五節 忠誠と野心41


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「覚えていてくれたんですね……」
辿々しい、足取りで彼女はセシルに近づく。
「それに戻ってきてくれたんですね……ずうずうしいかもしれませんが私はあなたは絶対に返ってくると……
絶対にこの国を変えてくれると思っていました」
「君こそ……早く、離れるんだ」
その指示に彼女は黙って従った。
「さて、どういう事だ? ベイガン」
その姿を見送った後、セシルはまたもや厳しい口調で問いつめる。
「全て、その二人の思った通りだ。私は人間ではない……」
「君もゴルベーザに……」
「ゴルベーザと……我が主をそのような呼び方で呼ぶのは、あの方は私に素晴らしい力を与えてくださったのですよ。
こんなにもね!」
手が、ベイガンの両腕がゆっくりと異形の形へと変化していく。その手には目と口がある。
そして……ベイガン自身もその顔を魔物のものへと変えていく。
「では……ここからが本番だぁ!」
低く、淀んだ声でベイガンが言った。
「ベイガン……本当に、それでいいのか?」
セシルはそんな彼を哀れむように見て、聞いた。
「それは君の力でも何でもない。なのに……」
「ははは……主君の命じたからさ! そう、ゴルベーザ様の命ずるところ……忠誠の結果であろうか」
「でも、こんな事は!」
「間違ってると言い切れるのか! 見れば貴様も王の暗黒剣の力を捨てたのではないか……ならば私と同じでは
ないか!」
「そんな事は……断じて! 違う……」
最後まで、言葉の勢いを保つ事ができなかった。だが、この状況で何とか言い切った。
「僕は国の為に……かつてのこの国の為に戦う!」
「私も同じだ。この力を与えてださった者の為、そして今の国の為に……」
激突は避けられなかった。確かに、お互いに忠誠の為に戦う。しかし、その形は完全にすれ違っていた。
「ならば僕も……君を倒すしかないようだな……」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。