一節 新たなる旅立ち10


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

──ダムシアンに着いた後も、アンナはギルバートを説得した。父テラと話し合い、結婚を許してもらおうと。
”無理だよアンナ、ぼくなんかが……”
”そんなこと言わないで。もっと自分を信じるのよ!”
既に一度、にべもなく断られている。いくら愛していようとそれだけで娘はやれん、そう言われてギルバートは反論できなかった。身分を持ち出しても怒りを買うだけだろう。
”きっと今度こそ、君と引き離されてしまう。そうしたら、ぼくは……ぼくはどうしたらいいんだ!”
”ギルバート、勇気を出して!”
そして。度重なる懇願に、遂に折れたギルバートが城を出ようとした矢先。
アンナは彼を庇って死んだ。
もっと早く決心していれば、少なくともアンナは命を落とさずにすんだ。
”大丈夫。あなたは、私が選んだ人なんだから……”
彼女は何度も、そう言ってくれたのに。

「明日ファブールに向かう。
 バロンで起きてることを止めなければ、いつまた今度のようなことが起きるかもしれない」
泣き崩れるダムシアンの民に向けて、ギルバートは言葉を続けた。
「バロンにも今のやり方に反対している者がいる。
 彼らと同行し、ファブール王との橋渡しをする。ぼくにしかできない役目だ。だから……」
「我らを捨て置いて、この国を出られる、と?」
「違う!」
ずっと逃げていた。何かを決めること。なにかを背負うこと。何かを伝えること。
「今すぐに、皆の力になれないことはすまなく思う。
 でも、信じてほしい。
 ぼくにできる精一杯の事をする。そして……必ず戻ってくる」
ギルバートは訴えた。厳しい目をしたマトーヤに。頼りなさそうに彼を見あげる女たちに。
「ぼくのことを、信じてほしい」
ひとり仇を追うテラに。愛してくれたアンナに。
そして自分自身に。
「うん! ぼく、しんじるよ!」
声を上げたのは、一同の中でもっとも若い──否、幼い子供だった。それを号令として、5人の女たちが一斉に膝をつく。おごそかに、マトーヤが宣言した。
「クリスタルの祝福を。……吉報をお待ちいたします」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。