三節 光を求めて35


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「おかしい」
竪琴を背負いなおし、アントリオンの死骸を見下ろしながら、ギルバート。
「おれほど大人しい生き物の筈のアントリオンがなぜ…」
「最近、魔物の数が以上に増えている」
訝る彼に、セシルが言う。
「これまで大人しかった者達まで襲いかかってくる…」
そこで一旦、かぶりをふる。
「やはり、何かが起ころうとしている前触れ…」
そう続けると、3人を厭な予感めいた物が襲った。
何かとてつもなく不吉で、不穏な何か…
バロン王の豹変、戦争の拡大、魔物の増加に生き物の狂暴化…
一体、何が起きている?
いくら考えてもわかりそうにない。
「ね」
沈黙を破ったのはリディアだった。
「早くローザさんの所へ!」
「ああ、行こう!」
懐から”砂漠の光”を取りだし、セシルはホバー船に走った。

カイポに戻った時には、日は既に西に沈みかけていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。