地底世界9


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「……ごめんなさい」
ローザとしてはただ疑問をぶつけただけなのだろうが、結果的に二度も明るくない話題をふってしまうこととなった。
そのことを詫びているのだ。
「いえ、それよりも今は互いに協力してゴルベーザの野望を阻止すべきです!」
お互いを気づかうばかりの微妙な空気を入れ替えるべく、ヤンが喝とばかりに威勢を上げる。
「その通りです!」
それに呼応されるように円卓からも声が上げる。
「あなたは?」
見ると、一人の老人が立ち上がっていた。知らない顔であった。
「私はエブラーナの家臣、であった者です……」
その語りくちはまるで過去を回想する者のようだ。
「ではエブラーナは?」
カインも察しったのか、一つの疑問をぶつける。
エブラーナ? その言葉にはセシルも聞き覚えがあった。急いで記憶を回想するとすぐにも思い出された。
確かバロンの真南、アガルトから更に西へと向かった場所にある異国の地。他国家とはほぼ鎖国の状態に
あり、謎に包まれていた国。独自の発展を遂げたその国には<忍者>とよばれる特殊な戦法を用いる戦士達がいる事。
セシルが幼い頃「学校」で仕入れた知識、そして趣味や好奇心から自ら調べたところによる知識。
この二つを総合してみたところの情報はこんなところだ。
そして、仕事や任務として世界を駆けた時に得た知識としてもう一つ――謎の巨塔、ゴルベーザ達がバブイルと言っていた
場所が存在していた場所……
「はい、ある日突然ゴルベーザの四天王と名乗る者がやってきて……王は必死に抵抗しましたが王妃共々に命を落としてしまいました」
涙交じりに天を仰ぐ老人の様子が、嫌でも当時の状況を喚起させた。酷い有様だったのだろう。
「それで民は?」
「はい、多くの民は抵抗して、または逃げそびれて命を落としました。残り少ない生き延びた人は地下に潜伏しました。隙を見て
一矢報いておろうとする者もまだおりますが、残った大半は女子供老人が大半です。家老であった私もそうです。それに王が不在で
若が行方不明の今国を率いるものがいません――」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。