ff6 - 04 narche


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

背後から、硬い靴音が聞こえた。
「いたぞ!」
 男の、どこか嬉しげな声。その声を合図に、幾つもの足音はどんどん近付いてくる。
 見つかった。
 身を隠すようにひっそり歩いていたティナは、慌てて走り出す。
 怖くて振り向けない。
 足音は自分を目指して真っ直ぐに走っている事は分かった。
 自分は、帝国の人間なのだろうか。帝国の人間だと何故いけないのか。ジュンという老人は、なぜ私を逃がそうとしたのか?
 何故、自分は逃げているのか?
 何故彼らは追ってくる?
 走る理由も分からず、ティナは走った。
「待て!」
 男たちの荒い息遣いまでもが聞こえる距離になっている。
 当たり前だ、体力が違う。逃げ果せるわけがない。
 髪が目の前にちらつき、こんなときなのに、邪魔だなと思った。
 息が上がる。
 頭の中が白くなっていく。
「そっちはどうせ崖だ!あきらめろ!」
 思い出せない、どうしてこんなことになっているんだろう?
 足が縺れる。靴の踵が割れたかもしれない。
 バランスが崩れる。
「待て、動くな!」
 もう駄目だ。
 もう走れない。
 考えられない。
 どうしてこんなことになったの。
 眠りたい。
「よし、捕まえたぞ!」
 伸ばされた手から、それでも逃れようと身をねじると、踏み出した先に地面はなく。
 全身に、「落ちる」感覚が襲った。
 そこで、ティナの意識は途切れた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。