五節 忠誠と野心36


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最初に異変に気づいたのは、ヤンだった。かすかな地響き。
その音と振動は徐々に大きくなっていく。不安に駆られる一同。
「見ろ、壁が、壁が迫ってくる!」
シドが叫んだ。地響きの正体、それは迫りくる壁の仕掛けの作動音だったのだ。
「いかん、退け、退くのじゃ!」
一同は通路を引き返した。迫りくる壁のせいで、道幅はどんどん狭くなっていき、
通路の入り口に到着した時には、大人の肩幅程にまでなっていた。
「開かない。まずいぞ!」
入り口の扉をこじ開けようとしたヤンが、切迫した調子で言った。
セシルもシドもヤンに加勢したかったのだが、道幅がそれを許さない。
セシルの脳裏に「万事休す」という言葉が浮かびあがって来た。
その時、セシルは自分の足元を小さな影がすり抜けていくのを感じた。
パロムとポロムだ。二人は互いに背中合わせになって、壁を押す構えをとった。
「パロム、ポロム、何を・・・」
双子の真意が読めず、セシルは思わず問いを発した。
彼らは構えを崩さず、顔だけをセシルに向けて、口々に言った。
「あんちゃん、今まであんがとよ」 
「お兄様が出来たみたいで、とっても嬉しかったですわ」
喜びと寂しさの入り混じった、複雑な表情だった。そして言葉を続けた。
「あんたらをここで殺させやしない」
「テラ様! セシルさんをお願いしますわ」
先ほどとは打って変わって、断固たる決意がみなぎっている。
ここに至って、セシルはようやくパロムとポロムの意図に気付いた。
「よせ、やめるんだパロム、ポロム」
しかし二人はセシルに耳を貸す様子はない。
「行くぞ、ポロム!」
「うんッ! 」
セシルは絶叫した。
「やめろー!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。