五節 忠誠と野心50


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そんなやりとりの中、セシルだけはまだ息を抜いてはいなかった。
彼には、まだベイガンが生きているのではないか? その考えが抜けきっていなかったからだ。
「!」
僅かながら、瓦礫の動く音。空耳ではないだろう。
一歩ずつ、その音の方向へと、セシルは近づく。
そこには……
「ベイガン! やはり……」
「ははは……まだ終わってはいないぞ……」
それが明らかに虚勢に変わりつつあるのが、セシルには分かった。もはや彼には戦う力は微塵も
残ってはいない事も。
「もうよせ! ベイガン」
そんな相手を倒す気もセシルには無かった。
「だが、私はゴルベーザ様に誓いをたてたもの……今更、貴様の考えに屈する気はない。それにこの
姿……否、例えどんな事があろうとも私は、ゴルベーザ様に……」
残った片腕の振りかざし、全力でセシルへと飛びかかる。
その勢いは既に無く、倒す事は容易に等しい。
(ベイガンを打つことは……!)
何かがセシルの中で引き留める。
「セシル殿……早く……」
後ろでヤンの声がする。おそらく、この死に体の敵をセシルが倒せる事等、周知しているのだろう。
その声には心配するよりも、加減するなという意味あいが強く感じられる。
(僕は……)
迷う暇は僅かしか与えられなかった。
そして……
横薙に払った、パラディンの剣はベイガンの腹部を綺麗なまでに一閃した――
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。