけだが、死者転生(コストに一枚余分にカードが必要な事をお忘れなく)はともかく補充要員で相手ターンで回収するとなると少々テクニックが必要となる。
予めエクゾパーツ(頭部ではなくノーマルの手足カード)三枚プラス、エクゾパーツ以外のモンスターカード二枚を墓地に落していないといけない。
ターンエンドの手札オーバーで落とすか、おろかな埋葬や死者転生のコスト(この場合モンスターを落としても別のモンスターを引き戻さないといけない事に注意。エクゾパーツとの入れ替え調整に行うべし)で上手くこの条件を満たそう。
なかなかできないという方は、成金ゴブリンを暗黒界の取引や手札断殺など、コストでカードを墓地に送るものと入れ替えたり、モンスターカードを増やしたりするといいだろう。