地底世界10


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「若?」
誰もがしばらくのその老人――家老と呼ばれた者の話を黙って聞いていた。しかし耳慣れぬ単語の登場にカインが言葉を挟む。
「あ、はい若様の事です。王と王妃の間に生まれたご子息の事です。事件の当初、城を離れていたために難を逃れましたが、それ
以来姿を確認できていないのです」
行方不明。しかし、それは生きている可能性があるということ。同時に既に何処かで息絶えている可能性もあるということ。
「その心配はありません」
暗い方向性に目を向けたセシル達を家老が否定する。
「若はエブラーナ忍者の中でも頭一つ抜けた力を持っています。簡単にやられてしまう事はないでしょう。それに……若は一度
熱くなると止まらない性格。おそらくは両親の仇を討とうとしてるのでしょう」
そこが心配なのですが。と最後に小声でつけ加える。
実際にそのエブラーナの若こと王子が今どこでどうしているのか、果たして生きているのかすらも分りはしない。しかし、家老の
老人が信じているのならば大丈夫であろう。
「話は変わりますがセシルさん。あなたがバロンの代表者という事でいいですか?」
ドワーフの王、ジオットが会話にはいってくる。
「僕がですか……僕は……」
王はもういない。地上世界の誰もが今の状況を打破しようとしている。ならば自分も何かをせねばならぬのだろう。
「はい。そういう事にしておいてください」
「そうですか。ならばこうして皆が集まった所で地上・地底合同の作戦会議を行いたいと思う」
もし戦いがひと段落したら自分はバロン王になるのか? それは分からない。だが、今は後ろを振り変えずにただひたすら
前を見ていく。それが未来へと続くはずだ。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。