-プロローグ3-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「クリスタル?」
4人は顔を見合わせた。
「さよう。おぬし達の持つその輝く石は、まさしくクリスタルだ。」
王の隣に控えていた大臣が話し始めた。
「しかし、今は多くを語っている時間はない。おぬし達の名前を聞いている時間すらな。
事態は一刻を争うのだ。」
「何が大変なことが起こったんですか?」
白の少女が尋ねた。
「我が国の王女、セーラ姫が、さらわれたのだ・・・。
こともあろうに、犯人は姫の護衛を担当していたナイト、ガーランドだ。
城下町を魔物から守るために、兵士のほとんどは警備に当たっている。
姫を連れ戻す手立てがなくて途方に暮れていたのだよ。
そこへクリスタルを持つおぬし達が現れた。そう、あの予言のように。
もはやこれは偶然ではあるまい。ぜひ力を貸していただけないだろうか・・・。」
「しかし、どうやって・・・?」
「ガーランドは北方にあるカオス神殿に潜伏しておる。何を企んでいるのかは知らんが、
とにかく姫を連れ戻してもらいたい。お願いだ・・・!」
「わしからも頼む・・・!」
家臣ならず、王までもが頭を下げた。とんでもない事だ。
「でも、そんな腕利きのナイトなんかに勝負を・・・」
「わかりました。」
戸惑う黒の少年を横目に、青い鎧の少年が答えた。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。