五節 忠誠と野心33


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「すまなかった! と言う資格は私にはあるのだろうか……」
シドは問う。
「もう……その話はいい。あの一撃で充分だ……私とて自分への責任がある。いつまでもこうではいかん」
それっきりテラは黙り込んでしまった。
「あいつに言うとおりなのかもしれんな……」
最後に一言そう言って……
「では……行きましょうか……今の状態なら上手く城を脱出できるはずです」
この緊迫した状況をい一変させるようにヤンは言う。
「待ってくれ、セシルは何処にいるのだ?」
歩き出そうとした時、シドが言う。
「あいつとはしばらく会ってはいないし。顔を見てみたいのだがな……」
多少の無理強いだと分かっても敢えてシドは提案する。
「王に会いに行きました。我々は先に脱出してくれえと言って」
「大丈夫なのか? この城の中は私も良くは知らないが、既に多くの魔物達が徘徊しているのだが……」
シドもその件は知っていたようであった。そして、セシルの身を案じていた。
「ベイガンという者がついているから大丈夫だと言っていましたが……」
「何!」
その言葉にシドは驚きを隠せなかった。いや、言葉ではなくその中に含まれていた人物の名前に。
「今、なんと言った!」
「はい……一緒に行くから大丈夫だと……」
「いや、違う、その前の! 誰がいるから大丈夫と言ったんじゃ!」
激しく問い返す、シドにヤンはたじろぎながらも返答する。その中で、心の中の消え去りかけていた、
不安が再び押し寄せてきた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。