一節 モンク僧12


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セシルは影の方に目をやる、影の正体は男であった。歳はセシルと同じくらい、もう少し若いだろうか。
男は片方の手から血を流し、もう片方の手でそちらを押さえていた。側には輝きを失ったナイフが転がっていた。
一体誰があの状況で攻撃できたのだ。ヤンもギルバートも驚いた顔をしている。
セシルは辺りを見回す。するとローザと目が合った。
「ローザ、まさか君が……」
「ふふ、そうよ」
そう言って右手の弓を見せ、笑う。
セシルはバロンにいた頃の事を思い出した。ローザは弓の腕に関してはセシル以上の力を持っていた。
現にセシルが幼少の頃、バロンで弓の訓練をした時に飛び入りで参加したローザは一番の成績を残し、回りを驚かせたものだった。
「ちっ! しくじちまった」
男が舌打ちをする。
「その勲章はバロンの!」
セシルは男の腕の勲章に目をやる。
「くっ……」
「一体バロンは何をやろうとしているのだ」
セシルは訪ねる。
「ふん! 俺はお前達を此処で足止めするために遣わされた。だが、もう手遅れだな。
主力のモンク部隊がこの様ではファブールは終わりだな!」
「やはり……あのボムの大群もバロンの……」
「どういう事だ」
ヤンが声を荒げる。
「直にゴルベーザ様率いる赤い翼がファブールへ攻め込むであろう。そうすれば残りの
クリスタルはトロイアのだけだ!」
「一つ聞きたい。父……いや、バロン王は何故クリスタルを?」
「知らん」
そう言った後、男は崖の方へ後ずさった。
「ゴルベーザー様、万歳!」
そう言って地上へと落ちていった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。