三節 Two of us2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「そこにいるのは誰!」
「ローザ!?」
ギルバートには皮肉なことに、ローザもまた胸騒ぎにかられてセシルの元へと急いでいた。狭苦しい地下道は見通しが悪く、まず声を掛け合って互いの正体を確かめる。
「ギルバート? どうして……」
「急いでクリスタルルームに!
 セシルが危ない。カインが敵に回ったんだ」
虚を突かれたローザは一瞬黙り込み、すぐにギルバートを怒鳴りつけた。
「……バカ言わないで!!」
「本当だ!!」
負けじとギルバートも叫び返す。
「止めてほしくて君を呼びに来たんだ。とにかく、来ればわかる!!」
必要なことは伝え終え、ギルバートは踵を返した。戸惑いを残しながら、ローザが後に続く。そのとき、ふたりを引き止める声が響いた。
「待って、あたしも!」
「リディア!?」
二人は驚き、音のした方向に視線を走らせた。少女の姿は見当たらないが、声が届くほど近くにいることは間違いない。地下の一室に避難させたはずだが、我慢しきれず飛び出してきたのか。
「……ギルバート、お願い」
「わかった!」
ローザを送り出し、ギルバートは少女の名を呼びながら声のした方角へ向かう。幸い合流に時間はかからなかった。おとなしく戻るよう諭すつもりでいたギルバートだが、積み上がった魔物の死体を乗り越えてきたリディアの姿に、説得は難いと悟る。
血と泥で服を汚し、目尻には涙の跡。しかし瞳は決意に輝いている。
いくら戦闘が終わっていても、こんなところをひとりきりで、さぞ恐ろしかったろうに。
「……しょうがない子だ」
溜息混じりに呟いて、ギルバートが差し出した手をリディアは無言で握り返した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。