-プロローグ8-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

古びた扉が軋みながら開いていく・・・。
埃とも煙ともつかない、不透明な空気の塊が、
部屋の奥からこぼれだしてくる。
それを背に受けて浮かび上がる甲冑の姿。
そして、横たわるドレスの女性・・・。

「王女っ!」
青の戦士が駆け寄ろうとしたが、なにかにはじき返され、
後方に吹き飛ばされた。
「うわぁーっ!」

「あ、あれが・・・」
「ガーランド・・・!」
甲冑の騎士が、禍々しく黒光りした剣を構えている。
「貴様ら、何者だ。」
甲冑の騎士、ガーランドはその剣の切っ先を4人に向けた。
射抜かれるような圧迫感が迫ってくる。
「あんた、やっぱり悪巧みしてたのか。
悪人に教える名前などないぜ。さっさと姫様を返しな!」
緑の少年がにじり寄る。
しかし、ガーランドは微動だにしない。

「さては、お前たちだな、クリスタルの戦士というのは・・・。」
「えっ!?」
「クリスタルをよこせ。さもなくば殺す。」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。