二節 剛の王国16


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 もう引き返すことのできない状況にあることを悟り、セシルはゆっくりと
回廊の中心に歩みだした。カインも自分と対象的な弧を描くように歩き出す。
特殊な水晶でできた床面が、鏡面のようにいくつもの彼らの虚像を描く。
ヤンとギルバートが身を引き、闘いの前の不気味な静寂があたりを支配した。
 背水の陣。自分が破れれば、すでに陥落しかけているこの城の運命は決まる。
そして、目の前に対峙する男は、まちがいなく今まで戦った敵の誰よりも強い。
かつてないほどに追いつめられた局面でありながら、不思議なほど、セシルの
胸中は穏やかだった。

 セシルは、ふと幼い頃を思いだしていた・・・。


 セシルには両親がいなかった。森の中で布にくるまれて泣いているところを、
狩りに出ていた王が見つけたのだった。妻に先立たれ、自身も孤独にあった王は、
ひとりぼっちの赤ん坊に自らの姿を重ね、彼を我が子として育てることにした。              
 暖かい愛情の中でセシルは育ち、物心ついた頃から父に憧れて剣を学び始めた。
王はあまり彼を城下に出したがらなかったので、剣だけが彼の唯一の友人となり、
日に日に彼の技は上達していった。
 やがて少年の年頃になり、彼は学校に入った。

 初めて出会う同年齢の学友達にセシルは期待を膨らませたが、名家の出身が
ほとんどであった王立学校で、家柄という後ろ盾をもたないセシルは蔑まれた。
それでも、セシルは差別を王に訴えるようなことは決してしなかった。それが彼の
うまれもった誠実さでもあり、なにより、やがてそんなことが全く気にならなく
なるような、二人の素晴らしい友人に出会えたからだった。

 ローザと、カイン。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。