五節 忠誠と野心37


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

漠然としていたもの。忘れようとして忘れた。今はそう断言できた。
なのに今になって何故?
夢で見た場所。
其処が近いのだろう。そうとしか考えられない。
確かに、鮮明になりつつあるそれ――迫る白壁はバロン城のそれと似ていた。
だからと言って、そう結論づけるのは早計なのでは。
だが、急に明確になりつある理由はどう説明する。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。