エブラーナ9


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「おい大丈夫か!!」
カインがやや乱暴な声をかける。
生きているかどうかの確認だろう
「くっそ……あの野郎止めを刺さずに帰りやがった」
そう言って立ち上がろうとしてがっくりと膝をおろす。
「ならば話は早い――」
「へっ! このまま帰って傷を癒せってか。冗談じゃないね!!」
続くはずのカインの言葉を言葉になる前にかき消す。
「まだ終わりじぇねえぞ……ここから第二試合の開始だぜ……」
「だったら――」
薄暗い洞窟の中、男たちの会話に場違いな声が割り込む。
「リディア」
蚊帳の外にしていたがどうやら追いついてきたようだ。
「私達もあいつら――ルビカンテ達と戦ってるの……協力したほうが……」
「御免だね!」
少女と女性の中間点を彷徨う彼女の台詞をエブラーナ忍者の怒声がかき消す。
「手を出すな! 奴は……俺が……この手でブッ倒す!」
「その傷でか」
感情的な忍者をあくまで冷静な竜騎士の言葉が響く。
「相手は四天王最強ルビカンテだ。それにそのまま行っても同じ結果になるのが目に見えている……」
「なんだと!」
「あくまで冷静に分析して言っているんだぜ。王子様」
「なっ!」
「そうだろうエドワード・ジェラルダイン王子」
どの名前にはセシルも聞き覚えがあった。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。