初期デッキ&攻略法①


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初期デッキ&攻略法①(支給デッキ):パック

※リンク、カード正式名、50音順、上位下位、チェック待ち。未編集
初期デッキ

初期デッキ

  • 合計40枚+03枚
  • 上級03枚
  • 下級17枚
  • 魔法13枚
  • 罠07枚
  • エクストラ03枚
  • 融合00枚
  • 儀式00枚
  • シンクロ03枚


初期デッキの特徴

  • 特徴
ストーリー開始時に渡されるデッキで、自分で編集することが出来ない。
それほど強いデッキではないが、使えるカードはそこそこそろっており、序盤の敵とは十分に戦える。
VSアキとはきびしい戦いとなるが、勝たなくてもストーリーは進む。

このデッキでの戦略

  • 総評
地道にモンスターを出しつつ、コツコツとライフを削るタイプである。
相手の破壊効果や場離れ効果を適用されても、守りを固められる様に手札のモンスターを温存したり、一気に畳みかけるターンに切り替える等、手札や場のカードと相談しよう。
それでも1章ラストのアキは攻撃力2800のモンスターを何度も特殊召喚で展開する強敵である。(勝つ必要はないが、不敗を目指すなら苦戦は必至である)
モンスターの除去や返り討ちの手段を用意する戦略がカギとなる。
墓地から攻撃力の高いモンスターを再利用不能にするため、あらかじめ 相手のモンスターに対して フィールドにいる間にビッグバンシュートを装備させるのもよい。

  • モンスターの展開
特殊召喚は、シンクロを除くとキラー・トマトのみ。
モンスターの展開力が乏しいため、早期にアドバンス・シンクロ召喚を狙いたい。
限定的ではあるが、自エンドフェイスでフィールドに表側表示のクレボンス、手札にパワーインベーダーがあり、相手ターンでモンスターの2体目を召喚された場合はクレボンスの効果で次のターンまで持ちこたえよう。または威嚇する咆哮で戦闘を回避。
次のターンでサイコ・ヘルストランサーのシンクロ召喚を狙える。(パワーインベーダーは相手フィールドに2体以上モンスターがある場合はリリース不要で通常召喚が可能)
ただしこの戦法を使うと、このターンは通常召喚ができないため、サイコ・ヘルストランサーがフィールドから離れないよう注意したい。

  • 攻撃
主力となるのはやはり高レベルモンスターである以下の六枚。
氷帝メビウス
光神機-桜花
パワー・インベーダー
メンタルスフィア・デーモン
サイコ・ヘルストランサー
マジカル・アンドロイド
幸いシンクロモンスターはいずれも素材制限は無いため、クレボンスの効果を使ってシンクロやアドバンス召喚を狙いたいところ。クレボンスでも相手にモンスターを多数展開されると厳しい。
(クレボンスは攻撃対象になったとき、800ライフを減らすことで攻撃を無効にする)
それ以外では、各2枚積みになっている比較的攻撃力が高いサイコ・ウォールドとジェネクス・ニュートロンだろう。

  • 守備
キラー・トマトの戦闘破壊効果は以下の4種につなげられる。
クリッター
クレボンス
ジェネクス・コントローラー(2枚)
執念深き老魔術師
しかし執念深き老魔術師はリバースモンスターのため、特別な理由がない限りデッキからの特殊召喚は避けたい。
キラー・トマトの戦闘破壊からクレボンスにつなげると効率は良いだろう。
除去系のリバース効果が使える
執念深き老魔術師
ライトロード・ハンター ライコウ
を手札に呼び込みたいときはクリッターを活用すると良い。

  • コンボ
戦況をワンターンでひっくり返す即効性のコンボは少ないため、次のターンを見据えて戦況を分析・判断する戦略となる。
1章は相手のデッキもそれほど強烈ではないため、手札次第では楽勝である。
特殊召喚はシンクロとキラー・トマトのみ。カード単体での最大攻撃力はメンタルスフィア・デーモンの2700。
これ以上のモンスターを出されたら一刻も早くライトロードハンター・ライコウや執念深き老魔術師、ソウル・テイカー等で除去するか、拷問車輪で動きを封じよう。
コンボ(?)を狙うとしたら以下の通り。次ターンまで待つ遅効性のコンボが多いため、慎重に戦略を練ろう。
  • 戦闘破壊でデッキの攻撃力1500以下闇属性特殊召喚効果を持つキラー・トマト。次ターンのアドバンスやシンクロ狙い。対象はやはり場持ちの良いクレボンス。
  • クレボンスの戦闘無効化による次ターンのアドバンスやシンクロ(自分の手札にチューナーがいる場合、老魔術師以外を持ってきてシンクロ。出来れば、クリッターあたりを)クリッターの場合、さらに効果により上記の2体のどちらかを持ってこれる。
  • 洗脳-ブレインコントロールで相手モンスターを奪ってシンクロorアドバンス召喚。リリースする前に奪ったモンスターにビッグバンシュートを装備させることで、墓地から再利用不能にできる。
  • 場にチューナーを残して、次ターンで光神機-桜花をリリースなしで通常召喚してシンクロ。このシンクロ召喚により桜花の自壊効果を回避できる。
  • 突進orスキル・サクセサー+ビッグバンシュートを使用した貫通ダメージ
  • 攻撃力の高い「相手」モンスターにビッグバンシュートを装備。続けて破壊することで除外できる。
等。