終わりの始まり1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

朝日を意味する陽光がセシルへと降り注ぐ。未だぼやけたままの意識でセシルは声を上げる
「ここは」
自問自答の答えはすぐに出た。
見慣れた天井と小奇麗に整頓された様相。壁に掛った時計が規則正しい音を立てながら時を刻んでいる。
「僕の部屋だ」
事実を言葉にしつつ、過去の出来事を思い起こす。
「助かったんだよな……」
崩壊するゾットから脱出する為にローザの手を取った。そこまでは覚えていた。
「……みんなは! 何処だ?」
記憶が鮮明になってきた途端、今度は不安が押し寄せてきた。
目覚めると自分一人。以前にも全く同じような状況があった……
「いや違う」
しかし即座にそれが杞憂だという事に気づく。それと同時に新たな疑問が湧き上がる。
「此処はバロンの城の中だ……確か僕はゾットが崩れそうな所を脱出しようと思ってローザの手をとった
つまりは助かったって事だ。でもどうして僕はここに……?」
少しばかりの間、一人ごちて考えを張り巡らす。しかし、当然の事ながら何か新しい考えが浮かぶわけでは
無かったし、先ほどからの疑問が解決される事も無かった。
ここはやはり自分以外の当事者――ローザとカイン。二人に話を聞いてみるべきだろう。
それに三人で一緒に話すのはバロンを出てから初めての事だ。いい機会だろう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。